トレーニング好き30代パパのブログ

筋トレで99%の悩みが解決すると思っている30代です

【筋肉女子】日本人初のプロ選手MIHARU|女性から圧倒的な支持を受ける理由

日本人初のプロ選手MIHARU

 

MIHARUさん、みなさんご存じですか?

 

インスタでフォロワー2.5万人の支持を受けるフィットネス界ではカリスマ的存在の方です。

 

わたしはMIHARUさんのことはインスタで見かけたことはありますが、

TVを見るまで詳しく知りませんでした。

 

実は1月12日、NHKBS1でMIHARU選手のドキュメンタリーが特集されまして、

それを見て女性から圧倒的な支持を受ける理由が分かりました。

 

わたしはこのドキュメンタリー番組を見た理由の一つに、

MIHARUさんのことが詳しく知れるというのもありましたが、

それ以外にこちらの思いがありました。

 

「成功者=プロは、どのようの価値観を持って行動しているのか?」

「どのような食事をしているのか?」

「どのようなジムでトレーニングしているのか?」

 

1月12日に放送されたドキュメンタリー番組は、

この内容が凝縮されたものになっていてとてもよかったです。

 

MIHARUを知る

 

愛知県出身でフィットネスモデルとして活躍されてます。

 

フィットネス会では、「ボディビル」とは別カテゴリーに、

女性らしく優雅で健康的なからだを競う「フィットネスビキニ」というカテゴリーがあり、

その大会で優勝されているのがMIHARUさんです。

 

「女性らしく美しく締まったボディになりたい」という理由で筋トレを始めたのでは?

とわたしが勝手に想像してましたがまったく違いました。

 

中学生の時にSNSなどでいじめをうけたMIHARUさん。

 

その時の心のよりどころが趣味の「コスプレ」であり、

その「コスプレ」をカッコよく着たいというのが筋トレをはじめったきっかけみたいです。

 

番組の中でわたしの心ふるわせた言葉がこちらです。

 

「自分の人生は自分で作るもの。自分のためにいつでも選択できることを忘れない」

「支えてくれる人にありがとうと伝える唯一の方法が大会で勝つこと」

「フィジカルが追い込まれるほどメンタルがあがっていく」

「筋肉以外にも、だいたい頑張れば物って作れる」

 

うん、成功している人の価値観はやはり素晴らしい。

 

4つ目の言葉はちょっと笑わせてくれますが、

筋トレにはまっている人は納得できるフレーズです。

 

とても美人な方なので、男女問わず人気がある理由が分かりますが、

それよりもこの価値観がみんなを魅了する理由だとわたしは思います。

 

アメリカのシュワちゃん的存在:アシェリー・カルトワッサー

 

アメリカのシュワちゃん的存在

この方はこの番組を見るまで知らなかったです。

 

数々のフィットネスビキニを優勝しているレジェンド的存在。

 

「自分のからだは、自分の食べるものからできている」という考えで、

かなりストイックに食事管理されている内容も放送されてました。

 

自己紹介で語った言葉がわたしにはグサリと刺さりました。

 

「何より嫌いであることは平均的であること」

 

まわりから嫌われたくないから、自分の個性に蓋をする。

人の目を気にして自分の言いたいことを言わない。

 

わたしが考える平均的とはこのような事だと思います。

 

一生に一度の自分の人生なので、

レジェンドのアシェリーさんのような考えで自分もこれから人生過ごしたいと思います。

 

まとめ

 

普段テレビを見ないわたしですが、

今回の特集番組を見てとてもえるものがあり大満足でした。

 

女性でインスタをされている方は、

フィットネスに興味がなくても一度MIHARUさんを調べてみてください。

 

きっと何か感じるものがあるはずです。

 

男性の方もぜひぜひ。とても美人な方です(笑)

 

最後にうれしい情報です。

 

1月27日15:00からNHKBS1

MIHARUさんの番組が再放送されることになりました。

 

今回の話を聞いて気になる方は、ぜひ見てください。

 

筋肉は裏切らない!

 

ではでは

 

 

【目標を達成するための考え方】予祝、つまりあらかじめ祝うという考え方

予祝、つまりあらかじめ祝うという考え方

 

みなさんは、それぞれ目標を思い描いて日々の生活を過ごしていると思います。

 

目標は、今日、明日、来週の目標など身近な目標もあれば、

1年後、3年後、10年後などの大きな目標もあると思います。

 

目標の内容は、

この部屋を片付ける・掃除するという日々の目標、

来週の大事なプレゼンを成功させるための資料つくり、

今の仕事をやめて新しい事業を起こすなど長期の目標、

人それぞれではないでしょうか?

 

目標を達成するには、

「自分が目標を達成した状態を想像しワクワクすること」がたいせつというはなしを聞きました。

 

「将来の自分にワクワクすること」

今回はこのことについて記事を書きたいと思います。

 

予祝:あらかじめ祝うという考え方

 

予祝、つまりあらかじめ祝うという考え方

 

予祝、あまり聞かない言葉ですよね。

 

ただほとんどのみなさんが予祝をおこなってます。

 

それは何かというと花見

 

毎年4月、桜が咲く時期になると花見をしますよね。

 

わたしを含め桜を見て楽しむというよりかは、

「花より団子」になってますが・・・

 

実はこの花見が予祝をしていることなんです。

 

これは日本古来の引き寄せ法とも言われてます。

 

昔の人は秋に収穫するお米が豊作であることに

ワクワクして、春に花見をして先に喜び、先に祝うことで

その現実を引き寄せるという考えで夢を実現していたみたいです。

 

秋の盆踊りも同じみたいですね。

 

ソフトバンク孫社長も夢・プロジェクトを成功させるために、

予祝をしているみたいです。

 

プロジェクトが成功した時のことを考えワクワクし先に祝う。

 

いかに将来にワクワクすることがたいせつなのが、

この予祝から分かりますね。

 

わたしは自分が面倒に思うこと・新しいことをやる時、

このように考えるようにしてます。

 

「これをやった将来の自分」

「これをやらなかった将来の自分」

どっちの自分が将来笑っているのか?

 

そう考えると、やりたくない・楽したい弱い自分に打ち勝つことができるようになりました。

 

 

筋トレ・ダイエットも予祝

 

予祝、つまりあらかじめ祝うという考え方

 

筋トレ・ダイエットを成功させるにも、

予祝がたいせつだと思います。

 

女性がダイエットを成功する確率が最も高いのは、

結婚式の前だといわれてます。

 

「きれいなドレスを着たい」

「最高の自分の姿でみんなに祝ってもらいたい」

将来にワクワクすることで多くの方がダイエットに成功されているみたいです。

 

わたしの話になりますが、

わたしは筋トレ歴4年目になりますが、

筋トレが習慣になるまでは筋トレをするのがとても苦でした。

 

ジムに行かず、ぼーっとスマホやテレビ見ていた方が楽だし、

好きなものを食べたいという自分の中の弱い部分が勝とうとするので。

 

ただだれが見ても、

スリムな人はかっこいいし、おなかが割れてた方がかっこいい。

 

もし自分がその理想の体型になったら、

いろんなことに対して自信がつくだろうし、

きっといつも笑っているんだろうなと想像し筋トレに打ち込みました。

 

わたしは、自分のあこがれの人を携帯の待ち受けにして、

「自分がこの姿になったら最高だな!」とワクワクしてレーニング続けてます。

 

今はすっかり筋トレにはまり、筋肉を愛する人になってますが。

 

 

まとめ

 

目標を達成する、夢をかなえるためには、

とにかく将来の自分にワクワクすること。

 

筋トレでは、将来の自分のかっこいい姿にワクワクすること。

 

この気持ちを忘れないようにしたいと思います。

 

筋肉は裏切らない!

 

ではでは

大谷翔平選手の「時間の使い方」がいちばんの才能であり、素敵すぎる件について

 

f:id:soilwork0106:20181221045516j:plain

 

24時間365日という、すべての人に平等である「時間」。

 

この「時間」ですが、こんな例えがあります。

 

ある銀行が毎日86,400ドルを自分の口座に振り込んでくれる。

そのお金は、使い切っても、使い切らなくても24時間で消えてしまう。

そして、0時になるとまた86,400ドルを振込んでくれる。

その銀行は「時間」という銀行。

 

1日を秒換算すると86,400秒なので、こういった表現をされます。

 

与えられた時間に最大限の投資をして、

そこから健康、幸せ、成功のための最大の物を引き出すことが理想ですよね。

 

「時間=命」の感覚が今の自分にはまだ足らないので日々勉強です。

 

今回ご紹介するのは大リーグで活躍している大谷選手の「時間の使い方」のあるエピソードです。

 

成功している人の時間感覚はやはり一流です。

 

ではご紹介していきます。

 

大谷翔平選手の「時間の使い方」

 

2015年のオールスター初戦に先発登板したその日の夜、

ある番組に出演し番組終了後、スタッフが出演してくれたお礼に食事を誘ったところ、

大谷選手はこのように答えたみたいです。

 

「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」

 

その後、大谷選手は社員に混じりながら牛丼を食べました。

 

あとでその理由を聞いたところ、

「会社の社食に興味がありましたし、お店へ向かう移動時間を考えると社食で十分ですよ。時間がもったいないので」と笑顔で答えたみたいです。

 

二刀流大谷選手、やっぱ半端ないっす!

 

「ナイターでマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭に入っている」というはなしもあり、

大谷選手が成功する理由のほんの一部を垣間見たエピソードでした。

 

筋トレも「時間の使い方」が大切

 

レストタイム

 

レーニングのセット間にレストタイム(インターバル)という休憩時間があります。

 

時間は60~90秒。

 

ジムでよく見かけるのがこのレストタイムに携帯をいじっている人。

 

ダメですよ!

 

レストタイムは、

「フォームの確認、筋肉のパンプ状態の確認、負荷がしっかりかけれているかの確認、次のセットの重量確認」などやること満載。

 

レストタイムに、ちゃんと自分の筋肉と会話することがとてもたいせつなんです。

 

筋トレでも1秒たりとも無駄にしてはいけません。

 

 

まとめ

 

筋肉にちょっとはなしが脱線してしまいましたが、

大谷選手の「時間の使い方」のあるエピソードから時間のたいせつさを学びました。

 

現在、わたしはタイムマネジメントを勉強中ですが、

1秒1秒をたいせつにする感覚を身に付けていきたいです。

 

筋肉は裏切らない!

 

ではでは

メルカリでトラブル発生!購入した商品と違う商品が届く。時間を返せー

 

メルカリでトラブル発生!



世間の流れから遅れたスタートですが、

わたしは今年からメルカリを利用しはじめました。

 

主に本を購入する際に利用してます。

 

「定価の半額くらいで購入できること」

「読み終わった本をメルカリで売れば家が本で溢れることもなく、また買い足し資金になること」

 

1ヶ月で何冊も本を読む自分としては、

メルカリのこのシステムにたいへん助けられてます。

 

ただ今回、はじめてトラブルに遭遇。

 

メルカリを利用されている方への情報共有・対策方法を知っていただきたい思いから、今回記事を書きました。

 

出品商品と異なる商品が届く

 

今回は本ではなく、携帯保護フィルム売買でトラブル発生。

 

嫁さんが「携帯保護フィルムが剥がれてしまって買い替えたい」と独り言を言っていたので、

サプライズも込めて嫁さんに内緒でメルカリで購入。

 

購入した商品はこちら。

 

メルカリでトラブル発生!

 

購入するまでのやり取りの中で「商品の問合せに対するレスポンスが遅い」という出品者への懸念材料がありましたが、

まー大丈夫だろうという軽い気持ちで購入。

 

商品は以外にも早く発送され、「何か引っかかる思い」は自分の考え過ぎかなと思ってましたが、

届いた商品をみて事態が発覚。

 

普段だったらすぐ商品を開封するのですが、今回は懸念材料があったので、

開封する前にいろいろ確認したところ出品商品と異なる商品が届いていることが発覚。

 

あー、やっぱり・・・

地雷踏んだ。

 

購入者に早速連絡。

 

「HUAWAI P20保護フィルムを出品されていたから購入したのに、届いたのはP20lite。返品させてほしい」と連絡。

 

するとこんな返事が返ってきました。

 

メルカリでトラブル発生!

 

いやいや・・・

 

「こっちはムダな手間と時間かかってるんですけど・・・

「一度こちらが購入して出品しても、購入してもらえる保証はないよね?あなた信用できないので

 

とわたしの心の奥底に潜んでいる悪魔がささやく。

 

正直、購入金額と手間を考えるとあきらめてもいい金額。

 

ただ自分的にいちばん納得いかないのが、

相手の不誠実な対応とやり取りしているムダな時間。

 

そんな人にお金を払うのは自分は納得できないので、

無駄な時間を消費する覚悟で解決法をさがしました。

 

信用できない相手に上の写真ようなやり取りはしたくないので、

メルカリ経由のキャンセル対応させて欲しいと依頼。

 

OKの返事をもらえたので、メルカリに助けを求めることにしました。

 

メルカリ事務局に依頼するも断られる

メルカリでトラブル発生!

 

詳しい理由は分からないですが、キャンセル申請が断られました。

 

いやいや、メルカリさん見捨てないでよ(泣)

 

ただ下記のような解決策の連絡が来ました。

 

メルカリでトラブル発生!

 

ようは、二者間で話し合って解決してくれということ。

 

金額が小さかったからこうなったのかな?

 

高い買い物でこの対応だと正直困るけど・・・

 

最終決着点

 

メルカリでトラブル発生!



相手側に個人情報は大切に扱う旨を伝えて住所と名前を教えてもらい、

着払いで商品を送り返すことで最終合意。

 

ねんのため商品未着のトラブルがないよう、

送料は高くなるがヤマトを利用することの合意もとりました。

 

もし、「商品は届いたけど傷がついている。汚れている。商品が違うなどの逆クレームを言われたらどうするのか?」

などの新たな疑問を感じながらも梱包し手配かけました。

 

いやーホント、時間と手間賃を返して欲しい。

 

結果ですが相手側に無事に商品が届き、

逆クレームを言われることもなく今回のトラブル騒動に終止符が打たれました。

 

まとめ

 

メルカリは利用方法がかんたんで非常に便利なツールですが、

今回のようなトラブルに見舞われたとき、解決するまでにけっこう時間かかります。

 

わたしの場合、まだ相手の方が故意で発生させたトラブルではなかったのでよかったですが、

中には最初からお金儲けのために相手をだますつもりでメルカリを利用している人もいると思います。

 

そんな方にはアプリの使用不可や売上金没収など重いペナルティーを課してもらいたいです。

 

今回のわたしの失敗談が少しでも、

みなさんが同じワナにかからないための予防策になればと思い記事にしました。

 

やはり裏切らないのは筋肉しかない!

 

ではでは

わたしたち大人は、小学生を見て全てを学ぶべきだと思うのはわたしだけでしょうか?

わたしたち大人は、小学生を見て全てを学ぶべき

 

アインシュタインの名言の一つに

「常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう」というフレーズがあります。

 

わたしたちそれぞれの常識は、

自分達が育った環境からつくられたものだということです。

 

わたしを含め大人になると、

「これをするのは無理だ」

「人間関係をうまくいかせる方法」

「面倒だから手を出すのやめておこう」

という小利口の考えに固まってしまいます。

 

 

わたしは今年から7つの習慣のアウトプットをはじめましたが、

まーできていないことがほとんどで、

今まで何をやっていたのか自己嫌悪におちいってます。

 

わたしは、できていないことを猛烈に反省し、

これから先学んだことを実践していこうと考えます。

 

できていないことをアウトプットしていく中で、

これって小学生は当たり前にできているよな?と感じ、

今回この記事を書こうと思いました。

 

 

小学生が当たり前のようにおこなっていること

 

「あいさつ、返事、考え方」

 

この3つです。

 

たとえば「挨拶」。

 

このような対決をした場合、どちらが勝つでしょうか?

 

小学生50人 VS 大人50人

どちらが元気にあいさつできるでしょうか?

 

たぶん、わたしたち全員「小学生50人」と答えると思います。

 

恥ずかしいですよね。

 

ましてやそんなわたしたち大人が子供に対して「元気にあいさつしなさい」と言っているわけですから、

うん、どうしようもない・・・

 

つぎに「返事」。

 

家でずっとゲームしたくても、

親に学校に行きなさいと言われれば「はい」といって学校に行きます。

 

わたしたち大人は、やりたくないことはいろんな理由をつけて断ったり、

しぶしぶ「はい」といって行動してます。

 

「すべての事に対して承認(はい)の返事すると、ありとあらゆる事がうまくいく」とよくいいますが納得できる気がします。

 

最後に「考え方」。

 

体育の授業で逆上がりにチャレンジする場合、

できるできないのスピードは個人によって違いますが、

みんなできるまでやろうとしますよね。

 

わたしたち大人は、自分の常識をベースにできるできないの判断をするので、

できるまでやる人もいれば、はじめからやらないという選択肢を選ぶ人もいます。

 

子供の時のチャレンジ精神を忘れてはいけないんですね。

 

わたしたち大人は小学生を見て全てを学ぶべき

 

わたしたち大人は、小学生を見て全てを学ぶべき

 

・誰にでも元気なあいさつ

 

・頼まれたことに全ての事に対しては「はい」の返事

 

・あきらめずにできるまでチャレンジする

 

小学生に負けないようにこの3つを今から実践しないといけないですね。

 

人生経験豊富な大人が負けてられません!

 

筋肉は裏切らない!

 

ではでは

【超便利なビジネスモデル】サブスクリプションとは?若い世代のニーズをつかんだビジネス

【超便利なビジネスモデル】サブスクリプションとは?若い世代のニーズをつかんだビジネス

 

サブスクリプション

 

みなさん聞いたことありますか?

 

サブスクリプションとは、

商品やサービス単体に料金を支払うのではなく、

月額制などで商品やサービスを利用できるビジネスです。

 

違ったいい方をすると、

商品を購入するのではなく、利用したいときだけ料金を支払って使用するビジネスモデルです。

 

サブスクリプションサービスの一例

 

サブスクリプションとは?

 

まずは現在浸透しているビジネスをご紹介。

 

これまで自宅で映画を見る際、

DVDレンタルを1本250円で借りていたのが、

サブスクリプションビジネスになると月額1,000円見放題となるわけです。

CMでみなさんご存知の「Hulu」がこちらにあたります。

 

つぎに今後拡大していくだろうサブスクリプションサービスがこちら。

 

①自動車

 

1台購入すれば500万円以上かかる車が、

サブスクリプションサービスになると1ヶ月2万円で利用できるようになります。

 

自動車を保有すると税金や保険、車検費用などの維持費がかかりますが、

サブスクリプションサービスでは不要。

 

90日で車種変更可能というオプションもあるみたいですよ。

 

②服

 

月額制で洋服が楽しめるファションレンタルサービス。

 

スタイリストが選んだ服が届き、返却期限はなく、

着終わったら別の洋服と交換でき、返却の際のクリーニング不要。

 

月額は7000円前後からというお手頃価格設定。

 

洋服をじっくり選んで買う時間がない方やコーディネイトがあまり得意でないという方から支持を集めてます。

 

この他にも、音楽のストリーミングサービスやひげ剃りのカミソリ交換などのビジネスモデルも存在してます。

 

サブスクリプション型ビジネスのメリット

 

サブスクリプションとは?

消費者側

 

大きな初期投資なしで利用できることがいちばんのメリット。

 

車の場合、好きな車種を乗ろうとすると、

新型が出るたびに購入しないといけないのが、

サブスクリプション型ビジネスだとコストを抑えて利用できるわけです。

 

企業側

 

顧客の囲い込みができるので、

継続して安定的に収入が得られるのがメリット。

 

また顧客の反応がリアルに分かるので、

商品のバージョンアップもコストとリスクをおさえながら行うことが可能になります。

 

このように、サブスクリプション型ビジネスが普及することで、

これまでの販売型ビジネスが大きく変わろうとしてます。

 

まとめ

 

ジムにおきかえた場合、

その都度利用払いの公共ジムが購入型ビジネス、

24時間ジムがサブスクリプション型ビジネスになりますね。

 

「簡単」「楽しい」「幅広く選べる」など、

今の若い世代の価値観や特徴をおさえているのがサブスクリプション型ビジネスだと思います。

 

筋肉は裏切らない!

 

ではでは

【四夜連続放送】みんなで筋肉体操!年末年始の暴飲暴食を帳消ししよう

1月7日 みんなで筋肉体操スタートするよ!



昨年、一大ブームを巻き起こしたNHK放送「みんなで筋肉体操」。

 

2019年1月7日月曜日の午後11時50分から続編がスタートします。

 

NHKでは当初、単発企画として放送したみたいですが、

あまりに反響が大きく、続編を決定したみたいです。

 

日本中が筋肉のことが気になって眠れないということですね!

 

筋肉について微力ながら情報を発信させていただいているわたしとしては、

今回の続編放送決定はうれしい限りです。

 

NHK枠というところが、個人的にはさらにうれしいポイント。

 

 

みんなで筋肉体操」を知らないという方に

 

我を忘れて少し熱く語ってしまいましたが、

「そんなのしらねーよ」という方にカンタンにご説明を。

 

NHKが2018年8月27日から3日間、

午後11時50分~11時55分という深夜枠の5分間で、

ただ黙々と筋トレをする映像を放送しました。

 

「深夜枠」、「放送時間5分」、「筋トレ」というマニアック三拍子の条件がそろっているので、

常識から考えると視聴率はほとんど稼げないだろうという予想でしたが、まさかの大反響。

 

SNSを中心に、またたく間に日本中の話題となったわけです。

 

そのきっかけを作ったのが、

放送最後に放たれる決めセリフ「筋肉は裏切らない!」

 

最初は、「は?なに言ってるの?ぜんぜん言っている意味が分からないんですけど」と思いますが、

筋トレにはまった時、はじめてそのセリフの真意が分かります。

 

放送内容について少し触れると、

筋トレはダンベルやマシーンを使ったトレーニング方法が一般的ですが、

「みんなの筋肉体操」ではそういった器具をいっさい使わず、

腕立て伏せやスクワットなどの自重トレーニング(自分の体重を利用したトレーニング)となってます。

 

自宅にダンベルがある家庭は筋トレマニア以外そうそうないと思いますが、

短時間かつ自重トレーニングなので、筋トレをするきっかけのハードルを低くしたのも、

今回話題のなった1つの理由だと思います。

 

筋肉に無限の可能性を感じるのはわたしだけでしょうか?

 

紅白歌合戦での「筋肉体操」

 

1月7日 みんなで筋肉体操スタートするよ!

 

いやー、見事でした。

 

天童よしみさんの脇役で、

武田真治さんを中心とした筋肉体操メンバーが競演されていましたが、

主役を軽く凌駕してました。

 

2018年流行語大賞そだねー」を受賞したカーリング女子も出演してました。

 

流行語大賞にノミネートされたものの惜しくも落選した「筋肉は裏切らない」。

 

ここで完全リベンジできたとわたしは思います。

 

司会の広瀬すずさんが「筋肉とサックスのコラボにも注目」と紹介し、

会場から笑いが起ってましたが、わたしには理解できませんでした。

 

わたしからすると「音楽とダンスのコラボ」とおなじくらい自然なことだと思いますが・・・

 

天童よしみさんが歌い上げる中で、

「腕立て伏せ」「スクワット」「アームカール」「ワンハンドロウ」の4種目トレーニングをする筋肉体操メンバー。

 

何度も言いますが、

いやー、見事でした。

 

まとめ

 

1月7日午後11時50分に続編「みんなで筋肉体操」がスタートします。

 

5分間の自重トレーニングなので、

筋トレをしたことがないという方にも始めるきっかけのハードルは低いと思います。

 

ぜひ今回をきっかけに筋トレをはじめてみてはいかがでしょうか?

 

「筋肉は裏切らない」

 

筋トレにはまった時にこの真意が分かると思います。

 

くどいですが・・・

 

筋肉は裏切らない!

 

ではでは