スポーツジムのシューズのおすすめ17選!ピッタリの選び方や種類を紹介!

スポーツジムのシューズのおすすめ17選!ピッタリの選び方や種類を紹介!フィットネス用品

 

スポーツジム用のシューズってどんなのがいいのかな?

自分に合ったシューズ選びって難しいよね。タイプによって機能が違うから、シューズ選びが間違っているとケガしたり、パフォーマンスに影響してくるよ

 

  • 本記事の内容
  • ジム用シューズの種類について
  • ジム用シューズ選びで注意するポイント
  • 男性(メンズ)のおすすめシューズ9選
  • 女性(レディース)のおすすめシューズ8選

 

みなさんはジムのシューズ、どんなタイプを履いていますか?

 

「もともと持っていたものを履いている」「デザインが気に入ったものを履いている」など、人それぞれですよね。

 

ジム用のシューズは大きく分けると4種類ありますが、それぞれの特徴を知らないで履いている人は多いのではないでしょうか?

 

ぼくも以前はそうでした。ですが、自分の目的に合ったシューズに変えたことで、今までより高いパフォーマンスができるようになりました。正しいジム用のシューズ選びをすることで、トレーニングの効果を最大限発揮できます

 

本記事ではまずはじめに、種類と選ぶ時のポイントについてご紹介していきます。

 

その後、男性と女性のおすすめ商品をご紹介していきたいと思います。

 

これを読めば、自分に合ったジム用のシューズ選びができるようになるよ

 

気になるところまで移動

 

スポンサーリンク

ジム用シューズの種類

 

ジム用シューズの種類

 

ジム用シューズの種類は、下記の4種類があります。

 

タイプ特徴クッション性軽量性ホールド感グリップ性フィット感
万能タイプ・ランニング用
・トレーニング用
・スタジオ用
3つの特徴を
バランス良く持っている
ランニング用ソールにクッション性あり
トレーニング用ウエイトが扱えるように
ソールが薄くグリップ力あり
スタジオ用横のステップやターンなど
360度の動きに対応している

 

特徴
  • クッション性:地面からの衝撃を和らげる働き
  • 軽量性:シューズの軽さ
  • ホールド感:足首を固定する働き
  • グリップ性:地面をしっかり捉える力
  • フィット感:シューズの中で足が動かないかどうか

 

こんなに種類や特徴があるなんて知らなった…

それぞれの特徴について、詳しく紹介していくね

 

万能タイプ

 

万能タイプは上記の表から分かるように、クッション性や軽量性など専用シューズの良いところをすべて取り入れています

 

ランニング・ウエイトトレーニング・スタジオプログラムをバランスよくやりたい人におすすめのシューズです。

 

スポーツジム初心者の方は、まずはじめに万能タイプを選ぶのが良いでしょう。

 

いいとこ取りのシューズってことだね

総合的に運動したい人は、万能タイプがおすすめ!

 

 ランニング用

 

ランニング用シューズは、屋外の運動を想定にして設計されたシューズです。

 

アスファルトのような硬い地面の上を走るためのシューズなのでクッション性が高く足に負担をかけないよう軽量に作られているところが特徴になります。

 

ランニングは縦の動きがメインになるので、横の動き(ホールド感)に弱いところがデメリットになります。

 

ランニングは前の動きしかないからね

スタジオや筋トレをする人には向いていないかな

 

トレーニング用

 

トレーニング用シューズは、屋内の運動を想定にして設計されたシューズです。

 

クッション性がなく、グリップ性が強いところがトレーニング用シューズの特徴になります。

 

これはダンベルなど高重量を使ったトレーニングをする時、地面をしっかり踏ん張れるように設計されているからです。

 

足首が縦横にブレないよう、しっかりホールドできる仕様になっています。

 

マシンを使ったトレーニングも、トレーニング用がいいんだね

足全体で地面を捉えることができるよう「ソールが硬く、平ぺったい」のも特徴だね

 

スタジオ用

 

スタジオ用シューズは前後左右や斜めのステップ、つまり360度の動きに対応できるように設計されたシューズです。

 

横のステップを踏んだ時に足首を捻らないよう、足首がしっかりホールドできるハイカット仕様になっています。

 

ときどき、スタジオレッスンでランニング用シューズを履いている人がいますが、ランニング用は縦の動きしか想定して設計されていないので、横のステップを踏んだ時に足首を捻挫する恐れがあります。

 

激しく動くエクササイズだから、
足首をしっかり固定することが大切なんだね

シューズの中で足が動かないよう「フィット感」も大切だよ

目次に移動

 

スポンサーリンク

ジム用シューズを選ぶ時のポイント

 

ジム用シューズを選ぶ時のポイント

 

ジム用シューズを選ぶ時のポイントは、下記の3つになります。

 

 

サイズ選び

 

ジム用シューズ選びでもっとも大切なのは、サイズ選びになります。

 

なぜなら、自分の足に合わないサイズを履いているとケガをしたり、全身のバランスがくずれて自分が持っている力を最大限発揮できないからです。

 

ブランドによってフィット感が違う経験をしたことがある人は多いですよね。

 

アシックスやミズノは日本人の足にフィットするように作られているのに対し、ナイキやアディダスは外国人向けに設計されています。

 

自分に合ったサイズを選ぶにはどうすればいいの?

ジャストサイズじゃなて、0.5~1.0cm大きめを選ぶといいよ

 

ジャストサイズだと、靴ずれやマメができる原因になるので、ジム用シューズは0.5~1.0cm大きめのサイズを選びましょう

 

ちなみにサイズの他に、Eや2Eなどの表記を見たことがある人も多いかもです。これは「足囲」といって足の幅を表したもので、E⇒2E⇒3Eといった感じで数字が大きくなるほど足の幅が広くなります

 

時間帯によって足のサイズが変わるって聞くけど、どうすればいいの?

サイズ感は、夕方の足の状態がいいよ。
疲労で0.5~1.0cm大きくなっていて、
フィッティングの良し悪しに関係するからね

 

スポーツシューズに限らずの話ですが、靴のサイズ選びは、足の状態が大きくなっている夕方ごろが最も適しています。

 

自分の目的に合ったシューズを選ぶ

 

「ランニングをしたい人」「スタジオレッスンを楽しみたい人」「筋トレなどのウエイトトレーニングをしたい人」、みなさん目的は違いますよね。

 

こちらの比較表でご紹介したようにジム用シューズは4種類あるので、自分に合った種類を選びましょう。

 

目的に合ったシューズの選び方
  • ジムでいろいろやりたい人:万能タイプ
  • ランニングがメインの人:ランニング用
  • 筋トレやマシンがメインの人:トレーニング用
  • プログラムレッスンがメインの人:スタジオ用

 

上記以外でジムの手荷物をとにかく少なくしたい人は、コンパクトに折り畳めるタイプを選ぶのも良いでしょう。

 

くつ下の厚さも考慮する

 

意外と忘れがちなのが、くつ下の厚さも考慮して選ぶことです。

 

ジム用のくつ下は、普段履いているくつ下と比べて生地がぶ厚く作られています

 

足首をしっかり保護したい人は、くるぶし丈の物ではなく、ふくらはぎ程度まであるくつ下のほうが良いでしょう。

 

ジム用のくつ下を履いても、何だかフィットしない時はどうすればいいの?

インソールといって、靴の足底に入れる敷物を使うとフィット感が良くなるよ

 

くつ下の生地の厚さことは意外と忘れがちなことなので、覚えておいて下さいね。

 

目次に移動

 

スポンサーリンク

男性おすすめのジム用シューズ【メンズ】

 

男性おすすめのジム用シューズ【メンズ】

 

ここからは、男性の目的別おすすめジム用シューズ9選をご紹介していきます。

 

 

万能タイプのおすすめ

 

万能タイプの1つ目のおすすめは、「Nike TANJUN」になります。

 

 

「Nike TANJUN」はとにかくシンプルさにこだわったシューズで、軽くてフィット感がバツグンの商品です。

 

何でも卒なくこなす優等生的なシューズなので、ランニングや筋トレ、スタジオレッスンなど色々やりたい方やスポーツジム初心者の方におすすめの商品です。TANJUN=シンプル、まさにシンプル・イズ・ベストな商品

 

もう1つおすすめする商品は、「adidas FitBounce Trainer」になります。

 

 

軽量でクッション性があり、マルチスポーツに対応しています。

 

常に柔らかく弾力性のあるクッションは履き心地が抜群で、足の裏が痛くなることなく快適に運動できます。

 

ジム初心者の方で何を買えばいいか? 迷ったら上記2品のうちのどちらかを選べば間違いないでしょう。

 

ランニング用のおすすめ

 

ランニングがメインの方におすすめなのは、「new balance M411」になります。

 

 

コンバースのスニーカーの重さの半分しかない軽さが魅力のM411。片足の重さは約208gなので、長時間快適に走ることができます。

 

靴底のソールは耐久性が高いゴムを使用しているのですり減りに強く、すぐに履き潰れてしまうことがないので長く利用できます

 

ランニング用でもう1つのおすすめは、「アシックス JOLT2」になります。

 

 

ベーシックな機能を備えている、ランニングシューズの定番の商品がこちらになります。

 

アシックスは日本のメーカーなので、日本人の足にフィットするように設計されているところが良い点。値段も手頃なので、ジム初心者でランニングなどの有酸素運動をメインに考えている方におすすめです。

 

トレーニング用のおすすめ

 

筋トレやマシントレーニングなどをメインにする人におすすめするのは、「UNDER ARMOUR BAMトレーナー」になります。

 

 

ウエイトトレーニングの高重量を支えるために、足元のグリップ性やホールド性にこだわったシューズになります。

 

360度全方向、素早い動きにも対応しているので、マシントレーニングとランニングの両方やりたい方にも最適です。

 

トレーニング用のもう1つのおすすめは、「mizuno TC-01」です。

 

 

すこし値段は高くなりますが、伸縮性の素材を採用していて素足のような感覚履くだけでバランス能力が向上するところが、この商品の魅力になります。

 

ミズノ独自の技術である中敷に用いられた独自の凹凸構造“ミズノ コブにより、足の裏全体で地面をしっかり捉え、自分が持っている力が最大限に発揮できるでしょう。

 

スタジオ用のおすすめ

 

スタジオ用のシューズを探しているメンズの方におすすめするのは、「mizuno ウエーブダイバース LG 3」になります。

 

 

豹のように、しなやかに、素早く動く」がコンセプトのLG3。スタジオで魅せたいパフォーマンスをしたい方におすすめです。

 

クッション性や横方向のステップの安定性が優れているので、いつも苦戦していたターンやステップが自分でも驚くほど上手くできるようになります

 

スタジオ用のもう1つのおすすめは、「mizuno ウエーブダイバース DE」になります。

 

 

見た目は重量感がありますが、履き心地はいい意味で裏切られるほど軽く、踵にかかる衝撃を和らげてくれる商品になります。

 

サイドの動きに安定感があり、デザインも目立つので、スタジオ内で一際目立つことができます

 

コンパクトタイプを探している人はこれ

 

ジムの手荷物をとにかく少なくしたい人におすすめなのは、「SAGUARO ベアフット」になります。

 

 

片足の重量が約136gと軽量で、荷物がかさばらないところがベアフットシューズの魅力になります。

 

クッション性があまりないので本格的なトレーニングをする人には向いていませんが、素足で運動しているような軽い感覚が好きな方に「SAGUARO」はおすすめです。

 

目次に移動

 

スポンサーリンク

男性(メンズ)おすすめ ジム用シューズの比較一覧表

 

画像Nike TANJUNadidas FitBounce Trainernew balance M411アシックス JOLT 2UNDER ARMOUR BAMトレーナーmizuno TC-01mizuno ウエーブダイバース LG 3mizuno ウエーブダイバース DESAGUARO ベアフット
商品名Nike
TANJUN
adidas
FitBounce Trainer
new balance
M411
アシックス
JOLT 2
UNDER ARMOUR
BAMトレーナー
mizuno
TC-01
mizuno
ウエーブダイバース LG 3
mizuno
ウエーブダイバース DE
SAGUARO
ベアフット
タイプ万能タイプ万能タイプランニング用ランニング用トレーニング用トレーニング用スタジオ用スタジオ用コンパクト型
特徴クッション性、軽量性、
グリップ感のバランス型
マルチスポーツに対応心地よいクッション性
耐久性のある素材をソールに使用
ベーシックな
ランニングシューズ
重量を支えるために、
足元の安定を優先的に設計
ハードトレーニングに耐えれるよう
耐久性の高いPU素材を使用
高いクッション性と安定性を両立「ひねる」「回る」動きを
スムーズにこだわりの軽さを実現
軽量で折り畳める
価格3,978円~3,413円~3,028円~2,756円~6,570円~5,594円~11,809円~10,479円~3,280円~
重量片足 約180g片足 約267g片足 約208g片足 約295g片足 約280g片足 約335g片足 約255g片足 約250g片足 約136g
足幅E~2E2E4E2E2E2E2E3E
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

それぞれの特徴を比較しながら、
自分に合ったシューズを探そうね!

 

スポンサーリンク

女性おすすめのジム用シューズ【レディース】

 

女性おすすめのジム用シューズ【レディース】

 

ここからは、女性の目的別おすすめジム用シューズ8選をご紹介していきます。

 

 

 万能タイプ

 

レディース用の万能タイプで1つ目のおすすめは、「New Balance WXNRG NRGIZE」になります。

 

 

片足の重さが140gと軽量で、床からの衝撃を和らげるクッション性もあります。

 

ひもではなくスリップオン式なので履き脱ぎしやすくカラーバリエーションが豊富なところが魅力になります。コンパクトなので、ジムの手荷物を少なくしたい人にもおすすめです。

 

女性用の万能タイプでもう1つおすすめするのは、「Nike TANJUN」になります。

 

 

こちらはメンズ用のおすすめでも紹介した商品で、クッション性、軽量性、グリップ感のバランスがとにかく優れているところが魅力になります。

 

デザインはシンプルで、どんなウェアにもコーディネイトできます。ジム初心者の方にもおすすめです。

 

ランニング用

 

レディースのランニングシューズの1つ目は、「adidas ファルコンラン DBG98」です。

 

 

快適なランニングができるように、ソフトなクッショニングが装備されています。

 

シンプルさを追求したおしゃれなデザイン、価格も手頃なので、デイリーランにおすすめの一足です。

 

もう1つのおすすめは、「アシックス LADY JOLT 2」です。

 

 

ベーシックなランニングシューズの機能を備えた「LADY JOLT2」。

 

日本人の女性の足にフィットするように作られている「LADY JOLT2」を履けば、長時間疲れ知らずのランニングできます。

 

トレーニング用

 

レディースのトレーニング用で1つ目におすすめするのは、「New Balance WXNRGL」になります。

 

 

スリップオンタイプなので履き脱ぎしやすく足首にピタッとフィットする作りになっているので安心してトレーニングできます。

 

洗練されたスタイルや、大人の雰囲気を醸し出すカラーも人気を集めている理由になります。

 

トレーニング用でもう1つのおすすめは、「New Balance FUEL CORE AGILITY」です。

 

 

トレーニング時のスピードとパワーを快適に支えるために、高反発なミッドソール素材を採用しています。

 

シックなカラーから、ジム内がパッと明るくなる美しいカラーが女性に人気です。

 

スタジオ用

 

女性のスタジオ用のおすすめは、「アヴィア A6812W」です。

 

 

アヴィアはアメリカ生まれのシューズブランド。衝撃吸収・安定・反発の機能が優れていることから、数多くのインストラクターから支持を集めているブランドになります。

 

今まで苦戦していたターンやステップが、自分でも驚くほど軽やかに上手くできるようになります

 

スタジオ用のもう1つのおすすめは、「mizuno ウエーブダイバース DE」です。

 

 

メンズ用のおすすめでも紹介した商品で、ダンスの動きに特化した商品になります。

 

ダンスエクササイズに多い「ターン」や「ひねる」などの動きをスムーズにするために、踵部・前足部が大きな円状の作りになっているところが特徴です。

 

ターンやステップの際、足に意識を持っていかなくても自然の流れで体が反応できるようになります。

 

目次に移動

 

スポンサーリンク

女性(レディース)おすすめ ジム用シューズの比較一覧表

 

画像New Balance WXNRG NRGIZENike TANJUNadidas ファルコンラン DBG98アシックス LADY JOLT 2New Balance WXNRGLNew Balance FUEL CORE AGILITYアヴィア A6812Wmizuno ウエーブダイバース DE
商品名New Balance
WXNRG NRGIZE
Nike
TANJUN
adidas
ファルコンラン DBG98
アシックス
LADY JOLT 2
New Balance
WXNRGL
New Balance
FUEL CORE AGILITY
アヴィア
A6812W
mizuno
ウエーブダイバース DE
タイプ万能タイプ
コンパクトタイプ
万能タイプランニング用ランニング用トレーニング用トレーニング用スタジオ用スタジオ用
特徴脱ぎ履きしやすいスリッポン構造
優れたクッション性と軽量性
クッション性、軽量性、
グリップ感のバランス型
軽量ランニングシューズシンプルなデザイン
ベーシックなランニングシューズ
脱ぎ履きしやすいスリッポン構造スピードとパワーを快適に支える
ミッドソールを採用
抜群の安定性と衝撃吸収性
中足部のTPUプレートがねじれを防止
「ひねる」「回る」動きを
スムーズにこだわりの軽さを実現
価格3,480円~3,840円~2,931円~2,990円~4,480円~5,000円~9,180円~10,479円~
重量片足 約140g片足 約180g片足 約229g片足 約235g片足 約154g片足 約180g片足 約312g片足 約250g
足幅D2E2EDDE
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

タイプや特徴を見比べながら
自分に合った商品を見つけてね!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ジムのシューズには全部で4種類あり、自分の目的に合わせてタイプを選ぶことが大切です。

 

サイズはジャストサイズではなく、0.5~1.0cm大きめにしましょう。

 

その際、くつ下の生地の厚さのことを忘れないようにしてくださいね。

スポンサーリンク
フィットネス用品
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
とれらぼ
タイトルとURLをコピーしました