【完全版】エニタイムフィットネスの評判・口コミ・特徴について

【完全版】エニタイムフィットネスの評判・口コミ・特徴についてエニタイムフィットネス
スポンサーリンク

 

エニタイムフィットネスが気になるんだけど、評判ってどうなのかな?また特徴についてくわしく知りたいな

 

本記事は、エニタイムフィットネスの入会を検討している方に向けての記事になります。4年以上エニタイムを利用したぼくがエニタイムの評判や口コミ、ジムの特徴、入会や退会する方法についてくわしくご紹介していきます。

 

また24時間ジム「ジョイフィット(JOY FIT)」とエニタイムフィットネス、どちらに入会しようか迷っている方に向けて、料金や設備の比較をしました。比較表を見れば、どちらのジムが自分に合っているか知ることができます。

 

スポンサーリンク

エニタイムフィットネスの特徴

 

エニタイムフィットネスの特徴

 

特徴は下記になります。

 

  • 365日24時間営業
  • 全国で700店舗以上展開
  • 月額費は7,000円前後と低価格
  • 直営店とフランチャイズ店舗に分かれる
  • 入退館はセキュリティキーを使用
  • スタッフがいない時間あり
  • 有酸素運動・マシン・フリーウエイト完備
  • WiFi完備
  • ロッカーはむき出し
  • 更衣室あり
  • シャワールーム完備
  • シューズの履き替え不要
  • ウォータークーラーは基本なし
  • タンニングマシーンあり
  • 水素水サーバー利用可能
  • 見学は可能、体験はなし
  • パーソナルトレーニングが受けられる
  • 高校生の利用は無料

 

365日24時間営業

 

エニタイムは24時間365日営業しています。

ですので、自分の好きな時にジムに行ってトレーニングすることができます。

 

エニタイムを利用している人は24時間365日利用できるところ』に一番の魅力を感じています。

 

 

自分のライフスタイルに合わせて利用できるところが魅力になります。24時間営業しているので、仕事が忙しくて夜遅い時間帯にしか行けない方や、朝早くに運動したい方に特にオススメのジムです。

 

全国で700店舗以上展開

 

全国で700店舗以上の店舗数があります。

店舗数はジム業界でNo1です。

 

全国に店舗があるので、帰省した時や旅行先でもジムがあればトレーニングできます。

 

月額費は7,000円前後と低価格

 

月額費は7,000円前後とリーズナブルな価格設定になっています。

 

低価格を実現している理由は、下記になります。

 

  • ジムの設備がシンプル(マシン・シャワー室・更衣室)
  • 店舗スタッフの人数が抑えられている

 

コナミスポーツやルネサンスなどのスポーツクラブと比べると、ジムの設備がシンプルです。また店舗に滞在しているスタッフの人数が抑えられ、人件費があまりかからない運営をしているので、月額費が7,000円前後という低価格になっています。

 

店舗の料金について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にして下さい。

 

 

直営店とフランチャイズ店舗に分かれる

 

エニタイムフィットネスは直営店とフランチャイズ店舗に分かれます。

 

フランチャイズ店舗の運営は、本部ではなくフランチャイズオーナーに任されています。ですので、実施しているキャンペーンの内容が店舗によって異なります。たとえば下記のとおりです。

 

  • A店舗:入会キャンペーン(セキュリティ発行手数料0円、初月会費無料)
  • B店舗:スタンプラリー(スタンプを貯めると月額費500円オフ)
  • C店舗:脂肪買取キャンペーン(1ヶ月○kg体重を落とせれば1,000円オフ)

 

上記のキャンペーンは一例です。直営店は本部の方針で運営していますが、フランチャイズ店舗はオーナーの考えで運営しています。オーナーがトレーニング好きな場合、キャンペーンや設備が充実しているように感じます。

 

本部のサポートがしっかりしている

 

フランチャイズ店舗の運営はフランチャイズオーナーに任されているとはいえ、店舗となにかトラブルがあった場合、本部に相談し対応してもらうことができます。

 

ちなみに本部への問い合わせはこちらから連絡できます。

 

入退館はセキュリティキーを使用

 

入退館の際は、下記のセキュリティキーを利用します。

 

セキュリティキー

 

「セキュリティの使い回しができるのでは?」と思う人もいるかもですが、出入り口には顔認識カメラが付いているので、自分以外の人がセキュリティキーを使用することができません。仮に他人がセキュリティキーを使って入館すると、大きなエラー音が店内に鳴り響きます。

 

スタッフがいない時間あり

 

早朝や深夜の時間帯はスタッフがいません。スタッフが滞在している時間帯はおよそ11時~20時になります。

 

「スタッフがいない時間帯に利用するのはちょっと心配、、」という女性の方は多いですよね。エニタイムフィットネスは出入り口やジムの中にセキュリティカメラが数台設置してあり、365日24時間監視しています。

 

不審者がジムに入ろうとしたり、ジム内でトラブルがあった場合、警備会社のアルソックがすぐに駆けつけるシステムになっています。ですので、女性の方でスタッフがいない時間帯でも安心して利用できます。

 

下記の写真のように首にかけられるタイプのセキュリティボタンがどの店舗でも設置されているので、スタッフがいない時間帯でも安心して利用できます。

 

警備システム

 

有酸素運動・マシン・フリーウエイト完備

 

下記の器具が充実しています。

 

  • 有酸素運動:トレッドミル(ランニングマシン)、リカルベントバイクなど
  • マシン:チェストプレス、ラットプルダウン、ケーブルクロス、レッグカールなど
  • フリーウエイト:ダンベル、スミスマシン、パワーラック

 

エニタイムフィットネスは24時間ジムの中でもっともトレーニング器具が充実しているジムになります。器具が充実しているので、ジム初心者から上級者まで、自分の目的に応じてトレーニングできます。

 

【有酸素運動マシン】

トレッドミル

 

【マシン】

ラットプルダウン

 

【フリーウエイト】

フリーウエイト

 

有酸素運動マシンはyoutubeやネットフリックス視聴可能

 

有酸素運動マシンには大きなモニターが付いていてテレビやyoutube、ネットフリックスが視聴できます。

 

詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にして下さい。

 

 

アタッチメントも充実

 

トレーニングの効果を上げる下記のアタッチメントが充実しています。

 

  • 腹筋ローラーやトレーニングチューブ
  • トレーニングベルト
  • magグリップ、ロープなど

 

上記のアタッチメントはすべて無料で利用できます。トレーニングの効果を上げる器具がここまで揃っているジムはエニタイムだけです。

 

WiFi完備

 

WiFiが完備されているので、自分の好きな動画見たり、音楽を聞きながらトレーニングできます。

 

WiFiの接続方法はとてもカンタンです。詳しく知りたい方は、下記の記事をどうぞ。

 

 

ロッカーはむき出し

 

ロッカー

 

ロッカーはむき出しタイプになります。鍵付きのロッカーではないため、貴重品の管理には注意が必要です。

 

とはいえロッカーがある場所には、上記のように監視カメラが数台設置されています。ちなみにぼくは4年間利用して盗難被害の張り紙を見たことがありません。むき出しロッカーに不安を感じる人もいるかも知れないですが、セキュリティは万全なので安心して利用できます。

 

更衣室あり

 

更衣室

 

2~3部屋、男女兼用の更衣室があります。

ここでトレーニングウェアに着替えることができます。

 

シャワールーム完備

 

シャワー室

 

シャワールームが完備されています。

トレーニングで汗をかいてもシャワー室が利用できるので、ジムの後に予定があっても気兼ねなく運動できます。

 

ちなみにボデイソープやシャンプーは備え付けられていないので、利用する際は持ち込みが必要になります。シャワー室について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にして下さい。

 

 

シューズの履き替え不要

 

ジムを利用する際、シューズの履き替えは不要です。土足のままジムが利用できます。

 

とはいえ、革靴や先のとがった靴での利用は禁止となっているため、運動しやすい靴でジムに向かいましょう。

 

ウォータークーラーは基本なし

 

ウォータークーラーは基本、店舗にありません。

水分補給用のドリンクは持ち込みが必要です。

もしドリンクを忘れてしまった場合、ジム内に自動販売機があるので大丈夫です。

 

タンニングマシーンあり

 

日焼けマシーン

 

全店ではないですが、タンニングマシーンが設置されています。

値段は500円で10分前後、利用できます。

日サロと比べると効き目は弱めです。

 

水素水サーバーが利用可能

 

月1,000円(税抜)で水素水サーバーが利用できます。

 

入会キャンペーンで水素水サーバー専用ボトルが無料でもらえたり、2ヶ月無料などの特典が受けれる場合があります。

 

見学は可能、体験はなし

 

ジムの中を一度見てから入会を決めたい方に、無料でジム内を見学することができます。

 

電話で予約をするとスムーズですが、スタッフがいる時間にジムを訪問して見学したいことを伝えれば、無料でジム内を見学させてくれます。

 

ちなみに、マシンを実際に使うなどの体験は行っていません

 

パーソナルトレーニングが受けられる

 

パーソナルトレーニング

 

「トレーニングのやり方が分からない」「知識を付けたい」という方に向けて、有料にはなりますがパーソナルトレーニングが受けられます。ホームページよりパーソナルトレーニングが受けられる店舗を検索できます。

 

高校生の利用は無料

 

高校生無料

 

15歳以上18歳未満で親がメンバーであれば、無料で利用できます。

 

スポンサーリンク

エニタイムフィットネスの評判・口コミ

 

エニタイムフィットネスの評判・口コミ

 

悪い口コミと良い口コミ、両方ご紹介していきます。今回ご紹介する評判の内容は「みん評」からの引用になります。

 

悪い評判・口コミ

 

ダンベルエリアなんて4.5人いたら危なく出来ません。ラックも2つだけ。6人ぐらいでフリーウェイトエリアは一杯になります。

 

スタッフの接客態度が悪い、愛想がない、挨拶もないしマシーンの使い方などで困っていてもおしえてくれない。

 

駅から少々距離のある同店ですが、店舗前に駐車場併設ですのでクルマで行くにはピッタリですが、駐車台数が少なめ。店内はスカスカでも駐車場は殆ど満車ですので当てにしないほうが良いでしょう。

 

良い評判・口コミ

 

エニタイムはとにかく清潔感があり、24時間年中無休利用出来るのは素晴らしいと思う。特に気に入った点はマシンが新しく、Netflixが観れる事。マシンに自身の目標など登録しておけば、運動時間や消費カロリー・達成率などのデータが直ぐに配信される事。混雑してマシンが使えないような事は一度もない事。全国何処でも利用出来る事。

 

スタッフさんは女性もいて、ジム利用初心者女性は気が楽かと思います。立地が非常に良く通っています。深夜でもフラッと入れるのが本当に便利です。

 

スタッフの対応もいいし、掃除も行き届いています。
日中はそれほど混んでいないのでシャワールーム(男女各2室づつある)も埋まることなく待たずに使えます。
某Aというジムから移って来ましたが不満は全くないです。

 

評判・口コミをまとめると

 

評判・口コミから見えてくるエニタイムフィットネスの評判は、下記になります。

 

 

・全国どこでも利用できるのが◎
・設備が充実している。店内がキレイ
・女性の利用客も多く、女性でも安心して利用できる
・夕方など混雑している時間に行くと器具が使えない場合あり
・混雑している時間帯は駐車場が利用できない場合あり

 

 

全体的に見ると良い評判・口コミが多かったです。

 

設備が充実している」「女性でも安心して利用できる」という口コミを多く見かけました。

 

一方で、スタッフがアルバイトの店舗については「対応が悪い」「使い方を聞いてもくわしく教えてくれない」という口コミを見かけました。ジムを初めて利用する方は、見学の時に「ジムに入会した後のサポート内容やアフターケア」についてくわしく確認しましょう。

 

スポンサーリンク

エニタイムフィットネスに入会する方法

 

エニタイムフィットネスに入会する方法

 

入会には下記の2つの方法があります。

 

  1. 店舗で入会の手続きを行う
  2. webで入会の手続きを行う

 

店舗で入会の手続きを行う

 

店舗入会の手順は、下記の3ステップになります。

 

  1. 店舗に連絡
  2. 店舗見学
  3. 入会の手続き

 

まずはじめに入会を希望する店舗に電話、または見学予約フォームから予約します。飛び込みで見学もできますが、予約することでスムーズに見学できます。

 

予約した日程に来店し、自分にあうかどうかジム内を見て決めます。もし入会を決めた場合、入会に必要なものは下記の2つになります。

 

【入会の際に必要なもの】

  • 本人確認証書
  • 金融機関のキャッシュカード

 

本人確認証は運転免許証、パスポート、健康保険証、在留カード/特別永住者証明書、住民基本台帳カード(写真付)、個人番号(マイナンバー)カードの内のどれか一点になります。

 

金融機関のキャッシュカードも必要です。月額費は毎月27日に指定した銀行口座から自動引き落としされます。

 

クレジットカード払いはできない?

 

エニタイムフィットネスの月額費は、クレジットカード払いできません。

 

ですが次にご紹介するweb入会手続きを行えば、初期費用(会費初月日割り分 + 会費2か月分 + セキュリティキー発行手数料 )のみ、VISA・MasterCardのクレジットカードもしくはデビットカードで決済できます。

 

webで入会の手続きを行う

 

web入会の手順は、下記の4ステップになります。

 

  1. 事前の確認(初期費用など)
  2. オンラインで入会の手続き
  3. クレジットカードで決済
  4. セキュリティキー発行手続き

 

web入会の手続きを行えば、『会費初月日割り分 + 会費2か月分 + セキュリティキー発行手数料のみ』クレジットカード払いができます。

 

web登録の手続きのメリットは、下記の3つになります。

 

  • 来店手続きの大幅な時間短縮
  • クレジットカード決済ができる
  • 初回の支払い金額がweb上で確認できる

 

web入会で1つだけ注意点があります。それはセキュリティキー発行、会費引落し口座等の手続きのため、店頭での手続きも必要なこと。会費2ヶ月分以降の支払いは口座支払いとなるため、web入会の手続きをしても本人確認証と金融機関のキャッシュカードを持って来店が必要になります。

 

スポンサーリンク

エニタイムフィットネスを退会・休会する方法

 

エニタイムフィットネスを退会・休会する方法

 

退会する方法と休会する方法、それぞれご紹介させていただきます。

 

退会する方法

 

  • 退会したい月の10日までに申請手続きが必要
  • 手続きは所属店舗で行う
  • 持ち物は不要
  • 再入会する場合、セキュリティキーの再利用は不可

 

退会する際は、退会したい月の10日までに手続きが必要になります。ちょっと分かりづらいかもなので、具体例を挙げてみましょう。

 

  • 4月10日までに手続き→4月末に退会
  • 4月11日に手続き→5月末に退会

 

締日を1日でも経過してしまうと、退会できるのは翌月末になります。「たった1日のことだから何とか認めて欲しい、、、」とスタッフに懇願しても、上記の内容が記載された利用規約に合意して書類にサインしているので、ルールを変えることはできません。

 

退会は店舗での手続きになります。メールや電話では受け付けていません。

 

キャンペーンを利用して入会をした場合、契約期間以内に退会すると違約金が発生するので注意しましょう。

 

退会について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にして下さい。

 

 

 

休会する方法

 

  • 休会したい月の前月10日までに申請手続きが必要
  • 手続きは所属店舗で行う
  • 持ち物は不要
  • 休会にかかる費用は1,000円(税別)

 

休会する際は、休会したい月の前月10日までに手続きが必要になります。ちょっと分かりづらいかもなので、具体例を挙げてみましょう。

 

  • 3/10に手続き → 4月から休会
  • 3/11に手続き → 5月から休会

 

退会と同様、1日でも締め日を過ぎてしまうと休会できるのは1ヶ月先になってしまいます。またメールや電話での受付をしていないので、店舗に足を運ぶ必要があります。

 

休会費は1ヶ月に付き1,000円となります。

 

休会について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にして下さい。

 

 

スポンサーリンク

エニタイムフィットネスとジョイフィットを比較してみた

 

 

ジョイフィット、どっちがオススメ?

 

24時間ジムで有名なジムといえば「ジョイフィット(JOY FIT)」になります。全国で300店舗以上展開していて、エニタイムの次に勢いがあるジムです。

 

自宅近くに両方のジムがある場合、どちらに入会するか迷いますよね?そんな方に向けて、比較表を作成しました。

 

エニタイムフィットネス比較ジョイフィット
7,000円前後料金7,000~8,000円
700店舗以上店舗数300店舗以上
24時間365日営業営業時間店舗で異なる(24時間店舗有)
セキュリティキージムの出入り会員証
マシンの充実
サポート100日間チャレンジプログラム
女性専用エリア○(一部店舗)
スタッフの質
wifi
シャワー室
むき出しロッカーロッカーカギ付きロッカー
△(見学のみ)見学・体験
退会したい月の10日まで退会の締日前月の15日まで
休会制度
○(一部店舗)日焼けマシーン○(一部店舗)
高校生無料

 

上記の表で色付けした箇所は、優れている部分になります。総合的に評価すると、エニタイムフィットネスの方がJOY FITより「利用しやすさ・満足度」は高いです。

 

エニタイムフィットネスが向いている人

 

anytimefitnessが向いている人は、下記の方になります。

 

  • 帰省や旅行先でもジムを利用したい人
  • ある程度のトレーニング知識がある人
  • 休会制度を利用する可能性がある人

 

エニタイムフィットネスの魅力はなんと言っても店舗数の多さです。全国700店舗あり、全国どの店舗も利用できるので、帰省したときや旅行先でもジムがあればトレーニングできます。

 

またマシンの種類や台数が充実しているので、本格的なトレーニングしたい方にオススメのジムになります。

 

一方、スタッフの人数を抑えて店舗を運営していてマシンの使い方や食事の指導などのサポートの部分は弱いので、ジムの利用経験がまったく無い方は最初は戸惑うことが多いかもしれません。ある程度知識がある人向けのジムといえるでしょう。

 

ジョイフィットが向いてる人

 

JOY FITが向いている人は、下記の方になります。

 

  • ジムに通うのが初めてで、マシンの使い方が分からない人
  • 知識を付けながらトレーニングしたい人
  • 女性専用のトレーニングエリアが欲しい方
  • セキュリティが気になる人

 

ジョイフィットは店舗見学や体験、無料で100日間チャレンジプログラムを実施しているので、初めてジムに通う方やスタッフに教えてもらいながらトレーニングしたい方にオススメのジムになります。一部店舗になりますが、女性専用のジムエリアがあるところも◎。またロッカーは鍵付きタイプなのでセキュリティが気になる人は安心してジムが利用できます。

 

休会の制度がないのが残念なところです。休会制度がないので、仕事や家庭の事情でジムに行けない場合でも月額費を払い続ける必要があります。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ここまで、anytimefitnessの特徴や評判・口コミ、入会や退会の方法についてくわしくご紹介してきました。本記事をまとめると、下記になります。

 

  • 24時間365日利用できるところが一番の魅力
  • 全国で700店舗以上展開。全国どの店舗も利用可能
  • 設備が充実。初心者から上級者まで、全員が満足できる設備
  • WiFi完備。好きな音楽や動画を見ながらトレーニングできる
  • スッタフがいない時間帯あり。とはいえセキュリティは万全
  • 利用者の評判・口コミは良い(満足度が高い)
  • 月額費のクレジットカード払いは不可

 

本記事が入会を考えている方の参考になればうれしいです。24時間ジムのジョイフィットやファストジム24、ワールドプラスジムが近くにある場合、それぞれの良いところを比較して検討ください!それぞれのジムの評判については、下記の記事を参考にして下さい。

 

 

 

スポンサーリンク
エニタイムフィットネスジム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
anytime筋トレ life
タイトルとURLをコピーしました