【完全ガイド】エニタイムフィットネスの料金や設備を徹底的に解説

【完全ガイド】エニタイムフィットネスの料金や設備を徹底的に解説 エニタイムフィットネス

どーも、こんにちは。ともです。

 

最近いろんな所でエニタイムの新店舗が出店してますね。

 

自宅近くにエニタイムができて「どんなジムなのかな?」と気になっている人も多いのではないでしょうか?

 

本記事ではエニタイムフィットネスの料金や特徴について、写真付きでできる限り詳しくご紹介していきます。

 

本記事は、下記のような方にオススメです。

 

・エニタイムフィットネスの特徴を知りたい方

・エニタイムフィットネスの料金体系を知りたい方

・エニタイムフィットネスの設備やマシンについて知りたい方

 

スポンサーリンク

エニタイムフィットネスの特徴

 

24時間ジム「エニタイムフィットネス」の特徴について、見ていきましょう。

 

365日、24時間利用可能

 

365日、24時間利用可能

 

365日、24時間利用可能です。

 

コンビニのジム版みたいなもので、自分の好きな時間に行ってトレーニングすることができます。

 

ぼくが数あるジムの中でエニタイムを選んだ理由がこれでした。

 

ちなみにTwitterでアンケートを取ったところ、みなさん同じ理由でした。

 

 

ジムの退会理由で多いのが「仕事が忙しくなって通えなくなっった」「自分が行ける時間はジムが閉まっている」ですが、エニタイムフィットネスは自分の好きな時間に行けるのでジムに通えるかどうか心配な方にオススメのジムです。

 

日本で店舗数No1

 

日本で店舗数No1のジム

 

国内の店舗数は2020年1月時点で700店舗を突破しました。

 

出店ラッシュが続いているので、まだまだ拡大していきそうです。

 

全国どの店舗でも利用可能

 

全国どの店舗でも利用可能

 

全国どの店舗でも利用できます。

 

いや、間違えてますね。世界27カ国、地域4,500以上の店舗を利用できます。

 

旅行や出張先でもエニタイムがあればトレーニングできます。

 

入退館がラク

 

エニタイムフィットネスのキーシステム

 

入館する時は、上記の写真のようにキーシステムを使います。

 

退館は、ただ出るだけで終了です。

 

他のジムでは受付で待たされることがありますが、エニタイムはストレスは0です。

 

wifi完備

 

全店wifi完備なので、自分の好きな音楽や動画を見ながらトレーニングできます。

 

エニタイムのwifiの接続方法については、下記の記事を参考にして下さい。

 

 

土足で利用可能

 

室内用シューズに履き替える必要がありません。

 

ジムの持ち物が増えないのが助かります。

 

早朝や深夜はスタッフがいない

 

エニタイムフィットネスのスタッフアワー

 

ぼくが通っている店舗スタッフの滞在時間です。

 

上記以外の時間帯は「ノースタッフアワー」といって、スタッフ0になります。

 

高校生は無料

 

エニタイムフィットネス高校生無料

 

15歳以上18歳未満で親がエニタイムメンバーであれば、無料で利用することができます。

 

『親子揃ってジムでトレーニング』

 

エニタイムはそれを可能にしてくれます。

 

パーソナルトレーニングも可能

 

エニタイムフィットネスのパーソナルトレーニング

 

店舗は限られますが、パーソナルトレーニングを受けることができます。

 

他と比べると、リーズナブルな料金設定かなと思います。

 

スポンサーリンク

エニタイムフィットネスの料金

 

 

特徴はなんとなく分かったかな。
気になる料金を教えて

 

ぼくが住んでいる東京大田区エリア店舗のエニタイムの月会費は、下記になります。

 

店舗 月額料金(税抜)
池上店 6,980円
梅屋敷店 6,800円
大岡山店 7,980円
大鳥居店 6,980円
大森駅前店 7,480円
大森町店 6,800円
御嶽山店 6,980円
蒲田店 6,980円
久が原店 6,980円
下丸子店 6,980円
雑色水門通り店 6,980円
西蒲田店 6,980円
西馬込店 7,200円
平和島店 6,980円
矢口店 6,800円

 

上記のように店舗によって料金のバラツキがあります。

 

駅前の店舗や人口が多いエリアの店舗は、若干料金が高くなっています。

 

入会キャンペーン

 

店舗によって内容は異なりますが、下記の入会キャンペーンを実施しています。

 

  • 初月の月会費キャンペーン:0円~半額
  • キー手数料5,000円が0円
  • 水素水が1~2ヶ月無料
  • 他のジムから乗り換えキャンペーン(初月のみ▲〇〇円)

 

携帯会社顔負け。とにかくいろんなキャンペーンを実施しています。

 

どの店舗もキャンペーンを実施しているので、エニタイムHPから一度チェックしてみましょう。

 

利用頻度によって料金が変わるシステム

 

月間で最も通った店舗の料金が適用されるシステムになっています。

 

例を上げると下記になります。

 

  • 入会したA店舗:月額6,000円。1ヶ月の利用回数は4回
  • B店舗:月額7,000円。1ヶ月の利用回数は6回

 

上記の場合、B店舗の利用回数の方が多いので月額料金は7,000円になります。

 

料金変更が発生する場合、エニタイムから郵送で通知が届きます。文書が届いた時点で所属店舗は自動的に変更になります。この制度は「移籍」と呼ばれ、移籍後はその店舗の料金を支払う形になります。

 

支払い

 

入会時に銀行の口座情報を登録し、毎月27日に当月分の月額費が口座振替にて引き落としになります。

 

スポンサーリンク

入会、退会、休会について

 

それぞれの手順について解説していきます。

 

入会について

 

店舗もしくはweb上で入会の手続きできます。

 

入会手続きで必要なものは、下記になります。

 

  • 運転免許証などの本人確認書類
  • 金融機関のキャッシュカード

 

ちなみに、web入会は店頭での手続き時間を大幅に短縮できるのでオススメです。

 

退会について

 

所属店舗にて退会の手続きが必要になります。

 

退会手続きの締切日は「毎月10日」で、当月の月末での退会となります。

 

休会について

 

なにかの事情でしばらく通えなくなった場合、休会することができます。

 

休会手続きの締切日は「毎月10日」。

 

休会開始を希望する月の前月10日までの手続きで、休会開始希望月の1日より1ヶ月単位で休会できます。

 

スポンサーリンク

エニタイムフィットネスの設備を紹介

 

写真付きで設備を紹介していきます。

 

更衣室

 

エニタイムフィットネスの更衣室

 

男女兼用の更衣室になります。2~3部屋あります。

 

ロッカー

 

 

 

エニタイムには鍵付きのロッカーはありません。

 

「盗難被害に合わない?」と思うかもですが、セキュリティカメラが付いているので心配ありません。

 

ちなみに3年間利用していて盗難被害の注意書きを見たことは一度もありません。

 

トイレ

 

エニタイムフィットネスのトイレ

 

スタッフの方が毎日掃除をしているので、いつも清潔に保たれています。

 

シャワー室完備 

 

エニタイムフィットネスのシャワー室

 

シャワー室が完備されています。

 

ほとんどの店舗で男性用と女性用で分かれています。

 

湯船に浸かれるお風呂やプールはありません。

 

エニタイムのシャワー室について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にして下さい。

 

 

自動販売機

 

エニタイムフィットネスの自動販売機

 

ドリンクを忘れてもジム内に自販機があるので大丈夫です。

 

日焼けマシーン

 

エニタイムフィットネスの日焼けマシーン

 

すべての店舗ではないですが、タンニングマシーンがあります。

 

500円で7~8分利用できます。

 

何度か利用したことがありますが、専門店に比べると威力はすこし弱めです。

 

待合室

 

エニタイムフィットネスの待合室

 

ここでトレーニング雑誌を読むことができます。

 

セキュリティ

 

エニタイムフィットネスの警備システム

 

ノースタッフアワーのときに急に体調が悪くなったりトラブルが発生した場合、アルソックのセキュリティーシステムが利用できます。

 

テレビが数台設置

 

エニタイムフィットネスのテレビ

 

テレビが数台あるので、トレーニングの合間に視聴できます。

 

スポンサーリンク

エニタイムフィットネスのマシンを紹介

 

続いてマシンを紹介していきます。

 

ランニングマシン

 

エニタイムフィットネスのランニングマシーン

 

インターネットに接続されているので、youtubeなど動画を見ながらランニングできます。

 

詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にして下さい。

 

 

マシン

 

エニタイムフィットネスのマシン

 

エニタイムフィットネスのマシン2

 

上記は一部ですが、マシンは充実しています。

 

使い方が分からない、、、という人のために、下記のような説明書が置かれている店舗もあります。

 

マシンの説明証

 

マシンを使用したら、次利用する人のために汗を拭き取るのがマナーです。

 

下記の写真のようにクリーナーが置かれているので、タオルで綺麗に拭き取りましょう。

 

マシン拭きタオル

 

フリーウエイトエリア

 

エニタイムフィットネスのフリーウエイト1

 

エニタイムフィットネスのフリーウエイト2

 

本格的にトレーニングしたいという人も満足できる設備が揃っています。

 

アタッチメントも充実しています。

 

アタッチメント

 

腰を保護するためのベルトもサイズ別に用意されています。

 

ベルトやバーベルカバー

 

こういったトレーニング用品を買い揃えなくもいいのはうれしいですね。

 

スポンサーリンク

混雑状況

 

ぼくの通っている店舗の混雑状況は下記になります。

 

エニタイムフィットネスの混雑状況

 

空いている時間帯に利用したい人は、朝~夕方の時間帯がオススメです。

 

曜日については日曜日が最も利用客の多い曜日となります。

 

仕事終わりの金曜日も意外と空いているので、ストレスなくトレーニングしたい人は金曜日が狙い目です。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

エニタイムフィットネスの魅力について、多くの人が「365日24時間利用」を挙げています。

 

料金は店舗よって月額費が異なるため、こちらのHPで確認しましょう。

 

どの店舗も入会キャンペーンを実施しているので、他のジムよりリーズナブルに入会することができます。

 

設備やマシンの写真を見て、エニタイムフィットネスのイメージができたらうれしいです。

 

ではでは

エニタイムフィットネス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
soilwork0106をフォローする
anytime筋トレ life
タイトルとURLをコピーしました