エニタイムフィットネスのキャンペーンを活用して月額費を抑える方法

エニタイムフィットネスのキャンペーンを活用して月額費を抑える方法エニタイムフィットネス
スポンサーリンク

どーも、こんにちは。ともです。

 

本記事はエニタイムフィットネスの入会を検討している方に、キャンペーンをうまく活用して月額費をできる限り安く抑える方法をご紹介していきます。

 

本記事を読めば、下記のことが分かります。

 

・入会時のキャンペーンを活用して月額費を安くする方法

・入会後のキャンペーンを活用して料金を安くする方法

・入会時の注意点

 

スポンサーリンク

入会時キャンペーンを利用して料金を安くする方法

 

エニタイムフィットネスは、ほぼすべての店舗で毎月キャンペーンを実施しています。

 

キャンペーンの内容は店舗によって異なります。

 

また、同じ店舗でも月によってキャンペーンの内容が変わります。

 

入会キャンペーンの内容

 

入会キャンペーンの例を上げると、下記になります。

 

  • 初月会費が0円
  • セキュリティー発行手数料5,000円が0円
  • 水素水サーバー1~2ヶ月無料。専用ボトルプレゼント
  • のりかえ割キャンペーン (他社ジムからののりかえで割引)

 

上記はキャンペーンの一部になります。

 

『初月会費0円』や『セキュリティー発行手数料0円』はかなりお得なキャンペーンです。

 

店舗によって、また月によってキャンペーンの内容は変わるので、入会を検討している店舗が今どんなキャンペーンをやっているのか?エニタイムHPでチェックしてみましょう。

 

キャンペーン適用時の月額費を比較してみた

 

色々キャンペーンをやっているのは分かったよ。
具体的にどれくらい料金が違うのか?
比較したいな、、、

 

ぼくが住んでいる東京都大田区の店舗で比較してみましょう。

 

下記は2020年2月時点での内容になります。

 

店舗平和島店大森駅前店雑色水門通り店西蒲田店
基本月額費6,980円7,480円6,980円6,980円
セキュリティー発行手数料2,200円5,000円5,000円5,000円
1ヶ月目の会費6,980円6,980円6,980円6,980円
2ヶ月目の会費2,222円980円0円1,818円
合計18,382円20,440円18,960円20,778円

 

入会の際、会費2ヶ月分とセキュリティー発行発行手数料の支払いが発生します。

 

その金額を比較すると、店舗によって約2,000円の違いがあります。

 

少しでも安くエニタイムに入会するには、上記のように料金を比較することをオススメします。

 

スポンサーリンク

入会後キャンペーンを利用して料金を安くする方法

 

エニタイムフィットネスは、入会後もキャンペーンを実施しています。

 

このキャンペーンを活用することで、入会後も月額費を安くすることができます。

 

キャンペーンその①紹介キャンペーン

 

友達や家族を紹介すると月額費が安くなります。

 

具体的には「新規加入者と紹介者、双方の月額費が半額」といったキャンペーンになります。

 

地域合同キャンペーンなど実施している店舗もあるので、店頭やWEB上で確認してみましょう。

 

キャンペーンその②店舗独自のキャンペーン

 

ぼくの通っている店舗では、下記のようなスタンプラリーキャンペーンを実施しています。

 

エニタイムフィットネスのスタンプラリーカード1

 

エニタイムフィットネスはスタンプラリーカード2

 

スタンプを貯めると下記のような特典がもらえます。

 

エニタイムのスタンプラリーキャンペーン商品

 

店舗独自のキャンペーンは入口付近に告知されているので確認してみましょう。

 

スポンサーリンク

入会時の注意事項

 

これまで月額費を安く抑える方法をご紹介してきました。

 

どの店舗に入会するか目星が付いてきたところで、入会時の注意点をお伝えしていきます。

 

書類の手続きは実店舗で行う

 

入会の手続きは実店舗で行う必要があります。

 

「月額費が安いから」という理由で店舗を選んでしまうと、入会の手続きにその店舗まで足を運ばなければいけません。

 

自宅から比較的近い店舗で、かつ月額費を安く抑えられる店舗を選ぶのがいいかなと思います。

 

事前にWEB上で入会の申し込みをすると、実店舗での手続きが大幅に短縮できます。

 

待たされるの時間をできる限り少なくしたい人はWEB入会をオススメします。

 

他店を利用できるのは入会してから31日後

 

エニタイムフィットネスは、全国どの店舗でも利用できます。

 

ただ1つ注意点があり、他店を利用できるのは入会してから31日後になります。

 

ぼくは一度、そうは言うものの他の店舗も利用できるだろうと試したことがありますが、入り口でブザーが鳴り、入れなかった経験をしています。

 

入会してから31日間、無理なく通える店舗を選びましょう。

 

税抜価格に注意

 

WEB上の月額費は税抜価格になります。

 

  • WEB上の月額費:6,980円(税抜)
  • 支払価格:7,678円

 

思っていたより高いなと感じるかもしれません。

 

上記のように10%の消費税がかかるので注意しましょう。

 

月間に最も通った店舗の月額費が適用される

 

こちらは入会後の注意点になります。

 

月額費は1ヶ月の間に最も通った店舗の月額費が適用されるシステムになっています。

 

2店舗掛け持ちを考えている人は、この点注意が必要です。

 

ちなみに、月額費が変更になる場合は郵送で通知が届きます。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

エニタイムフィットネスのキャンペーンを利用して月額費を抑える方法は下記になります。

 

  • 入会時のキャンペーンを利用する(初月無料、セキュリティー発行費無料など)
  • 入会後のキャンペーンを利用する(紹介キャンペーン、店舗独自キャンペーン)

 

本記事が、エニタイムの料金をできる限り安くしたい人の参考になればうれしいです。

 

エニタイムフィットネスについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にして下さい。

 

 

 

スポンサーリンク
エニタイムフィットネス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
anytime筋トレ life
タイトルとURLをコピーしました