【公式回答有】マイプロテインが安い理由を食品メーカーが考えてみた

マイプロテイン

 

どーも、こんにちは。ともです。

 

マイプロテインの商品ってどうしてあんなに安いの?海外や日本のメーカーと比べると値段が全然違うから、安さの理由を知りたいな、、、

 

本記事は、上記の疑問を抱えている人に向けての記事になります。

 

例えば、マイプロテインのプロテインの価格はセール時で、1kg1,600円前後。

 

明治のザバスのプロテインの価格は、1kg4,000円前後。

 

日本のメーカーと比べると、価格差はなんと約2.5倍あります。

 

また海外の有名なメーカーと比較しても、約2倍の価格差があります。

 

マイプロテインで購入を検討している人にとって、上記の価格の違いは疑問や不安を感じますよね?

 

わたしはマイプロテインに直接、安い理由を聞くのがもっとも正確だと思い、問い合わせフォームから安い理由を聞いてみました。

 

そのやり取りの内容が、下記の写真です。

 

黄色の枠が質問の内容、ピンクの線がマイプロテインからの回答になります。

 

マイプロテイン公式回答

 

つまり、安い理由は「企業秘密です」ということ。

 

ダメもとで聞いてみましたが、予想通りの回答でした。

 

今回、マイプロテインから安い理由を聞出すことはできませんでした。

 

とはいえ、どうしても安い理由が気になる、、、

 

そこで今回、食品メーカーに勤めているわたしが「マイプロテインが安い理由」について、製造メーカーの立場からその理由を考えてみました。

マイプロテインが安い理由を食品メーカーが考えてみた

 

マイプロテインが安い理由を食品メーカーが考えてみた

 

考えられる安い理由は、4つあります。

 

順に見ていきましょう。

 

自社で開発・生産・検査を実施

 

マイプロテインの商品は、自社で開発・生産・検査を実施しています。

 

配送以外の業務をすべて自社で行うことで、余分なコストをおさえることができます。

 

たとえば、生産。

 

生産する設備機器を導入すると非常にコストがかかるため、OEMといって生産設備を持っている会社に外注する方法があります。

 

依頼する会社は、設備投資費用がかからないので商品開発のハードルが低くなります。

 

とはいえ、他社に委託している分、製造コストが高くなります。

 

マイプロテインの商品は「開発・生産・検査」すべて自社で行っているため、上記の余分なコストがかかりません。

 

検査も自社の厳しい基準で行っていて、第3社検査機関から「高品質」のランクを獲得しています。

 

品質について詳しく知りたい方は、こちらを参考にして下さい。

マイプロテインの品質ってどうなの?3年間、実際に利用した感想

 

最初の設備投資のコストはかかるけど、規模が大きければ自社で生産した方がメリットが高いんだね。ヨーロッパ売上No1の企業だからできることだね!

 

大量仕入れ、大量販売

 

商品の価格に大きく影響するのが「原料」

 

マイプロテインはヨーロッパ売上No1企業という事もあり、原料の大量仕入れを交換条件に、他社よりも圧倒的に安く原料を仕入れていると思われます。

 

上記は、『規模の経済』というものです。

 

1つ例をあげてみましょう。たとえばAという商品。

 

個人商店の仕入れ価格と全国展開の企業の仕入れ価格、どちらが安いかといえば、当たり前の話ですが全国展開の企業です。

 

Aの商品を供給する会社は、自社商品を大量に購入してくれる企業に対して価格のメリットを出します。

 

これが『規模の経済』です。

 

マイプロテインはヨーロッパ売上No1のブランドメーカーなので、大量仕入れ・大量販売をすることで、他社よりも圧倒的に安く原料を仕入れていると考えられます。

 

広告費の削減

 

マイプロテインは、TwitterやインスタなどのWEB広告を主に活用してます。

 

WEB広告もコストはかかりますが、CMや雑誌などのマス広告に比べると広告費は非常に低いです。

 

明治ザバスは、大谷翔平選手や俳優の新田真剣佑さんを起用したCMを放送しています。

 

その広告費用はどこから捻出されているかというと、「商品」です。

 

製造原価以外にCMなどの広告費が商品の原価に組み込まれているので、その分販売価格が高くなります。

 

広告は、メーカーの戦略の1つです。

 

マイプロテインはWEB広告に特化することで広告費をおさえ、とにかく魅力的な価格を実現されることが企業方針になっていると考えられます。

 

WEB広告はCMや雑誌と比べてターゲットの幅は狭いけど、SNSを活用することで拡散されたり、狙ったユーザーに伝わりやすいのかもしれないね

 

販売店を置かない

 

日本でマイプロテインの商品を置いている販売店はありません。

 

マイプロテインの商品は、公式HPで購入するか、楽天市場経由もしくはメルカリで購入するしか方法はありません。

 

ちなみに楽天市場やメルカリで購入する場合、セール等はないので公式HPより価格は高くなります。

 

商品の価格というものは、流通がシンプルであればあるほどコストはかかりません。

 

例えば下記です。

 

  • メーカー → 消費者
  • メーカー → 仕入れ業者 → 販売店 → 消費者

 

前者がマイプロテイン、後者が他のサプリメーカーになります。

 

上記の図式を見ると一目瞭然ですが、業者や販売店を経由するとそれぞれの会社の利益が商品に上乗せされます。

 

これが価格が上がるしくみです。

 

マイプロテインの商品は、メーカーから直接発送されるから余分なコストがかからないしくみになっているんだね!!

 

 

まとめ:マイプロテインの商品が安い理由について

 

マイプロテインに直接、安さの理由を直接聞いてみましたが明確な回答は得られませんでした。

 

企業戦略に関する話なので、当然かもです。

 

とはいえ、推測になりますが食品メーカーに勤めるわたしが考えるマイプロテインの安さの理由は、下記の4つです。

 

  • 自社で開発・生産・検査を実施
  • 大量仕入れ、大量販売
  • 広告費の削減
  • 販売店を置かない

 

上記のような企業戦略のもと、マイプロテインは圧倒的な安さを実現していると考えられます。

 

マイプロテインの愛用者は世界70ヶ国以上で、利用者は600万人を超えています。

 

高品質なのに、圧倒的に安いマイプロテイン。

 

ちなみにHPの情報によると、マイプロテインのプロテインは『8秒に1袋』売れていて、リピート率は80%を超えているみたいです。

 

 

消費者第一主義のマイプロテイン。

 

本記事が、マイプロテインの購入を検討されている方の安い理由の疑問が解消されればうれしいです。

 

下記のHPでは毎日何かしらのセールが実施されているので、一度覗くだけでも価値はあると思います。

 

高品質、最高に美味しいプロテイン【Myprotein】

 

ではでは。

マイプロテイン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
soilwork0106をフォローする
anytime筋トレ life
タイトルとURLをコピーしました