【知らないと損する!?】エニタイムフィットネスの移籍ルールについて

【知らないと損する!?】エニタイムフィットネスの移籍ルールについてエニタイムフィットネス

 

エニタイムフィットネスって移籍ルールがあるの?どんな内容なのか詳しく教えて欲しいな

 

エニタイムフィットネスには移籍ルールという独自のルールが存在します。

 

所属店舗が変わるだけなら特に問題ないですが、場合によっては月額費が高くなることがあります。

 

『月額費が6,000円だと思っていたのに、知らない間に7,000円になっていた!?』

 

こんなことは避けたいよね。月額費で損をしないためにも、エニタイムフィットネスの移籍ルールについてしっかりおさえておこうね!

 

スポンサーリンク

エニタイムフィットネスの移籍ルールの利用規約

 

エニタイムフィットネスの解約の利用規約を公開

 

まずはじめに、エニタイムフィットネスの利用規約はこちらになります。

 

エニタイム利用規約

 

 

上記の資料はエニタイムに入会する際、スタッフから渡されるものです。ぼくらはこの内容に合意して入会しています。

 

ちなみに、「移籍」のルールは利用規約の第12条に書かれています

 

確かに利用規約はもらったかもだけど、細かくて覚えていないし、そもそも書類はどこかに行ってしまったよ、、、

 

 

ぼくもそうでしたが、手元にない人がほとんどだと思うので、第12条の内容についてご紹介していきます。

 

「利用規約第12条」

 

1.   会員は、第3条第3項に定められたとおり、全ての「エニタイム・フィットネス・センター」を利用できますが、60日にわたって調査した結果、会員が所属加盟店より、他の加盟店を主に利用していると所定の基準に基づき判断された場合は、文書での通知をもって会員の移籍が行われます。移籍の際には、移籍後の加盟店において定められた会費等をお支払いいただきます。その会費等は、移籍前の加盟店において定められている会費等より高額となる場合もあります。

 

2.   移籍にあたり、会員が移籍前の加盟店において契約していたロッカー等の付随契約については、移籍後の加盟店においては引き継がれません。

 

 

これを見ても、ちょっとよく分からない、、、

 

利用規約って、文字が多すぎて分かりにくいよね。次の章で具体例を上げて解説していくね!

 

 

 

スポンサーリンク

エニタイムフィットネスの所属店舗の移籍ルールについて

 

エニタイムフィットネスの移籍ルールを公開

 

2店舗以上かけ持ちで利用している場合、所属店舗より他の店舗を主に利用していると下記のルールが適用され、利用頻度が高い店舗へ自動移籍になります。

 

 

移籍ルール1

 

  • 30日間に4回以上の利用がある
  • そのうちホームクラブ(在籍店舗)以外の同一クラブにおける利用が51%以上ある
  • 30日×30日で連続して上記2項目を満たす

 

各30日間において、1回でも上記条件が満たされていない場合はリセットされます。ちょっとイメージしづらいかもなので、具体例を挙げて見ていきましょう。

 

店舗を掛け持ちしている場合

 

  1. 2店舗を掛け持ち
  2. 所属はA店舗(月額費6,000円)。かけ持ち店舗はB店舗(月額費7,000円)
  3. 週2回の利用頻度

 

1ヶ月に9回、ジムを利用したケースです。

 

  • A店舗(月額費6,000円)を4回利用 【利用率44%】
  • B店舗(月額費7,000円)を5回利用 【利用率56%】
  • 2ヶ月、この状態を継続

 

上記の場合、移籍ルール1に該当するため、所属店舗はA店舗からB店舗に変更になります。所属店舗の変更にともない、月額費は6,000円から7,000円に変更になります。所属店舗が変更になっても月額費が安くなるなら特に問題はないですが、高くなる場合があるので利用回数には注意が必要です。上記のようなケースは、自宅近くの店舗と会社近くの店舗をかけ持ちで利用している人に多く該当すると思います。

 

ぼくは店舗が自動移籍にならないよう、スマホのカレンダーに『いつ、どの店舗を利用したか』記録しています。記録を残すことで今の利用回数が確認でき、月末までに調整することができるので、店舗を掛け持ちで利用している方は参考にして下さい。

 

移籍ルール2

 

  • 30日間に1回以上利用がある
  • 30日×30日×30日で上記利用が連続し、そのすべてがホームクラブ以外の同一クラブである

 

こちらはジムにほとんど行かない人が当てはまるケースになります。1ヶ月の利用が1~3回の状態が3ヶ月続くと、所属店舗が変更になります。

 

スポンサーリンク

入会してから30日目まで、所属店舗以外は利用できない

 

エニタイムフィットネスの所属店舗以外を利用できるのは、入会から31日経過してからになります。

 

ぼくは「そんなことはないだろう」と、31日経過していない状態で所属以外の店舗を利用しようとしたことがあります。所属店舗以外の入り口でセキュリティキーをかざしたところ、「ピーッ」とエラー音が鳴り響きました。当然ですね、、、

 

エニタイムフィットネスの入退館はシステムで管理されているので、ルールから外れる行為は受け付けられません。所属店舗以外のクラブを利用する場合は、31日経過してから利用しましょう。

 

スポンサーリンク

所属店舗の移籍が発生した場合、文書で通知が届く

 

店舗の移籍が発生した場合、文書で通知が届く

 

移籍が発生した場合、自宅に文書で通知が届きます。自動移籍とはいえど自宅に通知が届くので、自分の知らない間に勝手に所属店舗が変わっていたということは発生しません。

 

ちなみに移籍に関して店舗スタッフに問い合わせても明確な回答をもらうことができません。スタッフの話によると、移籍についての管理はエニタイムフィットネス本部で行っているとのことです。HPの問い合わせフォームから本部に連絡できますが、時間や手間がかかることを考えると自分で利用回数の管理をした方が便利です。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

エニタイムフィットネスの移籍ルールは下記になります。

 

「ルール1」

  • 30日間に4回以上の利用がある
  • そのうちホームクラブ(在籍店舗)以外の同一クラブにおける利用が51%以上ある
  • 30日×30日で連続して上記2項目を満たす

「ルール2」

  • 30日間に1回以上利用がある
  • 30日×30日×30日で上記利用が連続し、そのすべてがホームクラブ以外の同一クラブである

 

所属店舗が変わって月額費が安くなれば問題ないですが、月額費が高くなる場合があります。カレンダーに記録するなど、利用回数に注意しましょう。

 

休会や退会の制度があります。詳しく知りたい方は、下記の記事を参考ください。

 

 

 

スポンサーリンク
エニタイムフィットネス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
とれらぼ
タイトルとURLをコピーしました