【失敗しない!】はじめてのスポーツジムの服装選び!注意点やおすすめコーデを紹介

【失敗しない!】はじめてのスポーツジムの服装選び!注意点やおすすめコーデを紹介フィットネス用品

 

スポーツジムに行く時の服装ってどんなのがいいのかな?

 

自分の格好が浮かないかどうか? 気になるよね。ここでは、快適に運動できる服装や、オシャレに着こなすコーディネイトを紹介していくね

 

  • 本記事の内容
  • スポーツジムに行く前に揃える服装
  • 服装を選ぶ時の注意点
  • 男性(メンズ)のオススメの服装
  • 女性(レディース)のオススメの服装

 

スポーツジムに初めて入会する人は、「何を着ていけばいいんだろう…」とウェア選びに迷いますよね。

 

快適に運動するため、また周りから浮かないようにするためには、スポーツジムに着ていく服装選びはとても大切です。

 

本記事ではまずはじめに、スポーツジムに行く前に揃えたい服装や、選ぶ時の注意点についてご紹介していきます。

 

その後に、男性と女性それぞれのおすすめコーディネイトをご紹介していきたいと思います。

 

これを読めば、自分に合った
スポーツジムの服装選びができるようになるよ

 

 

気になるところまで移動

 

スポンサーリンク

スポーツジムの服装で揃える物

 

スポーツジムの服装で揃える物

 

スポーツジムに行く前に揃えたい服装は、下記の5つになります。

 

 

トップス

 

ジムで運動する時のトップスは、動きやすくて、汗をかいても快適にからだが動かせるTシャツが良いです。

 

ジムの中は空調が管理されていて、半袖でも快適に運動できるからです。冬場でも多くの人が長袖ではなく、Tシャツを着ています。

 

屋内の運動だから、体を動かしていると自然と汗が出てくるからね

 

スウェットを着ている人をときどき見かけることがありますが、通気性が悪く、汗じみも目立つため、ジムのトップスはTシャツにしたいところですね。

 

ボトムス

 

ボトムスはトップスと同様、運動する時の快適さに大きく関係してきます。

 

動きやすさを重視して、男性ならハーフパンツ、女性ならショートパンツにレギンスを組合せている人が多いですね。

 

足を見せるのに抵抗がある人や、ボディラインが気になる人は、七~八分丈のスポーツタイプのジャージを履いています。

 

運動しやすい、軽量タイプのボトムスが人気だね

 

アンダーウェア・インナー

 

アンダーウェアは、体にフィットするスパッツタイプの上着やタイツのことです。

 

アンダーウェアは汗をすぐ吸収してくれて速乾性があるので、たとえばTシャツの下に着ると生地が体にまとわり付くことなく、快適に運動できます

 

 

女性の場合、インナーはスポーツタイプを着用している人が多いですね。なぜなら、肌を優しく保護してあげる必要があるからです。インナーを着ることで、トップスに汗じみを作らない目的もあります。

 

インナーのことは忘れがち。自分の体を優しく守ってあげようね

 

 

シューズ

 

ほとんどのスポーツジムでは、室内用のシューズに履き替える必要があります。

 

運動は足に力を入れて動く動作がほとんどなので、クッション性のあるシューズを選びましょう。

 

スニーカーじゃだめなの?

だめではないけど、スポーツ用シューズの方がケガすることがないし、自分の持っている力が最大限出せるんだ

 

詳しく知りたい方は、こちらを参考にしてください。

 

 

ソックス

 

ソックスは「普段使っている物を使えば大丈夫かな?」と考える人が多いです。

 

ですが、スポーツ用ソックスは通常のくつ下と比べて生地が厚く、汗を吸収してくれる作りになっているので、快適にからだを動かすことができます。

 

スポーツソックスは、熱をためないからストレスがないよ

 

スポンサーリンク

スポーツジムの服装を選ぶ時の注意点

 

スポーツジムの服装を選ぶ時の注意点

 

スポーツジムに着ていく服装選びで、注意したいポイントがあります。

 

 

素材選び

 

ジムの服装選びでもっとも大切なことは、素材選びです。

 

Tシャツの生地によく使われる定番の綿(コットン)は、運動でかいた汗をすぐに吸収し速乾性がないので、体にまとわりついて動きずらいデメリットがあります。また汗じみができるので、見た目もよくありません。

 

スポーツジムのウェアは軽く、汗をかいてもすぐ乾く速乾性があって、サラッと着心地がよいタイプを選びましょう。

 

服が体にまとわり付くと、ストレスになるよ。
通気性・速乾性の良いウェアを選ぼうね

 

 

自分に合った組合せやサイズ選び

 

タイトな服が好きな人もいれば、ゆったり目のサイズ感が好きな人もいますよね。自分が快適に、そして運動に集中できる組合せやサイズを選びましょう。

 

自分の体に合ったウェアを選ばないと、運動している時にマシンにひっかけたり、服のことが気になって運動に集中できなくなるからです。

 

ボディラインが気になるんだけど…

異性がいるジムだと気になるよね。
その場合、ゆったり目のサイズを着るといいよ

 

肌を見せるのに抵抗を感じる方は、こちらで紹介したアンダーウェアを着ることで肌を隠すことができ、また快適に運動できます。

 

室内は空調温度が調節されている

 

汗をあまりかかない人や、寒がりの人は「長袖じゃないと…」と思うかもしれませんが、ジムの室内は空調温度が管理されているので半袖で大丈夫です。

 

冬場は体があたたまるまで、すぐに脱げるジップタイプのジャケットを着ている人がいます。空調が管理された室内で運動していると汗をかくので、冬場でも中盤になるとほとんどの人が半袖で運動しています

 

上着はすぐに着たり脱いだりできる、ジップタイプが便利だよ

 

ユニクロやguなどでも大丈夫

 

最近ではユニクロやguなど、ファストファッションブランドもスポーツウェアを取り扱うようになりました。

 

スポーツウェア取り扱いブランド
  • ユニクロ
  • gu
  • H&M
  • GAP
  • しまむら
 

ユニクロやguで販売されていスポーツジムの服装は、軽くて汗がすぐ乾くタイプが多いです。

 

ただ、ジムで同じ服を来ている人に遭遇するケースがあること、ジムに通い始めていると「もっと快適に運動したい」「もっとオシャレなウェアがいいな」と買い替えたい気持ちが出てきます。その点は、覚えておきましょうね。

 

革靴やジーパンは禁止

 

スポーツジムでは、禁止されている服装があります。

 

禁止されている服装
  • 土足(24時間ジムはOKのところあり)
  • 革靴・サンダル・スパイクシューズ
  • ジーパン
  • 露出が多い服、不衛生な服

 

革靴やジーパンは、マシンやフロアを傷つける可能性があるので禁止となっています。

 

また周囲の人達が快適に利用できるよう、タンクトップなど露出が多い服や、においがする不衛生な服もNGとなっているジムがあります。

 

みんなが快適にジムを利用できるよう、服装に気配りすることも大切だね

 

スポンサーリンク

男性のおすすめスポーツジムの服装【メンズ版】

 

男性のおすすめスポーツジムの服装【メンズ版】

 

ここからは男性のオススメのコーディネイトをご紹介していきます。(女性のおすすめはこちら)

 

 

何を買えばいいか迷ったらコレ!

 

どんなウェアを揃えればいいか分からない人にオススメなのが、トップスからボトムスまですべてセットになっている商品です。

 

ジムで必要なウエアが一式で揃うところ、生地が速乾性タイプであることがこの商品の良いところです。

 

上下同じデザインなので統一があってオシャレで、1つずつウェアを買い揃えていくよりリーズナブルです。

 

これ一つで王道のコーディネイトができるよ

 

動きやすさ重視の人はコレ!

 

ジムで思いっきり運動して、汗をかきたい方におすすめのコーディネイトは、「Tシャツ+ハーフパンツ」の組み合わせです。

 

動きやすい恰好なので、運動に集中できます。

 

ときどきトップスにポロシャツを着ている人がいますが、ポロシャツの生地は硬く、ランニングなどの運動には向いていません。

 

Tシャツは汗をすぐに吸収して速乾性があるタイプ、ハーフパンツも速乾性があって、ひざに生地がかからないサイズを選ぶと良いでしょう。

 

汗で服が体にまとわり付くことがないから快適だよ

 

カッコよく決めたい人はコレ!

 

「周囲と差をつけたい」、「カッコよく見られれたい」人におすすめなのは、ナイキやアディダスのブランドでコーディネイトすることです。

 

ナイキやアディダスのスポーツウェアはデザインだけでなく、軽量・伸縮性・速乾性など機能性も優れています。

 

格好にこだわると運動のモチベーションが上がって、ジムに行くのが楽しくなります

 

ナイキは、メンズ人気No1ブランドだよ

 

 

スポンサーリンク

女性のおすすめスポーツ・ジムの服装【レディース版】

 

女性のおすすめスポーツ・ジムの服装【レディース版】

 

ここからは女性のオススメのコーディネイトをご紹介していきます。

 

 

何を買えばいいか迷ったらコレ!

 

スポーツジムに入会するのが初めてで、どんな服装を選べばよいか分からない方にオススメなのが、ップスからボトムスまですべてがセットで揃うタイプです。

 

トップスからボトムス、インナーまですべてが一式になっているので、1つずつウェアを選んで買う必要がありません

 

体があたたまるまで羽織るジャケットもセットになっているので、これ一式あれば年中利用できます。色はピンク・ブルー・グレーの3色から選べます。

 

可愛くてこの値段、迷ったらコレだね!

 

肌見せやボディラインが気になる人はこれ!

 

レギンスやハーフパンツを履きたいけど、足やおしりのラインが気になる方も多いですよね。

 

そんな方にオススメするのは、通気性や速乾性が優れているスポーツパンツになります。

 

ウエストがゴム&ひも仕様で自由に調節でき、ストレッチが効いた伸縮性の生地なので、下着のラインが見える心配もありません。

 

足首が締まっているタイプは、美脚効果もあるよ

 

 

オシャレに決めたい人はこれ!

 

「周りからオシャレに見られたい」、「人と同じ服装はしたくない」という方にオススメなのが、アディダスやリーボックなどのブランドのコーディネイトです。

 

アディダスなどのブランドは、ウェアが軽量に作られていて、通気性や機能性も優れています

 

ピンクやイエローなどのカラーは、地味になりがちなスポーツウェアを明るくしてくれて、可愛らしく着こなすことができます

 

ピンクやイエローのウェアを着ていると、ジムの中がパッと明るくなるね

 

 

またキャップなどの小物を使うと、オシャレさが一段と増して可愛くなります。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

スポーツジムの服装についてお伝えしてきました。

 

服装選びで大切なのは、素材や自分の体に合った組合せ・サイズ選びになります。

 

服装はジムに行くモチベーションを上げてくれるアイテムでもあるので、最初はすこしお金がかかりますが「自分がこれだ!」と思ったウエアを選ぶようにしましょう。

 

種類がありすぎて迷う方は、男性おすすめのコーディネイト女性おすすめを参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク
フィットネス用品
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
とれらぼ
タイトルとURLをコピーしました