【利用規約も公開】エニタイムフィットネスを退会(解約)する方法

【利用規約も公開】エニタイムフィットネスを退会(解約)する方法エニタイムフィットネス
スポンサーリンク

 

エニタイムフィットネスを退会・解約する方法が知りたい

 

本記事は上記の悩みを抱えている方に向けての記事になります。エニタイムフィットネスの退会に関する利用規約をまず公開し、それを読み解く形で解約の手順について詳しく解説していきます。

 

最初に退会・解約の基本ルールをお伝えすると下記になります。

 

  • 退会したい月の10日までに申請手続きが必要
  • 手続きは所属店舗で行う
  • 持ち物は不要
  • 再入会する場合、セキュリティキーの再利用は不可

 

上記が基本ルールとなります。がしかし、新型コロナウイルスのような緊急事態が発生した場合、特別ルールが適用される場合があります。特別ルールついては基本ルールをお伝えした後、ご紹介させていただきます。

 

それではまずエニタイムフィットネスの退会の利用規約についてご紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク

エニタイムフィットネスの退会の利用規約を公開

 

ジムに入会する際、エニタイムフィットネスの利用規約に合意してサインをします。利用規約の中の第11条に退会に関する内容が記載されています。その内容は下記になります。

 

第11条 【 退会 】 

1 会員が自己都合によりクラブを退会する場合は、自らまたは法律上の権限を確認できる代理人をして、所属クラブに来店し、
所定の退会届の記入による手続きを行った上で、月末をもって退会することができます。
電話、電子メール、ファックス等による申し出は受け付けられません。
2 退会手続は、退会を希望する月の10日までに行うものとし、その場合 当該月の末日をもって退会となります。
各月の11日以降に退会手続がとられた場合は、翌月の末日をもって退会扱いとなります。
3 本条の退会手続が完了しない場合は在籍となりますので、クラブのご利用がなくても通常の会費等が発生します。
4 会費等の全部または一部が未納の場合は、第1項の退会届の提出までに完納しなければなりません。
5 会費等は、退会が月の途中であっても、当該月分を全額支払わなければなりません。

引用:エニタイムフィットネスの利用規約より

 

こちらの内容が利用規約になります。ちょっと分かりづらかもなので、次の章で分かりやすく解説させていただきます。

 

スポンサーリンク

エニタイムフィットネスを退会・解約する方法【基本ルール編】

 

エニタイムフィットネスを退会・解約する方法【基本ルール編】

 

上記の利用規約をカンタンにまとめると下記になります。

 

  • 退会したい月の10日までに申請手続きが必要
  • 手続きは所属店舗で行う
  • 持ち物は不要
  • 再入会する場合、セキュリティキーの再利用は不可

 

退会したい月の10日までに申請手続きが必要

 

退会の締切日は「毎月10日」になります。10日までに手続きを行えば、当月の月末で退会することができます。

 

もし11日に解約の手続きをした場合、翌月の退会扱いとなります。たった1日と思うかもですが、利用規約に合意してサインしているので、スタッフに懇願しても内容を変更することはできません。イメージしづらいかもなので、具体例を挙げてみましょう。

 

  • 4/10に手続き → 4月末に解約
  • 4/11に手続き → 5月から解約

 

10日がノースタッフデーの場合、締切日は9日になりますので注意しましょう。

 

手続きは所属店舗で行う

 

手続きは会員本人が所属店舗に来館し、退会の手続き(「退会届」の提出)が必要になります。電話やメールでの手続きは行っていないので、実際に店舗に足を運んで手続きをする必要があります。ケガや病気などの理由で会員本人が店舗に行けない場合、利用規約にあるように法律上の権限を確認できる代理人を立てて手続きをすることも可能です。

 

解約の手続きは所属店舗しかできません。たまたま近くにあった店舗にふらっと寄って、退会の手続きを依頼しても断れてしまうので注意しましょう。

 

店舗スタッフに解約したいことを伝え、退会届をもらいます。申請書に記入する内容は下記の3つです。

 

  • 名前
  • 解約する理由
  • 署名

 

手続きにかかる時間は10分程度です。思いのほかサクッとできます。

 

個人ロッカーを契約している場合、退会と同じタイミングで解約となります。スタッフがいないと手続きできないので、スタッフがいる時間を確認して来店しましょう。

 

持ち物は不要

 

手続きの際、ハンコや免許は必要ありません。

手ぶらでOKです。

 

再入会する場合、セキュリティキーの再利用は不可

 

解約するとセキュリティキーは自動的に使用できなくなります。使用できなくなったセキュリティキーは各自で破棄する形になります。

 

なおもし再入会する場合、セキュリティキーは入会店舗にて新たに発行しなければいけません。再入会にあたって、セキュリティキーの再利用はできないので注意しましょう。

 

スポンサーリンク

エニタイムフィットネスを退会・解約する方法【特別ルール編】

 

エニタイムフィットネスを退会・解約する方法【特別ルール編】

 

世界で猛威を振るっている新型コロナウイルスのような緊急事態が発生した場合、特別ルールが適用される店舗があります。その内容は下記になります。

 

  • 緊急事態の場合、10日過ぎていても店舗によっては退会可能
  • 手続きを郵送で対応

 

緊急事態の場合、10日過ぎていても店舗によっては退会可能

 

退会の基本ルールは利用規約にあるように10日までの手続きになります。ですが、新型コロナウイルスのような緊急事態が発生した場合、たとえ10日を過ぎていても月内の解約を認めてくれる店舗があります。

 

エニタイムフィットネスはフランチャイズ経営のジムになります。それぞれの店舗が独自運営をしていて、最終判断はフランチャイズオーナーに任されています。よって新型コロナウイルスのような緊急事態が発生した場合、解約のルールはフランチャイズオーナーの判断に任される形になります。

 

解約についてエニタイムフィットネスの本部とやり取りした際、下記の返事をもらいました。

 

上記以外の対応が可能かにつきましては、エニタイムフィットネスはフランチャイズにより展開しており、
それぞれの店舗が独立運営を行っておりますため、各運営会社ごとに対応が異なります。

引用:エニタイムフィットネスのカスタマーサービスからの回答

 

「上記以外の対応」とは利用規約以外の対応です。つまり本部からの回答は『最終判断は各店舗のオーナーが行う』ということになります。フランチャイズオーナーが10日を過ぎていても退会を認める考えであれば、月内にジムを解約することができます。

 

実際、ぼくの最寄り店舗に確認したところ、新型コロナウイルスの件があるので月内に申し込みをすれば月内の解約を受け付けている店舗がありました。またTwitterで情報を集めたところ、すぐに解約を認めている店舗がいくつかありました。一方で、たとえコロナウイルスのようなことがあっても「10日までの手続き」という基本ルールを変えない店舗も見受けられました。

 

新型コロナウイルスのような特別な事態が発生した場合、基本ルールを変更して対応している店舗があるので、解約に悩まれている方は所属店舗に電話して確認することをオススメします。

 

手続きを郵送で対応

 

新型コロナウイルスのことがあり、ジムのような密閉空間に行って手続きをするのが嫌な方もいらっしゃいますよね。基本のルールは「会員本人が所属店舗に足を運んでの手続き」になりますが、店舗によっては郵送での対応をしている店舗もあります。

 

こちらもフランチャイズのオーナー判断によるものです。すべての店舗で対応しているわけではありません。新型コロナウイルスのような状況があって店舗での手続きが嫌という方は、郵送で対応しているかどうか?所属店舗に電話で確認することをオススメします。

 

スポンサーリンク

休会をうまく利用する

 

エニタイムフィットネスには休会という制度があります。くわしい休会制度の内容は下記になります。

 

  • 休会したい月の前月10日までに申請手続きが必要
  • 手続きは所属店舗で行う
  • 持ち物は不要
  • 休会にかかる費用は1,000円(税別)

 

退会した後に再入会する場合、5,000円前後のセキュリティキー発行料が再度かかります。一方で休会の場合、支払う金額は月1,000円(税抜)です。毎月1,000円(税別)の費用がかかりますが、セキュリティキーの再発行料のことを考えると、ジムに行かない期間が1~2ヶ月くらいであれば休会制度の利用をオススメします。

 

休会について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にして下さい。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

エニタイムフィットネスを退会・解約する方法は下記になります。

 

  • 退会したい月の10日までに申請手続きが必要
  • 手続きは所属店舗で行う
  • 持ち物は不要
  • 再入会する場合、セキュリティキーの再利用は不可

 

上記が入会する際に利用規約に合意してサインした内容になります。こちらが基本ルールになります。

 

一方で新型コロナウイルスのような特別の事態が発生した場合、店舗によって10日を過ぎていても解約を対応している店舗があります。エニタイムフィットネスはフランチャイズ展開をおこなっており、店舗ごとによって対応が異なります。解約についてもオーナーの判断によって異なるので、10日を過ぎていてジムの解約に悩んでいる方は、所属店舗に電話で確認することをオススメします。

 

ジムに行かない期間が1~2ヶ月程度であれば、休会の制度を利用しましょう。

スポンサーリンク
エニタイムフィットネス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
anytime筋トレ life
タイトルとURLをコピーしました