筋トレとラーメンは実は相性がいい!?カロリーやたんぱく質はどれくらい?

筋トレとラーメンは実は相性がいい!?カロリーやたんぱく質はどれくらい?筋トレ飯

 

 

筋トレしている期間中って、ラーメンはあまり食べないほうがいいのかな?カロリーが高いイメージがあるけど、実際はどうなんだろ、、、ラーメンのカロリーやたんぱく質の量、食べる時の注意点が知りたいな

 

こんな悩みを解決します。

  • 本記事の内容
  • ラーメンのカロリー比較
  • 食べるならいつがいい?
  • 麺やスープってカロリー高い?
  • 食べる時の注意点

 

日本人のソウルフード「ラーメン」。ラーメンが嫌い! という人は、あまりいないですよね。むしろ、みんな大好きだと思います。

 

「ラーメンを食べると太る」「カロリーが高い」というイメージをしている人も多いかもですが、実際はどうなんでしょうか?

 

本記事では、筋トレをしている人はラーメンを食べてもいいか?をテーマについてお伝えしていきます。

 

ラーメンは筋トレ飯になるのかな?

 

スポンサーリンク

ラーメンのカロリーやたんぱく質【栄養成分】

 

ラーメンのカロリーやたんぱく質【栄養成分】

 

ラーメンはしょうゆやみそ、豚骨、つけ麺など、色んな種類がありますよね。

 

「ラーメンは食べたいけど、できる限りカロリーは控えたい」「どうせ食べるなら、たんぱく質がしっかり摂れるラメーンがいい」と考える人が多いと思うので、種類別で栄養成分を比較してみました。

 

 しょうゆみそ豚骨担々麺つけ麺
カロリー470kcal580kcal471kcal479kcal796kcal647kcal
たんぱく質21.1g21.9g19.9g20.6g34.3g26.4g
炭水化物73.2g84.3g70.4g77.7g82.5g81.9g
脂質8.6g15.7g9.6g7.7g35.2g19.3g

 

「思っていたよりカロリーが低いな」と感じた人も多いかもね。味噌ラーメンって意外とカロリー高いんだね

 

つけ麺のカロリーが高くなる理由は、他と比べて麺の量が約100gほど多くなるからです。担々麺は、豚のひき肉やごま油、練りごまを使っているので、カロリーが最も高くなります

 

つけ麺や担々麺の栄養成分はちょっと問題ありですが、それ以外のラーメンの栄養成分は、思っていたよりそこまで高くないことが、上記の表を見て分かるかなと思います。

 

スポンサーリンク

筋トレしていても、ラーメンって食べても大丈夫?

 

筋トレをしててもラーメンって食べてもいい?

 

結論から先のお伝えすると、筋トレしている人でもラーメンは食べてもOKです。

 

ラーメンと聞くと、油をたくさん使っていて高カロリーなイメージがありますが、上記の栄養成分表を見ると分かるように、担々麺やつけ麺を除けばそこまでカロリーは高くないからです。

 

ただし、当然ですが毎日食べるのはNGです

 

思っていたよりカロリーは低いとはいえ、ラーメン以外にPFCバランス(カロリー・たんぱく質・脂質のバランス)が優れている食べ物はたくさんあります。どうしても食べたいということであればOKですが、積極的に食べるものではないかなと思います。

 

ラーメンを食べるなら筋トレ後

 

ラーメンを食べるなら、筋トレ後がベストなタイミングになります。

 

なぜなら、激しいトレーニングをした後は体のエネルギー(糖質)を消費している状態だからです。筋肉の材料になる「たんぱく質」と「糖質」が補給できます。

 

筋トレの前や夜中にラーメンを食べるのはNGです。

 

食べたものを消化するのに時間がかかるので、筋トレ前のラーメンは体に負担をかけることになります。夜中のラーメンは、消化できなかった糖質が脂肪に変わってしまうことや、筋肉を作る成長ホルモンにマイナスに作用するのでオススメしません。

 

ラーメンが食べたくなったら、筋トレ後ね!

 

コンビニのラーメンにも注目

 

コンビニで発売されるチルドラーメンは、年々クオリティーが上がっていますよね。

 

「これってお店の味と同じだよね!?」と感じさせてくれる商品に出会うこともあります。

 

コンビニではガッツリ系の商品が人気ですが、中にはたんぱく質が高く、カロリーが低い商品もあります。たとえば、セブンイレブンが発売している『Wガラスープが自慢!6種具材のタンメン』は、275カロリー・糖質39.3g・たんぱく質16.8gと超優秀です

 

 

店で食べるラーメンはたんぱく質やカロリー情報が分からないけど、コンビニだと数字ではっきり分かるのがいいね!

 

スポンサーリンク

ラーメンを食べる際の注意点

 

ラーメンを食べる際に注意する点

 

ラーメンの種類や、食べる時間に気をつければ、筋トレしている人でもラーメンを食べることができます。

 

あと注意したい点について、下記にまとめました。

 

 

麺の種類は、カロリーにあまり関係ない

 

麺の種類は、太さの違いやストレートやちぢれ麺などの形状の違い、中華麺や全粒粉などいろいろあります。

 

ラーメンの原料は「水」と「小麦粉」と「かん水(炭酸ナトリウムまたは炭酸カリウムのこと)」の3つなので、麺の種類にカロリーの違いはそこまでありません麺のカロリーは約350カロリーで、おにぎり約1.6個分です。

 

よく全粒粉と聞くとヘルシーなイメージをする人も多いかもですが、全粒粉も原料は小麦なので、カロリーに大差はありません。

 

麺で注意するのは、フライ麺を選ばないこと。袋麺やカップ麺によくありますが、油であげた麺(フライ麺)は油を含んでいる分、カロリーは高くなります。

 

細い麺や全粒風はヘルシーなイメージがあったけど、カロリーはあまり変わらないんだね

 

スープは飲み干さない

 

スープのカロリーは、それぞれ下記になります。

 

 しょうゆ味噌とんこつ
カロリー36kcal33kcal42kcal30kcal

 

さっぱり味の塩味が最もカロリーが高いのは意外ですよね。

 

とはいえ、スープのカロリーはそこまで高くありません

 

「スープは飲まない方が良い」と聞いた人も多いと思いますが、理由は塩分の高さにあります。

 

ラーメンスープには、約5gの塩分が含まれています。成人男性の1日の塩分目安摂取量は7~8gなので、スープを飲み干すと1日の塩分摂取量の大半を摂っていることになるので注意しましょう。

 

スープのカロリーが高くないのは、意外だったね

 

 

トッピング具材に注意

 

麺もスープも、カロリーにそこまで違いはありません。

 

ラーメンの種類によってカロリーが変わってくるのは、トッピング具材が原因です。

 

トッピング具材のカロリーは、下記になります。

 

 メンマ50g煮玉子1個チャーシューバター
カロリー27kcal90kcal90kcal93kcal

 

増し増しでトッピングしたくなるけど、カロリーの足し算になるから、そこは我慢しないといけないかもね。お財布にもやさしいしね

 

栄養バランスの偏りに注意

 

はじめにご紹介した栄養成分の比較表を見ると分かるように、ラーメンのPFCバランス(三大栄養素:炭水化物・炭水化物・脂質のバランス)は特に問題があるわけではありません。

 

問題なのは塩分が高いのと、食物繊維がほとんどないことです。

 

トッピングの野菜を注文すればOKでしょ? と思うかもですが、それは気持ち程度しかなりません。

 

ラーメンを食べる日は、それ以外の食事で野菜をたくさん食べたり、食物繊維をたくさん摂ることを心がけましょう!

 

「黒烏龍茶を飲んでおけばOK」じゃないよ!

スポンサーリンク

まとめ:食べ方さえ注意すれば、筋トレ中でもラーメンは食べてもOK

 

ラーメンのカロリーは、担々麺とつけ麺以外は500カロリー前後とそこまで高くありません。

 

カロリーに一番影響するのは、トッピング具材です。味玉やチャーシューは最高に美味しいですがカロリーは意外と高いので、できれば頼まない方がいいですね。

 

「筋トレしている人でラーメンを食べるのはダメ」とイメージしている人も多いかもですが、カロリーはそこまで高くなく、またたんぱく質も高いので筋トレ飯といえるでしょう。

 

とはいえ、塩分が高く、食物繊維も少ないので食べ過ぎには注意しましょうね!

 

スポンサーリンク
筋トレ飯
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
anytime筋トレ life
タイトルとURLをコピーしました