筋トレ6年目のぼくが筋トレ1ヶ月目の人たちに伝えたいこと

筋トレ6年目のぼくが筋トレ1ヶ月目の人たちに伝えたいこと筋トレ
スポンサーリンク

どーも、こんにちは。ともです。

 

筋トレを始めて今年で6年目に突入します。

 

ぼくが筋トレを始めた理由は、30代に突入してお腹周りがブクブク太り始めたためです。

 

筋トレ歴6年目の現在、週2回、約1時間の筋トレをしてカラダはここまで変化しました。

 

「筋トレを始める前」

 

筋トレを始める前の姿

 

「筋トレ6年目」

 

筋トレ6年目の姿

 

写真を見るとまあまあ変身している方だと思いますが、ここにたどり着くまでに結構な年月がかかりました。

 

ぶっちゃけ、今の知識でスタートできたら、時間はすごく短縮できると思います。

 

なので今回、筋トレ6年目突入をきっかけに、筋トレ1ヶ月目の人たちに伝えたいことを記事にしようと考えました。

 

筋トレを始めたばかりの初心者の方に向けての記事なので、専門用語などは一切使わず、誰でも分かる内容にしました。

 

本記事が、ぼくと同じように中年太りが気になり始めて、これから筋トレを始めようと考えている人の参考になればと思います。

 

スポンサーリンク

筋トレ6年目のぼくが筋トレ1ヶ月目の人たちに伝えたいこと

 

筋トレ6年目のぼくが筋トレ1ヶ月目の人たちに伝えたいこと

 

筋トレ1ヶ月目の人たちに伝えたいことは、下記の3つです。

 

  • ジムに入会しよう
  • フリーウエイトトレーニングをしよう
  • プロテインを飲もう

 

では順に見ていきましょう。

 

ジムに入会しよう

 

お金はかかりますが、ジムに入会しましょう。

 

筋トレについて調べると「まずは自宅で自重トレーニング(自分の体重を使った筋トレ)から始めよう」というサイトがたくさん出てきますが、ぼくはオススメしません。

 

例えば、英語をマスターしたい時、下記のどちらが上達が早いと思いますか?

 

  • 海外に行って勉強
  • 自宅で本を見ながら勉強

 

きっとみなさんの回答は、前者の「海外に行って勉強」ですよね。

 

筋トレの場合も同じで、「まずは自宅で、、、」と考えがちですが、筋トレする環境が整っているジムで筋トレした方が成果が出る時間が圧倒的に早いです。

 

ジムにかかるお金は毎月7,000~8,000円。

 

月1~2回の会社の飲み会を我慢すれば行ける金額です(最初は辛いと思いますが、、、)

 

できる限りお金をかけないでカラダを鍛えたいと思うかもですが、結果が出ないと筋トレを続ける気持ちが続かないので、ジムに必ず入りましょう。

 

フリーウエイトトレーニングしよう

 

筋トレは、「マシンを使ったトレーニング」と「ダンベルなどを使ったフリーウエイトトレーニング」の2種類あります。

 

筋トレ1ヶ月目の人は、「まずはマシントレーニングから、、、」となりがちです。

 

ですが、最初からフリーウエイトトレーニングをしましょう。

 

初心者だからはずかしい、、、と思うかもです。

 

ぼくも筋トレを始めたころ、同じ気持ちでした。

 

とはいえ、なぜぼくがフリーウエイトトレーニングを勧めるかというと、その方が効率がいいからです。

 

  • マシントレーニング:鍛える筋肉は1箇所
  • フリーウエイトトレーニング:鍛える筋肉は2箇所以上

 

マシントレーニングは、狙った場所をピンポイントで鍛えるトレーニング。

 

ダンベルを使ったトレーニングは、2箇所以上鍛えることがトレーニング。

 

フリーウエイトトレーニングの方が効率がいいことがわかると思います。

 

ぶっちゃけた話、筋トレを始めて1ヶ月目は、マシンでもフリーウエイトでも筋肉にしっかり負荷をかけることはできません。

 

筋トレに限らず何事もそうですが、まずは数をこなして慣れることが必要です。

 

筋トレの場合、自分で重さをしっかりコントロールできるには約3ヶ月ほどかかります。

 

最初からカンペキにトレーニングするのは難しいです。

 

であれば、一度にたくさんの筋肉が鍛えることができるフリーウエイトトレーニングをした方が効率がいいというのがぼくの意見。

 

ただケガすることだけは避けたいので、自分で扱える範囲の重量で筋トレしましょう。

 

プロテインを飲もう

 

筋トレを始めたら、プロテインを飲みましょう。

 

プロテインは英語でProtein。つまりたんぱく質です。

 

筋肉増強剤ではありません。

 

筋肉をつけるにはたんぱく質が必要で、筋トレ後に吸収が早いプロテインを飲むことで筋トレの効果をグッと上げることができます。

 

筋トレしている人はみんなジムでプロテインを飲んでいる印象があるかもですが、それは上記の理由からです。

 

筋トレを始めたころのぼくは「プロテインなんて必要ない」と思っていました。

 

初めてジムに入会したとき、1kgのプロテインを無料プレゼントされましたが「プロテインはいりません」と断った経験があるくらいです。

 

とはいえ、いろいろ調べプロテインの必要性を理解し飲み始めてから、カラダは劇的に変化し始めました。

 

プロテインが自分のカラダに合うかどうか、心配な人もいると思います。

 

そんな人はまず、コンビニでも買える「明治ザバスプロテイン」がオススメ。

 

変化が実感でき始めたら、プロテインを飲む回数を増やしましょう。

 

プロテインは高価な物なので、できる限り安く買いたい人は『マイプロテイン』をオススメします。

味にもこだわりがあり、50種類以上のプロテイン【Myprotein】

 

マイプロテインの購入方法について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にして下さい。

 

 

スポンサーリンク

筋トレ以外に伝えたいこと

 

筋トレ以外に伝えたいこと

 

筋トレ以外に大切なこと、それは『食事』

 

筋トレ1ヶ月目の人に食事について伝えたいことは、下記の3つです。

 

  • 食べ物の意識を変えよう
  • 栄養成分を見る習慣をつけよう
  • たんぱく質をたくさん摂ろう

 

上記の筋トレの記事と同様、専門用語は一切使いません。

 

では、順に見ていきましょう。

 

食べ物の意識を変えよう

 

自分のカラダは自分が食べた物からできているので、まず食べ物の意識を変えましょう。

 

カロリー計算など、難しいことは必要なしです。

 

筋トレ1ヶ月目は、食事に対する意識だけ変わればOKです。

 

揚げ物を毎日食べているのであれば、3日に1回にしましょう。

 

ビールをたくさん飲むのであれば、2杯目からはハイボールにしましょう。

 

食事は毎日のことなので、極端に食べる物を変えるとストレスがかかります。

 

まずは意識を変えるところから始めましょう。

 

栄養成分を見る習慣をつけよう

 

コンビニで商品を買う時に、栄養成分を見る習慣をつけましょう。

 

筋トレしない人も、カロリーを気にして栄養成分を見ている人は多いですよね。

 

カロリーがどれくらいあるか?確認することも大切ですが、ポイントは「たんぱく質」と「脂質」

 

ぼくのオススメは、高たんぱく質で低脂質の食材。

 

数値にすると、たんぱく質は10~20g、脂質は10g以下の食べ物です。

 

脂質が10gを超えてくる食材は、買わない方がいいでしょう。

 

脂質の摂り過ぎは脂肪の原因になるので、気をつけましょうね。

 

たんぱく質をたくさん摂ろう

 

たんぱく質は皮膚・髪の毛・ツメ・内蔵・筋肉など、ぼくたちカラダを作っているものです。

 

筋トレするしないにかかわらず、たんぱく質をしっかり摂ることは大切なこと。

 

タンパク質多く含む食材は、肉・魚・大豆製品などです。

 

朝昼晩の1日3回、どの食事でもしっかりたんぱく質を摂りましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

筋トレ6年目に突入したことをきっかけに、筋トレ1ヶ月目の人たちに伝えたいことを記事にさせていただきました。

 

本記事をまとめると、下記になります。

 

 

【筋トレを始める時に大切なこと】

  • ジムに入会しよう
  • フリーウエイトトレーニングをしよう
  • プロテインを飲もう

 

 

【筋トレ以外に大切なこと】

  • 食べ物の意識を変えよう
  • 栄養成分を見る習慣をつけよう
  • たんぱく質をたくさん摂ろう

 

以上です。

 

筋トレを始めるのに、オシャレなウェアやシューズはいりません。

 

サプリメントも同様です。プロテイン以外、必要なしです。

 

自分をカスタマイズするのは、カラダの変化が出始めてからでOKです。

 

もしぼくが筋トレ1ヶ月目に本記事の内容を知っていたら、もっと早く成果を出せていたと思います。

 

とはいえ、失敗から学んだことも多かったので今は満足しています。

 

筋トレを始めた1ヶ月目の人が、ぼくの体験談が参考になればうれしいです。

 

筋トレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
soilwork0106をフォローする
anytime筋トレ life
タイトルとURLをコピーしました