「筋トレしてる人ってナルシストだよね?」とよく言われるけど何か?

「筋トレしてる人ってナルシストだよね?」とよく言われるけど何か?筋トレ
スポンサーリンク

どーも、こんにちは。ともです。

 

先日、会社のメンバーで飲んでいた時にある言葉を投げかけられました。

 

「ともさんって、ナルシストだよね?」

 

「だって筋トレにハマっているから、、、」

 

自分にとって筋トレをすることは、歯を磨くのと同じくらい当たり前の習慣。

 

やらないと気持ちが悪くなるレベル。

 

とはいえ、筋トレしない人からすると、筋トレする人はどうやらナルシストに見えるみたいで、、、

 

複雑な気持ちになりました。

 

「自分は特別?」「自己愛が強いのってダメなの?」という想いを下記のようにツイート。

 

 

ぼくと同じように普段筋トレをしている人からたくさんの共感をもらい、少しホッとしました。

 

「筋トレしている人=ナルシスト、自己愛が強い」

 

今回は、上記のことをテーマに記事を書きたいと思います。

 

スポンサーリンク

筋トレしている人はナルシストが多いのは事実

 

筋トレしている人はナルシストが多いのは事実

 

筋トレしている人にナルシストが多いのは、事実です。

 

Twitterのアンケート結果

 

ぼくは、筋トレ情報を中心としたTwitterアカウントを持っています。

 

フォロワーさんは筋トレやダイエットに関心を持っている人たちがメインで、人数は約600人。

 

そのアカウントで、下記のアンケートを取りました。

 

 

【アンケート内容】

 

筋トレ好きな人に質問です。

ナルシストと言われた事ありますか?

自分でナルシストだと思いますか?

 

 

その結果がこちら。

 

 

約7割の人が「自分はナルシスト」という回答でした。

 

アンケートにご協力いただいたフォロワーのみなさん、ご協力ありがとうございました。

 

インスタやTwitterでは、自撮り写真を公開している人が多い

 

筋トレしている人の大半は、インスタやTwitterなどのSNSアカウントを持っています。

 

みなさんSNSでは、ジムでの自撮り写真やポージング写真、また自身のトレーニングメニューを報告しています。

 

こういった行為が、筋トレしない人からするとナルシストに見えるのだと思います。

 

実際、「オレの筋肉すごいだろ!」「筋トレしているわたしを褒めてほしい」とアピールするために、SNSで自撮り写真を投稿しまくっている人も確かにいます。

 

ですが多くの人は、自分用の記録だったり、仲間とのコミュニケーションツールとして使っています。

 

ぼくも顔や上半身は見せないですが、自撮り写真を投稿しています。

 

3ヶ月後、半年後、自分の姿がどう変わったか?振り返り用の記録のためです。

 

鏡を見ながらトレーニング

 

ジムに行くと、鏡を見ながらトレーニングしている人はとても多いです。

 

ランニングやマシンだけトレーニングする人からすると、こういった行為もナルシストに見える理由だと思います。

 

鏡を見てトレーニングするのは、自分のフォームを確認するため。

 

トレーニグする自分の姿にうっとりしているわけではありません。

 

とはいえウエイトトレーニングしない人からすると、「どんだけ自分が好きなんだよ!」と勘違いされても仕方がないのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

筋トレしている人にナルシストが多い理由

 

筋トレしている人にナルシストが多い理由

 

筋トレしている人にナルシストが多いのは事実です。

 

その理由は、下記の2つになります。

 

  • 筋トレは自分の弱点を克服する行為
  • 筋トレは自分と向き合う行為

 

上記2つの理由について、掘り下げていきます。

 

筋トレは自分の弱点を克服する行為

 

筋トレをする人は、今の自分に何かしら満足していない気持ちがあり、筋トレすることでその弱点を克服したいと考えています。

 

ぼくの意見ですが、「ナルシスト」と人をちょっと小馬鹿にしたり筋トレ否定派の人は、「筋トレしている人に嫉妬を感じているのでは?」と思います。

 

たとえば、ジャニーズのやまぴーの上半身裸の自撮り写真を見て、「ナルシスト」って思いますか?

 

モデルのローラが筋トレしている自撮り姿を見て、「どんだけ自分が好きなんだよ!」と思いますか?

 

きっとほとんどの人が、そう思わないですよね。

 

なぜなら、山Pやローラさんは自分には手の届かない存在だから。

 

ところが、自分の身近な人だったり、ちょっと手の届きそうな存在の人が自分がやっていないことをやっている姿を見ると、嫉妬を感じることがあります。

 

筋トレをしている人は今の自分に満足せず、「今の自分より明日の自分のために」と未来のことを考えてトレーニングしています。

 

ぼくからすると、今の体に満足して筋トレや運動をしない人の方が、よっぽどナルシストだと思います。

 

筋トレは自分と向き合う行為

 

筋トレが好きで、筋トレを習慣にしている人も、弱い自分と何度も葛藤しています。

 

  • 仕事で疲れたから、今日は筋トレやめようかな、、、
  • お腹が空いたから、おやつを食べようかな、、、
  • 自分の好きな食べ物を好きなだけ食べたいな、、、

 

誰にでも、弱い自分がいます。

 

とはいえ、自分の快楽や欲求を全く制限しないで好きなことだけをやっていたら、理想の体を手に入れるのは不可能です。

 

筋トレしている人はみんな、毎日自分と向き合い、『自分がなりたい姿』の目標に向かって1日1日行動を積み上げています。

 

筋トレは筋肉だけではなく、『自分と向き合う力』『自分の決めたことをやり遂げる力』も鍛えてくれます。

 

今の自分に満足していないなら筋トレしよう

 

筋トレしない人からすると、筋トレしている人は自己愛が強く見えるかもです。

 

また「何を目指しているの?」と思うかもですが、筋トレは自分をレベルアップさせるための1つの手段です。

 

筋トレはカラダを鍛えるだけでなく、ポジティブの考えができたり睡眠改善など、多くの恩恵を受けることができます。

 

今の生活に満足していない、、、

 

今の自分に満足していない、、、

 

こんな方に、ぼくは筋トレをオススメします。

 

筋トレすればあなたもナルシストになるかもしれません。

 

ではでは

筋トレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
anytime筋トレ life
タイトルとURLをコピーしました