「筋トレ朝派」と「筋トレ夜派」どっちがオススメ?【体験者が比較】

筋トレ

どーも、こんにちは。ともです。

 

筋トレって朝派と夜派で分かれると思うんだけど、どっちがいいのかな?朝と夜のそれぞれのメリット・デメリットを知って、自分に合った時間を見つけたいな。あと、筋トレする時の注意点も合わせて知りたいな

 

筋トレを始めたばかりの人で悩むのが、『筋トレする時間の問題』

 

現在サラリーマンのわたしは「朝の筋トレ」と「夜の筋トレ」どちらも経験してきました。

 

それぞれ1年以上体験したので分かりますが、「朝の筋トレ」と「夜の筋トレ」にはメリット・デメリットがあります。

 

本記事では実体験をもとに体感した「朝の筋トレ」と「夜の筋トレ」のメリット・デメリットをご紹介していきます。

 

筋トレ朝派のメリット

 

筋トレする時間が確保しやすい

 

 

『朝は、自分の時間を誰にも邪魔されない時間帯』

 

みなさん、早起きした時に経験があるかもです。

 

仕事の電話もかかってこないですし、誰かから頼まれごとをされることもありません。

 

朝は、自分の時間を確保する絶好の時間帯といえます。

 

『筋トレを始めたばかりで、続けれるかどうか不安』という人は、筋トレの時間が必ず確保できる朝の時間帯がオススメです。

 

ジムが空いている

 

ジムが空いているので、マシンの順番待ちなどストレスを感じることなく筋トレができます。

 

わたしが通っているジムの時間帯別の混雑具合は、下記です。

 

ジムの混雑状況

 

夕方から夜にかけてのジムの混雑具合は、朝の約2倍。

 

朝のジムは、自分のペースで筋トレできるのがいいね

 

仕事のパフォーマンスが上がる

 

 

朝筋トレして出社すると、リフレッシュした状態で仕事にとりかかれるので、仕事のパフォーマンスが上がります。

 

  • 出社ギリギリまで寝て出社する人
  • カラダも頭もリフレッシュして出社する人

 

誰が見ても、後者の方が仕事のパフォーマンスがいいですよね。

 

「経営者や起業家の人は、朝トレーニングをしている」という話をよく聞きますが、納得できますね。

 

夜、ぐっすり寝れる

 

 

筋トレはハードなトレーニングなので、たくさんのエネルギーを使います。

 

みなさん、運動した日の夜はぐっすり寝れた経験があるかもですが、朝筋トレすると毎晩ぐっすり寝ることができるようになります。

 

つまり、筋トレをすることで睡眠の質を上げることができます。

 

また、夜自然と眠たくなり早く寝る習慣になるので、規則正しい生活習慣も手に入ります。

 

筋トレ朝派のデメリット

 

朝型の生活に慣れるまでが大変

 

早起きがいいことは分かっているんだけど、、、

 

上記のように、ほとんどの人が早起きがいいことは分かってはいるものの、夜型の生活をしていると思います。

 

朝の早起きは習慣になってしまえば楽ですが、夜型から朝型に生活をシフトするまでが結構大変です。

 

昼食後、眠くなりやすい

 

 

朝筋トレでエネルギーを使っているので、昼食後は眠くなりやすいです。

 

特にデスクワーク中心の仕事の人は、眠くなりやすいと思います。

 

わたしはよくパソコンを眺めているとぼーっとして眠たくなるので、コーヒーを飲むなど眠気対策をしてます。

 

また、昼食は満腹になるまで食べないなど工夫が必要です。

 

夜更かしができなくなる

 

朝筋トレすると、夜自然と眠たくなります。

 

なので、夜遅くまで起きてパソコンやスマホで遊んだり、友達と遅くまでお酒を飲むことができない体になります。

 

早寝早起きの生活習慣と考えればいいかもですが、夜に自分の好きなことをやりたい人にとってはデメリットになります。

 

筋トレ夜派のメリット

 

筋トレのパフォーマンスがいい時間帯

 

 

筋トレする時間帯ですが、夕方から夜にかけの時間帯が最も筋トレの効果が見込める時間と言われています。

 

夕方から夜にかけての時間帯は、人のカラダが最も活発になる時間帯。

 

つまり、筋トレするのに最も適している時間です。

 

仕事帰りにジムに行っていた頃は朝と比べて重い重量を扱うことができたので、筋トレのパフォーマンスが高かったです。

 

ケガが気になる人は、夕方から夜にかけて筋トレするのをオススメするよ

 

仕事の生産性が上がる

 

 

これは筋トレに限らずの話ですが、平日の夜に自分の趣味の予定を入れると、仕事を何とかして定時に終わらせようと1日の仕事のスケジュールを考えて行動するようになります。

 

1日の時間配分や仕事のやり方を考えて行動するので、普段より仕事の生産性がグッと上がります。

 

わたしの場合、平日の夜にジムに行くときは定時退社を目標に仕事していました。

 

ジムが一番混雑する時間は『19時~20時』なので、その前にジムに行こうと必死でした。

 

その日の仕事を振り返ってみると、仕事を早く終わらせることができ、生産性もいつもより上がったことの方が多い気がします。

 

ジムで周りからの刺激を受ける

 

夜のジムは、仕事帰りの社会人や学生などで賑わってます。

 

筋トレのモチベーションが少し下がってきた時に、周りが頑張っている姿を見ると「自分も頑張らないと、、、」といい刺激をもらうことができます。

 

筋トレがなかなか継続しないという人は、習慣になるまで周りから刺激をもらうことも大切なので、たくさん人で賑わっている夜のジムがオススメです。

 

筋トレ夜派のデメリット

 

誘惑が多い

 

 

夜筋トレしようと思っていても、誘惑に負けてしまうことがあります。

 

  • 飲み会に誘われたから明日にしよう、、、
  • 見たいテレビがあるから明日にしよう、、、
  • 仕事で疲れたから明日にしよう、、、

 

上記のように、誘惑は多いです。

 

朝起きた時は「筋トレをしよう!」と決めていたものの、夜になると色んな誘惑があるので負けてしまうことがあります。

 

急な予定が入る

 

  • 帰り際に、急な仕事を頼まれる
  • 飲み会に誘われる

 

上記のような経験、みなさんないでしょうか?

 

「予定が入っているから今日はちょっと、、、」と断れればいいですが、中には断りずらい依頼ごともあったりします。

 

平日の夜は特に急な予定が入りやすいので、筋トレをしたくてもできないことがあります。

 

ジムが混んでいる

 

 

夜のジムは、朝の時間帯と比べて約2倍の混雑です。

 

自分が使いたいマシンや器具があっても、誰かが使用していることがほとんどです。

 

マシンが空くのを横目で見ながらトレーニングし、空いたと思って向かっていると誰かに取られるというまさに『椅子取りゲーム』状態。

 

周りから刺激をもらうことができますが、自分のリズムでトレーニングできないのでストレスを感じることがあります。

 

寝つきが悪くなる

 

 

筋トレをするとドーパミンなど興奮ホルモンが分泌されるので、寝つきが悪くなります。

 

ネットで調べると『寝る前の2~3時間前に筋トレは終わらせるように』と紹介しているサイトがありますが、わたしの場合はその条件でもダメでした。

 

体は疲れているけど、脳が興奮して寝れない、、、

 

疲れてぐっすり寝れるという人もいるかもですが、わたしはベッドの中で何時間も寝れないつらい経験をしたことがあります。

 

筋トレ朝派が向いている人

 

メリット・デメリットを踏まえ、朝の筋トレが向いている人は下記です。

 

  • 筋トレがなかなか続かない人
  • 家族・子供がいて、自分の時間が作りずらい人
  • 自分のリズムで筋トレしたい人

 

朝は誰にも邪魔されない時間なので、自分がやると決めたことは必ずできます。

 

夜は誘惑が多いので、『筋トレがなかなか続かない人』は筋トレが必ずできる環境である「朝」を選びましょう。

 

家族や子供がいて自分が時間が思うように持てないという人は、朝の時間がオススメ。

 

わたしは現在家族4人で生活していますが、夜は子供と遊んだり家事の手伝いなど自分の時間があまりありません。

 

なので、家族が寝ている朝の時間帯を利用して自分の好きな筋トレをしています。

 

ジムが空いているから、短時間で自分のリズムで筋トレしたい人も朝がオススメだね

 

筋トレ夜派が向いている人

 

  • 筋トレの効果を最大限求める人
  • 自分の時間がコントロールできる人
  • 周りから刺激を受けることでモチベーションが上がる人

 

夕方から夜が筋トレの最も効果的な時間帯なので、本格的な筋トレをしたい人は夜にトレーニングしましょう。

 

急な予定が入ることが多い夜ですが、自営業やフリーランスなど自分の時間がある程度コントロールできる人は、カラダがいちばん活発な時間帯の夜がオススメです。

 

ジムでは自分のリズムで筋トレするのは難しいかもしれないけど、たくさん人がいることでモチベーションが上がるという人は、夜の筋トレがオススメだね

 

筋トレする時の注意点

 

朝、夜の時間帯に限らず、筋トレする時は下記の点を注意しましょう。

 

  • 筋トレ前:『糖質+たんぱく質』を摂る
  • 筋トレ中:『糖質+BCAA』を摂る
  • 筋トレ後:『糖質+たんぱく質』を摂る

 

筋トレ前の注意点

 

空腹の状態で筋トレする人が意外と多いですが、筋トレ前は必ず『糖質+たんぱく質』を摂りましょう。

 

空腹の状態で筋トレをすると、カラダはエネルギーを作り出すために自分の筋肉を分解してしまします。

 

筋トレしているのに、筋肉を分解するなんて意味ないよね、、、

 

『糖質+たんぱく質』でオススメなのが、『inゼリー(糖質)+プロテイン(たんぱく質)』

 

どちらも吸収が早いので、筋トレ1時間前に飲めばOKです。

 

高品質、最高に美味しいプロテイン【Myprotein】

 

 

筋トレ中の注意点

 

筋トレ中は、『糖質+BCAA』を飲みましょう。

 

ジムで赤色や緑色のドリンクを見かけたことがあるかもですが、「BCAA」はアミノ酸です。

 

BCAAを「飲む」と「飲まない」では、筋トレのパフォーマンスは全然違うので必ず飲みましょう。

 

 

糖質は、マルトデキストリンがオススメです。

詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にして下さい。

 

 

筋トレ後の注意点

 

筋トレ後は、『糖質+プロテイン』を飲みましょう。

 

たしかに、みんな筋トレした後にプロテイン飲んでいるよね

 

筋トレによって筋肉が傷つきます。

 

その筋肉の傷を修復してくれるのが『プロテイン(たんぱく質)』になります。

 

プロテインの飲み方について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にして下さい。

 

無理なく継続できる時間帯で筋トレをする

 

朝と夜の筋トレのメリット、デメリットをお伝えしていきました。

 

生活のリズムや仕事や家庭の環境によって、筋トレする時間は人それぞれ変わっています。

 

メリット・デメリットも大切ですが、それより大切なのは『無理なく筋トレが継続できる時間帯を選ぶこと』

 

自分が楽しめないと筋トレは続きません。

 

自分が楽しめることを前提条件にし、自分に合った筋トレの時間を見つけていきましょう。

 

ではでは

筋トレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
soilwork0106をフォローする
anytime筋トレ life
タイトルとURLをコピーしました