【注意!】痩せるには筋トレ!これは大きな間違いです!

【注意!】痩せるには筋トレ!これは大きな間違いです!筋トレ
スポンサーリンク

どーも、こんにちは。ともです。

 

『痩せるには筋トレ』

 

これは、筋トレを始める前のぼくが思っていたことです。

 

今振り返ってみると、それは大きな間違いでした。

 

ぼくと同じように『筋トレすれば痩せる』と思っている人がいるかも知れないので、過去の自分に向けてという意味も込めてこの記事を書きました。

 

スポンサーリンク

筋トレだけでは痩せないのが現実

 

筋トレだけでは痩せないのが現実

 

痩せるには筋トレすればいいと思うかもです。

 

ですが、残念ながら筋トレだけではダイエットできません。

 

筋トレの消費カロリーはたかが知れてる

 

1時間筋トレをすると、汗はけっこうかくしかなり疲れますよね。

 

「結構カロリー消費できたんじゃない?」と思うかもですが、筋トレで消費できるカロリーは実はそこまで高くありません。

 

具体的な数字で上げると、1時間の筋トレで消費できるカロリーは約200カロリー程度。

 

トレーニング強度によって多少前後しますが、だいたいこれくらい。

 

この数字を見てびっくりした人、いるかもしれないですね。

 

消費カロリーの具体的な計算方法

 

具体的な消費カロリーを計算する方程式があります。

 

消費カロリー=METs(運動強度)×時間(h)×体重(Kg)×1.05

 

METs(メッツ)とは、厚生労働省が定めた運動の強度。

 

自重トレーニングなど軽いトレーニングは、3MTEs前後。

 

ダンベルやバーベルを使ったウエイトトレーニングは、6METs前後になります。

 

筋肉がついても基礎代謝はそこまで上がらない

 

『筋肉がつくと基礎代謝が上がる』

 

筋トレを始めたぼくは、この言葉の魔法に取りつかれていました。

 

みなさんもよく見かけるフレーズだと思いますが、じつは筋肉がついても基礎代謝はそこまで上がりません、、、

 

「えっ、ほんと!?」と思うかもですが、それが現実です、、

 

具体的な数値をあげると、基礎代謝のうち筋肉が占める割合は約2割程度。

 

いちばん基礎代謝が大きいのは、肝臓や胃などの内臓です。

 

「筋肉はぼくらが思ったほど代謝に貢献していなかった」という事実をお伝えしました。

 

とはいえ、ぼくのように30代に突入して段々おじさんになっていくと、筋肉はすこしずつ落ちていき基礎代謝が下がっていきます。

 

20代と同じようなスタイルを維持していこうとすると、基礎代謝の貢献度は低いもののトレーニングは必要ということになります。

 

腹筋だけやっていてもお腹は割れない

 

繰り返しになりますが、むかしのぼくは「筋トレすればダイエットできる」と思っていました。

 

クリスティアーノ・ロナウドのようなバキバキに割れた腹筋に憧れていたので、自分で勝手に下記の方程式を作り出していました。

 

 

痩せるには筋トレ = 腹筋を割りたい = 腹筋のトレーニグをすればいい

 

 

今見ると無茶苦茶な方程式ですが、ぼくが筋トレ初心者の頃はこれが正しい方程式と勝手に思い込んでいました(笑)

 

腹筋を割るためにはこれからご紹介していきますが、食事と筋トレの掛け算がひつようです。

 

スポンサーリンク

痩せるためにはまず食事、その次に筋トレ

 

痩せるためにはまず食事、その次に筋トレ

 

痩せるには筋トレではなく、まず食事。

 

食事の次に筋トレです。

 

痩せるしくみ

 

痩せるしくみは、こちら。

 

消費カロリー > 摂取カロリー

 

こうやって表現するとシンプルですよね。

 

ご飯をガッツリ食べても、食べた分以上のカロリーが消費できればダイエットできることになります。

 

有酸素運動しなくても痩せれる

 

食事に気を使って筋トレすれば、有酸素運動しなくてもダイエットすることができます。

 

大会に出ようと思ったら有酸素運動は必要かもです。

 

ですが、健康のためやスタイルを維持したいレベルであれば、有酸素運動はひつようないというのがぼくの考え。

 

なぜぼくが有酸素運動をしないかというと、めんどくさいから(笑)

 

あと時間もかかるから。ただそれだけの理由です。

 

ぼくはトレーニングの時間を1時間と決めているので、筋トレと有酸素運動、両方をやっている時間がありません。

 

そんな状況ですが、週に2回、1時間のトレーニングでここまで痩せれました。

 

「筋トレを始める前」

 

筋トレを始める前の姿

 

「食事+筋トレ(有酸素運動なし)」

 

筋トレ6年目の姿

 

バキバキのお腹をわろうとすると有酸素も必要かもですが、ぼくくらいのレベルであれば「食事と筋トレ」だけで十分です。

 

スポンサーリンク

日々の習慣も見直そう

 

食事と筋トレ。

 

これをセットでやっていけばかならず痩せます。

 

ぼくは食事については、そこまでストイックにやっていません。

 

基本は家族と同じご飯を食べていて、毎日ササミやサラダといった食生活はしてません。

 

気にするのは食べる量と間食をしないことくらいです。

 

あとぼくが心がけているのは、エレベーターではなく階段を使う。

 

自転車で行ける距離だけど歩く。

 

このように普段の生活の中で、できる限りカラダを使うようにしています。

 

ぼくもむかしは「痩せるには筋トレ」と思っていたので、本記事を書くことを決めました。

 

本記事でなにか参考になる所があればうれしいです。

 

ではでは

スポンサーリンク
筋トレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
anytime筋トレ life
タイトルとURLをコピーしました