トレーニング好き30代パパのブログ

筋トレで99%の悩みが解決すると思っている30代です

筋トレは夜より朝がオススメ|成功者は朝に筋トレをしている

筋トレは夜より朝がオススメ

 

「健康のため」や「ダイエットのため」にジムに通うかどうか考えている人は多いのではないでしょうか?

 

1日の時間は24時間。

 

時間は限られているのでジムに通うためには、時間の使い方を考えなければいけません。

 

私がオススメする時間の使い方は『筋トレは夜より朝』。

 

 

筋トレは夜より朝がオススメ|成功者は朝に筋トレをしている

 

筋トレは夜より朝がオススメ

 

会社の経営者など成功者のみなさんは、朝筋トレをしています。

 

健康への投資

 

会社の経営者など成功者と言われる人たちは、なぜ筋トレをするのでしょうか?

 

その理由は、筋トレをすることで健康なカラダが手に入るから。

 

健康に投資するたいせつさを知っているから筋トレをするわけです。

 

1日の忙しいスケジュールの中で筋トレするには、誰にも邪魔されない時間を作らなければなりません。

 

その誰にも邪魔されない時間というのが朝の時間帯。

 

早朝であれば、電話がかかってくることもまずありません。

 

自分の健康のために、誰にも邪魔されることない朝の時間帯に「筋トレ」という投資をしてます。

  

海外の経営者、プロのブロガーも朝筋トレをしている 

 

ナイキやアップルのCEOは、朝早起きをして出社前に筋トレをするのが習慣になっているみたいです。

 

日本では、ファミリーマート社長の趣味が筋トレという話は有名ですよね。

 

ブログで1ヶ月600万円稼ぐプロブロガーのマナブさんも筋トレを習慣にしてます。

 

 

筋トレは一部の人だけに浸透しているイメージがあります。

とはいえ、実際は多くの経営者も筋トレをしています。

 

朝、筋トレする時間がないという方へ

 

「朝、早起きして筋トレなんてできない」という方もいらっしゃいますよね。

 

しかし、筋トレすることで健康なカラダが手に入り、年をとっても美味しいものが食べれたり、自分の足で元気に歩き続けられるとしたらどうでしょうか?

 

筋トレは1週間に2回、1時間のトレーニングで十分効果が得られます。

 

1週間の中でテレビやスマホを見ている時間をやめて、自分の健康に時間を投資する。

 

その投資が何十年後に自分の健康という形で返ってくるのであれば、今の時間の使い方をすこし変えて、筋トレを始めてみる価値はあると思います。

 

朝、筋トレすると規則正しい生活習慣になる

 

筋トレは夜より朝がオススメ

 

朝の筋トレが習慣になると、自然と規則正しい生活習慣になります。

 

早寝早起きの生活習慣

 

朝早起きして筋トレするには、睡眠時間を確保するためにも早く寝なければいけません。

 

朝の筋トレが習慣になると、前日の夜にダラダラ起きていたり、夜遅くまで飲むこともなくなり、その結果、規則正しい生活習慣が送れるようになります。

 

時間の使い方を変えれば人生が変わる

 

 

この言葉、みなさんご存知でしょうか?

  

『人間が変わる方法は3つしかない。

1番目は時間配分を考える。
2番目は住む場所を変える。
3番目は付き合う人を変える。

この3つの要素でしか人間は変わらない。

もっとも無意味なのは
「決意を新たにする」ことだ』
(『大前研一洞察力の原点』) 

 

時間の使い方を変えると、人生が変わるといわれてます。

 

「今の楽しさのために時間を使うか?」

「何十年後の自分のために時間を使うか?」

 

自分は朝が弱いと思っている人は1週間、朝の早起きをチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

『朝早起きをして筋トレをする』

 

大げさかもしれないですが、自分を変える1つのきっかけになるかもしれません。

 

一歩踏み出してみよう

 

・運動すれば健康にいいのは分かっているんだけど、、、

 

・朝早起きするなんてできない

 

・筋トレは何すればいいか分からない

 

慣れないことにチャレンジする時、最初の一歩がいちばんつらいです。

 

動きはじめがいちばんエネルギーを使うからです。

 

しかし、いったん動き始めてしまえば、そのあとは意外と楽に動ける場合がおおいです。

 

『筋トレによって自分の健康が手に入る』

 

自分への自己投資と考え、筋トレをはじめてみませんか?

 

1週間に2回、1時間のトレーニングをすれば、20年後・30年後も健康なカラダが維持できます。

 

成功者といわれる人たちが筋トレしていることを考えると、一度チャレンジしてみる価値はあると思います。

 

今回はここまでとさせていただきます。筋肉は裏切らない。ではでは。