トレーニング好き30代パパのブログ

筋トレで99%の悩みが解決すると思っている30代です

筋トレすれば長生きが手に入る?からだを鍛えることのたいせつさ

 

筋トレすれば長生きが手に入る?

 

どーも、こんにちは。ともです。

 

日本の平均寿命は、医学の発達や健康志向の高まりにより毎年伸びてます。

誰もが健康で、かつ長生きしたいですよね。

 

今回は筋トレと健康の関係について考えていきたいと思います。

 

 

筋トレすれば長生きが手に入る?からだを鍛えることのたいせつさ

 

筋トレすれば長生きが手に入る?

 

長生きするには、運動がひつようです。

 

筋肉の衰え

 

若い時と比べて、からだが疲れやすくなった、、、

 

誰もが当てはまることですよね。

これは筋肉のおとろえが原因です。

 

あるデータによると、50歳を過ぎると、筋肉量は1~3%ずつ低下するといわれています。

 

また、65歳以上の高齢者の30%が毎年、転倒して打撲をしたり、ひどい場合は骨折しているというデータもあります。

 

筋肉のおとろえは、健康にはげしく関係してます。

 

筋肉が細くなる

 

歳をとっていくと、筋肉は細くなります。

お年寄りの方の足が細くなっていく現象を見れば、分かりますよね。

 

筋肉が細くなる理由はいろいろありますが、主に運動不足と食事。

 

・若い時と比べてからだが思うように動かなくなるので、運動する機会が減っていく、、、

 

・食事については、食が細くなり、食べる量が減っていく、、、

 

運動と食事のバランスが崩れはじめると、筋肉は細くなっていきます。

 

下半身は上半身より衰えが早い

 

からだのパーツで見ると、下半身の方が衰えが早いです。

 

からだを支えているのはおもに下半身、ということを考えると納得できますよね。

 

下半身は、家の基礎(土台)みたいなもの。

 

基礎がしっかりしていないと、家全体が傾いてしまいます。

 

からだも同じ。

下半身がしっかりしていないと、からだは弱っていきます。

 

寝たきりになると負の連鎖

 

寝たきりになると、筋肉のさらなる衰え、食欲の減退、精神的なストレスなどなど。

まさに負の連鎖。

 

負の連鎖をとめるにはなにが必要か?

そこで筋トレの出番です。

 

筋トレを習慣にしよう

 

筋トレすれば長生きが手に入る?

 

健康を維持するには、筋肉がひつようです。

筋肉をつけるために、筋トレしましょう。

 

高齢者でも筋肉は増える

 

歳をとってから筋トレしても、筋肉は増えないんじゃないの、、、

 

このように思うかもですが、歳をとってからでも筋肉は増えます。

こちらのデータを見て下さい。

 

筋トレすれば長生きが手に入る?

 

1時間の運動を週3回続けたところ、筋肉量が5.5%増加という結果が出てます。

 

筋肉をつけるのに、年齢は関係ないということですね。

 

脚の筋肉をきたえよう

 

からだ全体の筋肉を鍛えるのがベストです。

とはいえ、筋トレしたことがない人にとって、無理ゲーではないですがハードルが高めだと思います。

 

では、どこを鍛えればいいか?

それは脚です。

 

なぜなら、下半身の筋肉が全体の70%をしめているから。

 

「大きな筋肉を鍛える」

 

これが鉄則です。

 

下半身から衰えがはじまることを考えると納得できますよね。

 

筋トレはスクワットがおすすめ

 

脚の筋トレで有名なのがスクワット。

 

最近、スクワットに関する雑誌が多く出版されているので、みなさん知ってますよね。

 

筋トレには、「1つの筋肉を鍛える種目」と「複数の筋肉の種目を鍛える種目」があります。

 

スクワットは、一度に複数の筋肉を鍛えることができる種目。

 

脚の筋肉、おしりの筋肉、腹筋を同時に鍛えることができます。

 

せっかく筋トレするなら、効率がいいトレーニング、スクワットをしましょう。

 

毎日の習慣に取り入れる

 

レーニングもたいせつですが、普段の生活の中でもからだを動かすことがたいせつです。

 

例えば、階段。

 

1フロア階段を上がれば、スクワット10回と同じ効果があるといわれてます。

 

貯金と一緒で、毎日の小さな積み重ねが、のちのち大きな結果として出てきます。

 

『意識が変われば行動が変わる』

まさにそれです。

 

長生きするには、食事がたいせつ

 

筋トレすれば長生きが手に入る?

 

レーニングもたいせつですが、食事もたいせつです。

 

必要なたんぱく質

 

足の筋肉を維持するためには、1日に男性で約85g、女性で75gのたんぱく質がひつようといわれてます。

 

こちらが日本人のたんぱく質の平均摂取量のグラフです。

 

たんぱく質平均摂取量



控えめにって、日本人はたんぱく質不足です、、、

1950年代と同じ水準、、、悲しい現実ですね。

 

食が細くなる

 

歳を重ねるごとに、食が細くなっていきます。

 

高齢者の方は「栄養を取りたいのに、量を食べれない」という問題を抱えてます。

 

最近では、少量で高カロリー、高たんぱく質がとれる商品も開発されているくらいです。

 

「食が細くなると、からだが弱くなる」という、負の連鎖。

食事がいかにたいせつかと分かります。

 

レーニングによる食の意識の変化

 

レーニングが習慣になると、食に対する意識も変わってきます。

 

自分のからだは食べた物からできている

このように考えるからです。

 

運動は食欲を改善する効果も期待できます。

 

レーニングでからだを鍛え、食事の意識も変わる。

控えめにいって、筋トレは最高です。

 

長生きをしたいなら筋トレをしよう

 

今回はこれくらいにさせていただきます。

 

運動をしないと50歳から筋肉はドンドン減っていきます。

 

それを食い止めてくれるのが筋トレです。何歳から始めても、筋肉を鍛えることができます。

 

筋トレをはじめようとしている方、今日からスタートしてみてはいかがですか?

ではでは