トレーニング好き30代パパのブログ

筋トレで99%の悩みが解決すると思っている30代です

筋トレ・トレーニングすると風邪をひきやすくなる?!からだのメンテナンスについて

スポンサーリンク

風邪

 

レーニングしている人は、

からだが丈夫と

思われがちですが、

レーニング直後は

実はからだが

すごく弱っている状態なんです。

 

筋トレ・トレーニングを

継続することで、

筋肉や持久力が付き、

からだは健康になりますが、

レーニング直後は

エネルギーを酷使しているため、

からだは弱っている状態と言えます。

 

つまりトレーニング直後は、

風邪をひきやすい状態と言えます。

 

風邪をひいてしまうと、

仕事に支障が出たり、

レーニングが

できなくなってしまいますので、

からだのケアはとても大切です。

 

今回は

筋トレ・トレーニング後の

からだのメンテナンスについて

ご紹介していきます。

 

 

レーニング後の免疫力について

 

ある程度の時間

レーニングをすると、

ストレスホルモン(コルチゾール)が

分泌されます。

 

ストレスホルモンは

細胞を傷つけるホルモンなので、

これにより免疫力が低下し、

結果として風邪をひきやすくなります。

 

ハードなトレーニングしている人は、

一般の人に比べて

約3倍風邪をひきやすいとも

言われています。

 

からだを鍛えている人は、

風邪に強いと思われがちですが、

全然そんなことはないんですね。

 

 

からだのメンテナンスについて

 

メンテナンス

 

①栄養バランスのいい食事

 

レーニング後は、

タンパク質・糖質を

しっかりとりましょう。

 

最近、

糖質を控える傾向がありますが、

糖質は

エネルギーの源になりますので、

しっかりとることがたいせつです。

 

またタンパク質は、

筋肉をつくる以外に

免疫細胞の材料になりますので、

プロテインだけでなく

肉・魚から

タンパク質をとりましょう。

 

また

ストレスホルモンの対策として、

抗酸化作用を多く含む食品を

とることが必要です

 

抗酸化作用のある栄養素は、

ビタミンC、ビタミンE、

ポリフェノール類、ミネラル類が

挙げられます。

 

緑黄色野菜、果物、ごま、

アーモンド、海藻類、魚介類

抗酸化作用の栄養素を

多く含む食品となりますので、

しっかりとりましょう。

 

 

②グルタミンをとる

 

グルタミンは

必須アミノ酸の1つです。

 

グルタミンの効果はこちらです。

免疫力向上

傷の修復

消化管機能のサポート

筋肉分解の抑制

 

また飲むタイミングは、

レーニング直後と就寝前です。

 

③睡眠時間の確保

 

ボディメイクでたいせつなのは、

レーニング・食事・

睡眠の3つと言われております。

 

睡眠により免疫力は回復しますので、

レーニングした日は

7~8時間ほど、

睡眠時間を確保した方が良い

と言われております。

 

 

④お風呂で疲れを癒す

 

からだを温めることで

疲労回復効果がありますので、

長時間の入浴は

おすすめしないですが、

お風呂で疲れを癒すことも

たいせつです。

 

 

まとめ

 

筋トレ・トレーニングをすると、

ストレスホルモンの影響により、

免疫力が低下して

風邪をひきやすくなります。

 

風邪をひきにくくする

からだのメンテナンスはこちらです。

 

①栄養バランスのいい食事

②グルタミンをとる

③睡眠時間の確保

④お風呂で疲れを癒す

 

風邪をひくと生活バランスが

崩れてしまいますので、

しっかりからだのメンテナンスを行い、

健康を維持したいですね!