トレーニング好き30代パパのブログ

筋トレで99%の悩みが解決すると思っている30代です

筋トレ好きサラリーマンが仕事の付き合いで飲むときに心掛けていること

スポンサーリンク

仕事の付き合いで飲むときに心掛けていること

 
営業職のわたしは、
仕事の付き合いで年に何回か取引先と飲む機会があります。
 
同じ会社の飲み会なら基本断りますが、
取引先との飲み会となれば話はべつ。
 
仕事をやりやすくするために、
飲みニケーションも一つの手段。
 
ただ残念な点が。
 
飲み会が入ってしまうと、
自分が管理していたカロリーバランスが崩れてしまうところ
 
ボディメイクは、
食事8割・筋トレ2割と言われるくらい食事がたいせつといわれてます。
 
仕事の付き合いでの飲み会と筋トレ生活のバランスを保つために、
わたしが心掛けていることを今回はご紹介
 

魚料理が売りのお店をチョイス

 
お店をセッティングできるのが営業の特権。
 
海鮮(魚・貝など)は、
基本、高タンパク質+低脂質な素材ばかり。
ある程度食べてもOK。
 
お客さんには「予約が取りづらい有名店おさえましたよ」とアピール
 
お客さんは、ごはんもお酒も美味い。
 
自分は、タンパク質がたくさん取れる。
 
お互いWIN-WINです。
 
 

時間制のお店をチョイス

 
お酒が好きなお客さんの場合、
長丁場になる傾向があります。
 
個人的にダラダラ飲むのが嫌いな性格なので、
決まった時間に終わりたいのが本心。
 
2時間もあれば商売のはなし含め、
お互いの距離を近付けることができるというのがわたしの意見です。
 
予約が取りづらいお店であれば、
2時間制など決まっているので、
終わりの時間が見えているのがいいところ。
 
時間制がなく、長丁場になりやすいお客さんと飲むときは
店員さんにあらかじめ
「2時間経ったら時間制であること声掛けに来て下さい」
と伝えておきます。
 
全ては早朝の筋トレのために、夜できる限り早く寝たいから。
 
わがままだ・・・
 
 

趣味が筋トレとアピール

 
日本のフィットネス人口は3.3%と言われてます。
 
その中でも、筋トレをメインにしている人はごくわずかなので、
趣味が筋トレと暴露するとみなさん食いついてくれます。
 
営業はお客さんの印象に残ってなんぼの世界なので、
変った目で見られますが筋トレが趣味なのはインパクト大です。
 
話のネタに困ったときは、投下するようにしてます。
 
かならず「何を目指しているの?」と聞かれますが・・・
 
 

まとめ

 
取引先の飲み会は、
主役がお客さんなのでコントロールできる部分は少ないですが、
その中でも幹事のメリットを活かして筋トレ生活に支障がでないよう、
今回紹介したこと3つを心掛けています。
 
筋肉は裏切らない!
 
ではでは