トレーニング好き30代パパのブログ

筋トレで99%の悩みが解決すると思っている30代です

時間とお金の関係|USJから時間という価値を学ぶ

スポンサーリンク

時間とお金の関係|USJから時間という価値を学ぶ

 

時間は誰にでも平等に24時間与えられていますが、その使い方の質は千差万別です。

 

おいしいラーメンやパンケーキを食べるのに2時間待つのは平気という方もいれば、時間がもったいないから絶対ムリという方もいます。

 

時間の使い方は人それぞれなので、どちらが正しいのか正解はありません。

 

わたしは時間の使い方が下手なので、現在タイムマネジメントを勉強中です。

 

勉強していく中で、USJに見る時間の価値やこころに響いたエピソードがありますのでご紹介させていただきたいと思います。

 

 

USJに見る時間価値

 

USJでは、「ユニバーサル・エクスプレス・パス」が販売されています。

 

そのチケットは一般のチケットよりも割高ですが、行列に並ぶことなく優先的にアトラクションを楽しめます。

 

土日や連休時は通常と比べるとチケットが高くなる変動価格制ですが、売れ行きは好調みたいです。

 

ここにお金と時間の関係が如実に表れていると思います。

 

普通のパスを買い長蛇の列に並ぶのか、それともお金をかけて列に並ぶ時間を省くのか?

 

このUSJの例からわかるように、お金をかければ時間を節約することができ、そうでなければある程度の時間を費やすことを覚悟しなくてはいけません。

 

東京ディズニーランド(TDR)では「ファストパス」があります。

 

これも行列に並ぶことなく優先的にアトラクションを楽しめるという意味では一緒ですが、ファストパスは早い者勝ちで、すべての人に平等に与えられているわけではありません。

 

そういう意味では、TDRは民主主義的といえますが、USJは資本主義的(お金を多く払う人は時間を買うことができる)ということができると思います。

 

新幹線の時間単価という考え方

 

インテリアデザインの世界で活躍する一流デザイナーの方のエピソードです。

 

その方はお金に余裕があるのでグリーン車を乗ることは普通にできますが、あえて一般車両の指定席に乗るそうです。

 

その理由は2つあります。

 

1つめは、「グリーン車でも一般車両でも、到着時刻が変らないため」。

 

グリーン車に乗った方が一般車両よりも早く到着するのであればグリーン車に乗るけどそうではないため、料金が安い一般車両に乗ると話されてました。

 

2つめは、「新幹線は、第二の事務所みたいなもの。グリーン車だと、静かすぎて仕事がしにくい。とくに早朝のグリーン車は、寝ている人が多いため、キーボードのタイピング音が社内に響いてしまって、まわりの人に気を使いすぎてしまう。お客様視点や現場感覚を忘れないためにも、一般車両で仕事をします」という理由です。

 

この方は一般車両でもグリーン車でも時間価値が変わらないため、一般車両を選択されています。

 

東京ー大阪間の場合、グリーン車料金は5,000円。

 

グリーン車を乗ることで、からだが休まり仕事のパフォーマンスがいつもより5,000円以上上がるのであれば、グリーン車に乗った方がいいことになります。

 

時間価値をどうとらえるかがたいせつだということです。

 

じつは、世界一の富豪であるマイクロソフトビル・ゲイツも同じような発言をされてます。

 

「飛行機のに乗る手段で、ファーストクラスに乗ってもエコノミーに乗っても、目的地に着くまでの時間は同じであり、高いお金を支払っても時間を節約できるわけではない」

 

成功者のエピソードから時間価値を学ぶことは多いです。

 

今やっていることを時間単価に置きかえる

 

わたしはサラリーマンなので毎月決まった給料をもらうのが当たり前になってますが、「自分がやっていることを時間単価に置き換えて考える」という癖をつけなければいけないと思ってます。

 

サラリーマンの場合、時間給を上げる方法の一つに役職を上げることがあります。

 

ただ給料が上がったけど、責任が大きくなることで仕事時間も増えていたらあまり意味がありません。

 

役職を上げて時間単価を上げる場合、仕事の効率を上げることは必要不可欠です。

 

他には通勤時間に片道2時間かかっているのであれば、通勤時間も仕事の時間と同じなので、職場の近くに住むのも一つの方法だと思います。

 

いかに時間単価を上げるか?

 

わたしの場合、ブログを書くことは時間給の視点から考えるととても非効率です。

 

それを考えると挫折しそうになります・・・

 

ブログを発信し続ける理由として稼ぐことも当然ありますが、フィットネスの素晴らしさを一人でも多くの人に知ってもらいたいという想いがあります。

 

時間軸を長く考え、今はとても非効率でも時間をかけた先に成功が待っていると信じてこれからも続けていきたいと考えてます。

 

また今勉強している不動産投資は成功すれば、不労所得を手に入れることができるので、自分の時間単価を上げるためにかならず実現したいと考えてます。

 

わたしの理想は、いかに時間単価をあげることができるか。

 

サラリーマンの仕事以外は時間軸を長くおいて、今はつらいけど質より圧倒的な量の時だと考え、マインドを維持しつつこれからも頑張っていきたいです。

 

時間単価についてわたしがオススメする本がこちら。

 

 

ではでは