トレーニング好き30代パパのブログ

筋トレで99%の悩みが解決すると思っている30代です

トレーニング・筋トレが続かない方へ モチベーションを維持する方法

モチベーションを維持する方法

 

1週間に2回トレーニングを3ヶ月継続できれば、

必ずからだの変化が現れてきます。

 

まわりの人からも、

「あれ?なんか痩せた!?」

「体格良くなったね」

と言われるようになります。

 

しかし運動を久しぶりに再開した方が、

週2回のトレーニングすることは、

かなりハードル高いですよね。

 

週末にジムに行くことはできても、

平日仕事がある中であと1日行くのは、

モチベーションが維持できてないと正直難しいです。

 

わたしもジムには加入したけれど、

幽霊会員になったこともありましたので、

週2回のトレーニングのハードルの高さは実感してます。

 

現在、わたしは週4でトレーニングしてますが、

わたしがどのようにトレーニングのモチベーションを維持しているのか、

ご紹介したいと思います。

 

参考になるところがあればと思います。

 

 

 

モチベーション維持① (写真での記録)

 

毎日、自分のからだを写真で記録することをおすすめします。

できれば、いつも決まった時間に記録する方がいいですね。

起床後、または寝る前であれば、

毎回同じ状態で記録することができます。

 

記録するのは、体重ではなく見た目がいいです。

体重は水分量などその日の体調で上下があります。

理想のからだは、誰から見ても「いいね!」って褒められるからだであり、

体重のことは見えない部分ですので、

写真で記録することをおすすめします。

 

半年~1年トレーニングが継続できれば、

ライザップのように新旧のからだ比較もできるようになります

 

目で見える変化を記録することが、

モチベーション維持につながります。

 

 

モチベーション維持② (SNSの活用)

 

わたしのモチベーション維持で最も大きな要素がSNSです。

 

SNS利用の目的は、

自分の理想像を見つける

自分と同じ境遇の人と気持ちをシェアする

ことです。

 

何ごとも自分のなりたい姿を思い描くことがたいせつです。

理想を求めないと、なりたい姿になれないとわたしは思います。

わたしの好きな著者「ワタナベ薫さん」も、

理想像を思い描くことの大切さについてよく取り上げられています。

 

インスタでは、筋トレブームもあり、

男女多くの方が、トレーニング画像や写真を投稿してます。

その中で自分の理想となる方をフォローして、

その人の価値観や生活習慣などを学んで、

自分も実施することでモチベーションを維持することができると思います。

 

成功の近道は、成功者から学ぶことです。

 

また自分と同じ悩みや努力している方もたくさんいます。

その方々とコミュニケーション取る中で、

一人ではなく誰かと共有することができるのも

インスタをおすすめする理由となります。

 

フォロワー数を増やすのを目的に接触する人もいるため、

ある程度の注意は必要ですが、

今の時代、SNSを活用して自分の価値観を共有することはたいせつだと思います。

 

まだインスタを始めたことがない方は、

登録も無料で簡単なのでぜひはじめて下さい。

 

自分は投稿しないで見るだけの使い方もあり

記録用としてからだや食事の写真をアップする

など使い方は様々だと思います。

 

 

モチベーション維持③ (週1回のチートデイ)

 

ダイエットやからだを締めるためには、

食事8割、運動2割とよく言われます。

 

週2回のトレーニングも大切ですが、

それ以上にたいせつなのが食事です。

 

以前にも紹介しました

PFCバランスで管理するのが成功のカギとなります。

 

ただ、毎日ガチガチに食事管理するのも疲れてしまいます。

 

そこで週1回、自分の好きなものを食べる「チートデイ」を設けるのも、

モチベーション維持にはたいせつなことだと思います。

 

たとえば、1日 1,800カロリーを目標とされている方であれば、

チートデイは1,000~1,500カロリープラスしてもいいと思います。

 

わたしはよく飲み会がある週末に

このチートデイを設けてました。

 

罪悪感を感じながらも、

また1週間頑張ろうという気持ちにつながります。

 

 

モチベーション維持④ (testosteroneさん 書籍読むべし)

 

わたしの師匠的な存在である「testosteroneさん」

書籍やツイッターなどフォローしている人は非常に多いです。

 

笑える考え方も多いんですが、

いざ実践するとなぜか納得しちゃうんです。

 

その一部をご紹介

 

筋トレで自身がつく理由

①からだがカッコよくなる

②異性にもてる

③テストステロンというホルモンにあふれて気分上々

④上司も取引先もいざとなれば力ずくで葬れると思うと得られる謎の全能感

⑤恋人に裏切られてもバーベルがいるという安心感

 

①~③は何となく分かりますが、

④⑤はおかしいでしょ!ってつっこたくなりますよね。

でもトレーニングしているとなんか共感しちゃうんですよね(笑)

 

また、

 

プロテインを国民的におやつにするべき7つの理由」

「手首の代わりに筋繊維をカットしろ」

 

などインパクト大のフレーズが多々ありますが、

なぜが納得する部分があるので、ぜひ一度読んでみて下さい。

 

読み終わる頃には、

あなたも信者になっているはずです(笑)

モチベーション維持⑤ (ジムアクセサリー)

 

以前の記事で少しご紹介しましたが、

レーニングウェア、サプリ、音楽プレーヤーなど

自分が気に入ったアイテムを揃えることで、

モチベーションにつながります。

 

わたしは、お小遣いの大半を

ジムアクセサリーに使ってます・・・

 

ほどほどにしないといけないですね。

 

 

 

まとめ

 

わたしが考えるモチベーション維持の方法をご紹介しましたが、

この5つの中でおすすめなのが、

②「SNS活用」

④「testosteroneさん 書籍読むべし」

の2つです。

 

みなさん、参考までにしていただければと思います。