トレーニング好き30代パパのブログ

筋トレで99%の悩みが解決すると思っている30代です

体を鍛えるには、どうすれば効果的なのか?成果を出すためのポイント

スポンサーリンク

 

体を鍛えるには、どうすれば効果的なのか?

 

どーも、こんにちは。ともです。

 

レーニングしているだけど、なかなか効果が出ない、、、

 

こんな悩みを抱えている方に、今回は成果を出すためのポイントについてご紹介していきます。

 

この記事は、こんな方におすすめです

・最速で効果が出る、体の鍛え方を知りたい方

・筋トレをはじめようと考えているけど、どうすればいいか分からない方

・ジムに通い始めようか考えている方

 

 

体を鍛えるには、どうすれば効果的なのか?成果を出すためのポイント

体を鍛えるには、どうすれば効果的なのか?

 

自己流でやっても、残念ながら、効果は出にくいです、、、

 

ルール・しくみ知ろう【トレーニング】

 

サッカーの場合、ルールを知らなければ、試合にぜったい勝てません。

体を鍛えるのも同じです。

 

マシンであれば、筋肉に負荷をかけるポイントがあります。

ダンベルであれば、基本のフォームがあります。

胸を鍛えるのであれば、王道のトレーニング種目、そして回数があります。

 

このように筋トレもルール・しくみがあります。

このルールを知らないで、自己流でトレーニングしていても、残念ながら、なかなか効果は出ないでしょう、、、

 

筋トレの基本を知ろう

 

それは、成功者のまねをすること。

 

・ジムのスタッフにトレーニング方法を聞く

・身近な人で自分のなりたいスタイルの人がいれば、その人にトレーニング方法を聞く

 

これがいちばんの近道であり、成功法です。

 

「まず自分でやってみる!」

確かにこのチャレンジ精神もひつようです。

でも、近道の方法があるのであれば、それを使わない手はないと思います。

わたしが通っているジムに、自己流でトレーニングしている人がいます。

残念ながら、1年以上たってもスタイルは変わっていない気がします、、、

 

筋トレはyoutubeで学ぶ

 

スタッフに聞くのは恥ずかしい、、、また、身近にトレーニングしている人がいない、、、

 

こんな方にはyoutubeがおすすめ。

動画でトレーニング方法を知ることができます。

 

多くの人が、これをしないでショートカットしようとしますが、自己流でやっても遠回りしているだけです。

『成功者のまねをすること』。まねは、「まねぶ(学ぶ)」です。

 

今では、男性女性共に多くのトレーニング解説動画がネットに転がっています。

動画を見て、正しいトレーニングフォームを学びましょう。

おすすめは、男性ならsho fitness。女性なら山口絵里加さんですかね。

その他にもいろいろ動画は転がっています。

自分に合いそうな動画を探してみましょう。

 

筋トレはインプットとアウトプットの繰り返し

 

動画を見ていざ実践。

とはいえ、最初はきっとうまくいかないはずです。

しかし「実践→学ぶ→実践」を繰り返していけば、自然と経験値はたまっていきます。

PDCAサイクルをまわす感じですね。

 

「実践」のみだと、自分が道を外れていることに気が付かないでしょう。

インプットとアウトプットのバランスがたいせつです。

 

『ルール・しくみを学ぶ。そして実践。うまくいかなかったら、また学ぶ』

この繰り返しです。

 

食事はバランスがたいせつ|ルール・しくみを知ろう

体を鍛えるには、どうすれば効果的なのか?

 

食事は、トレーニング以上にたいせつです。

 

筋トレは食事が7割

 

体を鍛えるには、食事が7割・トレーニングが3割といわれています。

「食事が7割」は意外に思うかもですが、『自分のからだは、食べた物からできている』

このように考えると、納得できるかもです。

 

いくらストイックにトレーニングしていても、食事のルール・しくみがわかっていないと、これまた遠回りすることになります。

 

「消費カロリーと摂取カロリー」「PFCバランス」

 

たいせつなのは、この2つ。

これさえおさえておけば、かならず成果は出ます。

 

・消費カロリー>摂取カロリー

・PFCバランス(たんぱく質・脂質・炭水化物)

 

食事の内容を記録する

 

そんなにたくさん食べていないんだけど、太りやすくなった、、、

 

筋トレをはじめるまえのわたしが、まさにこれでした。

自分の感覚では食べていないんだけど、、、ってやつですね。

 

これは「そんなにお金使っていないんだけど、なかなか貯金できない」っていうのと同じです。

このような方に家計簿をつけているか聞いてみると、ほとんどの人が「つけていない」と答えるでしょう。

 

何ごともそうですが、数字でおさえないと現状を知るのは難しいです。

 

ずっと管理するひつようありません。

1~2ケ月くらい記録すれば、かならず気づきがあります。

普段食べていた食べ物が意外とカロリーが高かったり、PFCバランスが悪かったなどです。

 

気付いたら修正する。

これもいってみれば、PDCAサイクルをまわすのと同じです。

高速でまわすひつようないので、1ミリずつまわしてみましょう。

 

筋トレはチャレンジの繰り返しです【PDCAサイクル

体を鍛えるには、どうすれば効果的なのか?

 

仕事において、「PDCAサイクルがたいせつ」ってよくいいますよね。

筋トレもまさにこれです。

 

P:トレーニング方法、食事メニュー

D:実行

C:体重やからだをみて確認

A:よくなかったことは、修正して再度実践

 

チャレンジすることはたいせつです。

とはいえ、筋トレにもルールやしくみがあります。

最初から深堀するひつようはありません。

下記の2つのポイントのみでオッケーです。

 

レーニング方法とフォーム。食事。

 

ゼロからスタートする方は、ここをおさえてみてください。

最速で成果が出ると思います。

 

今回はここまでとさせていただきます。ではでは