トレーニング好き30代パパのブログ

筋トレで99%の悩みが解決すると思っている30代です

筋トレマニアの武田真治さんが素敵すぎる件について

筋トレマニアの武田真治さんが素敵すぎる件について

 

NHKみんなで筋肉体操」で筋トレ界の一躍人気者になった武田真治さん。

 

今週11/26のしゃべくり007に出演し、筋肉愛を語られました。

 

武田真治さんが筋トレをはじめたきっかけは、

「あごの関節症で思うように食べることができずやせ細ってしまったところ、

その時出会った医者に筋肉をつけることをすすめられた」ということらしいです。

 

しゃべくり007で語られたフレーズがこちら。

 

「筋トレは精神安定剤

「世の中って90㎏持つよりつらいことはない」

 

インパクト大ですね。

 

今回はこのフレーズについて、

わたしなりの意見をお話していきます。

 

 

「筋トレは精神安定剤

 

筋トレにはまっている人は理解していただけると思いますが、

筋トレをしている最中、無敵状態を感じることができます。

 

マリオで例えると、スターをとって光って、敵に当たっても死なない状態。

 

これはホルモン分泌の影響によるものですが、

「どんなことでもなんとかなる」という根拠のない自信とやる気が湧いてきます。

 

筋トレは全力を出しきるので、程よい疲れと疲労でぐっすり寝ることができます。

 

ストレス過多で何もする気が起きない時こそ、筋トレがおすすめ。

 

こう考えると、武田真治さんが「筋トレは精神安定剤」という理由が

お分かりいただけるかと思います。

 

 

「世の中って90㎏持つよりつらいことはない」

 

筋トレマニアの武田真治さんが素敵すぎる件について

 

わたしのプロフィールにもあるように

筋トレで99%の悩みは解決できるとわたしは思ってます。

 

自信がない→筋トレ

ストレス発散→筋トレ

仕事がうまくいかない→筋トレ

モテない→筋トレ

病み気味→筋トレ

威厳がない→筋トレ

長生きしたい→筋トレ

自尊心がない→筋トレ

 

このようにほとんどの悩みは筋トレで解決します。

逆に筋トレした後でも残っている悩みは真の悩みということです。

 

「世の中90㎏持つよりつらいことはない」の90㎏の重さの基準は、

人によって基準が違います。

 

わたしはまだその重さまでのレベルに達していません。

 

持ちあげれる限界の重さ=世の中で一番つらいこと

ということです。

 

少しはご理解いただけたでしょうか?汗

 

 

まとめ

 

しゃべくり007で武田真治さんが話した内容について、

ネットではかなり反響がありました。

 

筋トレ好きな人には、

精神安定剤はすごくよく分かる!」

「週の始まりの仕事→スクワットからくる心地よい疲労感。たまらん」

といった共感の声が多数。

 

一方、困惑した人も少なくなかったようです。

「このままでは武田きんに君になってしまう」

「かっこいいより・・・かなりヤバいけど大丈夫か?」

「全然わからんかった」

 

語った内容がインパクト大なので、意見が分かれるのは当たり前ですよね。

 

今回のブログを読んでいただき武田真治さんの語られた内容を少しでも理解していただけると、わたし的にうれしいです。

 

筋肉は裏切らない!

 

ではでは