トレーニング好き30代パパのブログ

筋トレで99%の悩みが解決すると思っている30代です

こんな発想ができれば、きっとストレスフリーの世の中になるはず

こんな発想ができれば、きっとストレスフリーの世の中になるはず

 

現代社会は「ストレス社会」だとよくいわれてます。

 

人間関係、お金、時間など不自由しない生活ができればストレスを感じることはないと思いますが、なかなかそうはいかないのが現実です。

 

今回わたしが考えた発想の転換により、みなさんのストレスが少しでも軽減できればいいなと思いこの記事を書きました。

 

 

電車の出入口付近でどかない人を見かけた時

 

東京の通勤時間の電車はいつも満員です。

 

停車した際、降りる人が優先なので出入口付近の人は一旦外に出るのがマナーですが、スマホをいじっていてどかない人をたまに見かけます。

 

そんな人は・・・

 

キャリーバックのコロコロを足に付けて、えーいと動かしてしまえ!

 

きっとピリピリした満員電車が、ほっこりすると思います(笑)

 

エスカレーターで人をかき分けて歩く人を見かけた時

 

関東と関西で立つ位置が違うエスカレーターですが、エスカレーターを歩くのは人に接触する危険があるため、手すりにつかまるのがマナーになってます。

 

しかしながら、朝の通勤時間や駆け込み乗車などの時にこのような行為をされている方を見かけることがあります。

 

「危ないなぁ」と思いつつ、先日こんな発想をしたら自然と笑顔になりました。

 

「あの人はう○こがしたくて、きっと急いでいるんだ」

 

いかがですか?だれもがイライラしないで笑顔になりますよね?

 

車を運転していて急いでいる車を見かけた時や、赤信号でも突進してくる車に遭遇した時など、様々なシチュエーションでこの発想は応用できます。

 

 

寝坊で会社に遅刻する人を見た時

 

前日飲みすぎて遅刻してくる人はどの会社にもいるはず。

 

すでにまわりは仕事をスタートさせているので、その人が会社に到着したときはピリピリするものです。

 

そんな時、こんな言葉をかけるのはどうでしょう?

 

「遅刻するのが分かっているのに出勤するなんて、すごい責任感あるね!いいね!」

 

普段笑わない人もきっと笑ってくれるはずです。

 

「承認すること」が世の中をストレスフリーにする

 

インスタやツイッターといったSNSは、自分の投稿に「いいね!」してくれると誰もがうれしい気持ちになると思います。

 

はてなブログであれば、はてなスターやブックマークですね。

 

「いいね!」=「承認すること」

 

自分を承認してくれるということに対して、嫌な気持ちになる人は一人もいないと思います。

 

ストレスを感じた時に、「いいね!」「がんばってるね!」と承認の気持ちが持てれば、きっとストレスから解放されるとわたしは思います。

 

まとめ

 

「すべてを承認すること」で、現代のストレス社会をストレスフリーの社会に変えることができると思います。

 

今回ご紹介した以外におもしろい発想があれば、ぜひぜひ教えて下さい。

 

ご意見お待ちしております。

 

筋肉は裏切らない!

 

ではでは