トレーニング好き30代パパのブログ

筋トレで99%の悩みが解決すると思っている30代です

家計簿に特別費を取り入れるたいせつさ|貯金をしっかり貯めるコツ

 

家計簿に特別費を取り入れるたいせつさ

 

家計簿をしっかりつけているのに、長期連休や誕生日などのイベントがあると赤字になってしまう

 

このような経験をされる方は多いのではないでしょうか?

 

わが家もイベントがない月は決まった金額を貯金できていますが、長期連休などイベントがある月はどうしても赤字になってしまいます。

 

安定して貯金をしていくためにはどうすれがいいのかな?

 

頭を悩ませている時、仲良くさせてもらっているブロガーさん(ku-kaさん)が『特別費』を記事にされておりとても参考になりました。

 

今回は安定して貯金をするための『特別費』の考え方についてお伝えしていきます。

 

この記事を読んでもらいたい方

 

・家計簿をしっかりつけているのに貯金がなかなかできない人

・特別費という考えがなかった人

・特別費を知って、しっかり貯金していきたい人

 

 

家計簿に特別費を取り入れるたいせつさ|貯金をしっかり貯めるコツ

 

家計簿に特別費を取り入れるたいせつさ



安定してお金を貯めるには家計簿に『特別費』を取り入れることがたいせつです。

 

特別費とは

 

毎月支払うひつようのない出費です。

具体的にはこちらになります。

 

・旅行代

・帰省旅費

・車検

・保険料

・衣料費

・誕生日プレゼント

・クリスマス食事・プレゼント

・インフルエンザ予防接種

・年賀状

・お年玉

・冠婚葬祭

 など

 

わが家の場合、年間の特別費は約51万円。

 

1ヶ月に置き換えるとなんと約4万2千円。

 

すごい大きな金額ですよね。

 

毎月支払うひつようがないため、管理するのが難しい出費になります。

 

しかしこの特別費をしっかりつかんでおかないと、貯金をためるどころか取り崩すことになってしまいます。

 

特別費の大切さ

 

①イベント出費に向けて事前に準備ができる

 

「GWやお盆といった長期連休や家族の誕生日があると赤字になってしまう」

 

このような経験をされている人は多いですよね。

 

「今月は急な出費があったから赤字でも仕方がない」と考えていると、貯金はなかなか思うようにできません。

 

誕生日、旅行、帰省、保険料支払いなど1年間の中でイベントは意外と多いです。

 

毎月支払うひつようがないため管理は難しいですが、管理が難しいからこそあらかじめ予定を立てておく準備がたいせつです。

 

1年間のイベントに使う特別費を事前に準備できれば、毎月の収支のバランスを見ながらしっかり貯金をすることができます。

 

それぞれの家庭ごとに特別費の金額は異なると思います。

 

仮に年間の特別費が24万円かかる場合、1ヶ月に置き換えると2万円になります。

 

この『特別費2万円』を毎月の家計簿の『生活費』や『水道光熱費』と同じように組み込んでおきましょう。

 

②ボーナスに頼らないゆとりを持ったお金の管理

 

12月はクリスマス・帰省・年賀状を出すなどイベントが盛りだくさんです。

 

12月は出費が多くかさみますが、「ボーナスが出たからいいか」と考える人も多いと思います。

 

しかし、住宅ローンや車のローンなど「ボーナス払い」にしている人が多いため、『イベントなどの出費をとりあえずボーナスでカバーする』方法は得策とはいえないでしょう。

 

たいせつなのは事前に特別費を用意しておくことです。

 

「クリスマスのイベントに向けて、食事とプレゼント費用で2万円を事前に準備」といった感じです。

 

『ボーナスでとりあえずカバーする』と、『必要になりそうなお金を事前に準備する』では大違いです。

 

③妥協しなくていい。ランクを下げなくていい

 

本当は食べたい料理があるけど予算オーバーだから、我慢してちょっと安い料理を頼もう

 

旅行先の食事の際、こんな経験はないでしょうか?

 

「旅行にお金を使っているから出費をおさえれるところはおさえよう」と誰もがきっと考えると思います。

 

でも年に1~2回の旅行なので、できるのであれば旅行の時くらいお金のことは気にしないで使いたいですよね。

 

こちらも「旅行で使う特別費」をあらかじめ準備できれば問題が解決します。

 

プレゼントやお土産も同じ考えですよね。

 

すこし高めに特別費を準備しておけば、気持ちにゆとりが出て選択肢が広がります。

 

実際の出費が準備していた特別費より結果低くなれば、その分は貯金に回すことができます。

 

年に数回しかないイベントの時は、節約のことは考えずにお金は使いたいですよね。

 

特別費を一度書き出してみよう

 

家計簿に特別費を取り入れるたいせつさ

 

『特別費』をつけていなかったという方は、一度書き出してみましょう。

 

自分が思っているより意外と多くのお金がかかっていることがあります。

 

『年間の特別費を計算し、月々の家計簿に落し込んでいく』

 

最初はすこし面倒に感じるかもしれません。

 

しかし年間の特別費が24万円かかっている場合、1ヶ月に置き換えると2万円。

 

自分が知らないところで毎月2万円を出費をしていることになります。

 

この事について事前に知っているのと知っていないのでは、時間を積み重ねていくと大きな差が出てきます。

 

特別費をしっかりおさえることができれば気持ちにゆとりが生まれます。

 

そして選択肢がふえます。

 

『家計簿に特別費を取り入れるたいせつさ』

 

ぜひ試してみてください!