トレーニング好き30代パパのブログ

筋トレで99%の悩みが解決すると思っている30代です

退屈でつまらない1日を変える方法|朝、テンションをあげる

スポンサーリンク

退屈でつまらない1日を変える方法|朝、テンションをあげる

朝起きた時、「会社に行きたくない」「学校に行きたくない」と多くの方が思うはずです。

 

退屈でつまらない1日を変える方法、それは『朝、テンションをあげること』です。

 

「いやいや、朝、テンションが上がらないから退屈でつまらない1日になるんだよ」とツッコミが入りそうですが、これからご紹介する方法が実践できれば退屈な日が楽しい日に変ります。

 

 

朝、テンションが上がらない理由

 

多くの方が朝ギリギリまで寝て、カンタンに朝ごはんをすませ、そして身支度をして会社に向かうという生活サイクルをしていると思います。

 

会社に着くとき、気分のバロメーターはきっと0に近い状態。

 

バロメーターが0に近い状態からテンションをあげるのは至難の業です。

 

仕事が終わって寝るまでの自分の時間がテンションの上がる時間という方は多いと思いますが、寝ると朝にはその状態がリセットされてしまします。

 

リセットされないためには、そのテンションが上がる時間帯をシフトするひつようがあります。

 

早起きをして、朝に自分の好きなことをしてテンションをあげる。

 

好きなことをする時間の量は変えずに、時間帯をシフトする。

 

夜、寝る前に2時間youtubeなどの動画を見ることでテンションが上がるのであれば、それを朝にするわけです。

 

睡眠時間を削るわけにはいかないので、朝時間をつくるためには夜早く寝るひつようがあります。生活習慣を変えなけばいけません。

 

それが実践できれば、だれもが朝テンションを上げることができ、たとえ会社に着くころにはテンションが下がっていても、朝ギリギリまで寝ていたテンションと比べるとスタートの位置がぜんぜん違います。

 

朝、テンションを上げる理由

 

朝の1時間は、夜の3時間に相当する

 

仕事の場合、昼から3時間かけてやったことが、朝は1時間で終了!ということです。

 

自分は夜型だから、夜好きなことをやりたいという方もいらっしゃると思いますが、誰が見ても朝型の方が効率的ですよね。

 

夜にパソコンやスマホでネットサーフィンするのが好きな人もいますが、脳が刺激され起きている状態になるため、睡眠の質から考えても朝型の方がメリットあります。

 

朝早起きをして何をするのか?

 

読書、ドラマを見る、ゲームする、筋トレする、何でもOKです。

 

自分のテンションが上がることであれば、何でもいいと思います。

 

個人的には筋トレをオススメします

 

その理由は、筋トレによって分泌されるホルモン。

 

筋トレをすると、テストステロン、アドレナリン、ドーパミンなど気分アゲアゲのホルモンがたくさん分泌されます。

 

このホルモンが分泌されるとどうなるか?

 

「おい、おい。自分の末恐ろしいな!」

 

「自分の限界が見えてこない・・ジムに置いてあるダンベルをすべて持ってこい!!」

 

こんな感じでまったく根拠のない自信を味わうことができます。

 

ストレスが溜まることがあったら、そのことをダンベルに置き換えて何があっても上げる。

 

筋トレが終わるころには、きっと誰もがスーパーサイヤ人のように無敵の状態を味わえます。

 

こんな根拠のない自信がついている状態で仕事に向かうので、会社着いたときからエンジン全開です。

 

朝の2~3時間でその日の大半の仕事を終わらすことができます。

 

ただ、朝に筋トレをするデメリットが1つ。

 

夕方にガス欠になります・・・

 

まとめ

 

自分の好きな時間は減らさず、その時間帯を朝にシフトする。

 

これだけで退屈でつまらない日が劇的に変ると思います。

 

嘘だと思う方は、2週間実践してみてください。

 

きっと効果が分かると思います。

 

筋肉は裏切らない!

 

ではでは