トレーニング好き30代パパのブログ

筋トレで99%の悩みが解決すると思っている30代です

人生100年時代という未知の世界|漫画ライフシフトから考えること

 

人生100年時代という未知の世界|漫画ライフシフトから考えること

 

どーも、こんにちは。ともです。

 

人生100年時代。というフレーズを最近よく見かけます。とはいえ、正直、そんなこといわれてもどうすればいいの?って感じですよね。

 

そんな方にオススメなのが、今回紹介するのは「マンガ ライフシフト」。原著は「LIFE SHIFTー100年時代の人生戦略」で290ページありますが、マンガは168ページにコンパクト化されています。マンガなので、だれでもサクッと読むことができます。ちなみに、自分は30分で読めました。

 

この本を読めば、人生100年時代というぼんやりしたイメージが、形としてすこし見ることができるようになると思います。今回、書評ではないですが、こころに残った内容に触れつつ、人生100年について考えていきたいと思います。

 

 

人生100年時代という未知の世界|漫画ライフシフトから考えること

 

人生100年時代という未知の世界

 

人生100年時代という未知の世界に突入します。

正直、不安しかないですよね。

 

これまでの人生のステージ

 

これまで、人生は下記のように大きく3つのステージに分かれてました。

教育→仕事→引退

 

具体例をあげると、一流大学に入学→大手企業に就職→定年退職という3つのステージ。大手企業という電車に乗れば、定年退職後に年金暮らしという、終着駅まで届けてくれるイメージ。

 

これまでの時代、大手企業であれば、会社が倒産することもないし、終身雇用が保証されていました。将来安泰ってやつです。将来なりたい職業に公務員が1位というの納得できるかもです。

 

とはいえ、この3つのライフステージは、平均寿命が80歳前後の場合。人生100年時代になると、このライフステージが大きく変わることになります。

 

人生100年時代の突入

 

人生100年時代と聞いて、みなさん何を考えますか?

 

老後が心配、、、

長生きできるから、楽しみ!!

 

たぶん、多くの人が老後が心配、、、と思うはず。「いまの若い人は、お金をあまり使わず貯金している」という事実を見ても納得できるかもです。とはいえ、長生きできるなら、人生楽しみたいですよね。

 

ちなみに日本人の平均寿命は年々伸びてます。グラフで見るとこんな感じです。

 

日本の平均寿命

 

食の豊かさや、IT・医療技術の発達により、今後もきっと平均寿命は伸びていくと思います。

 

ほとんどの仕事が無くなる?

 

人生100年時代をむかえると、働き方や生き方も大きく変化します。「情報化社会」とよくいいますが、AIという波が、日本にもすこしずつ押し寄せてきています。

 

たとえば、Uberのタクシー。まだあまり知られていないかもですが、Uberタクシーのアプリを使えば、今いるエリアの近くのタクシーがすぐ来てくれます。今までのタクシーの場合だと、電話で呼んで、10~15分後に到着。といった感じです。誰が見ても、Uberタクシーの方が効率いいですよね。

 

Uberタクシーが普及すると、駅のロータリーで客待ちしているタクシーの運ちゃんが、いなくなってしまうのでは、、、と思います。これは一例ですが、AIの波が押し寄せてくると、働き方がおおきく変わっていくことが予想されます。

 

ちなみに、ソフトバンクの孫会長は、2040年には今の仕事の約8割がなくなっている。とあるインタビューで答えてました。

 

ゾッとしますよね、、、なので、わたしたちは人間しかできない仕事・スキルを身につけていくひつようがあります。

 

ちなみに、漫画「ライフシフト」では、大学生、妻子ありの大手企業勤務サラリーマン、定年をもうすぐ迎えるサラリーマン、など世代別の主人公が時代の変化に翻弄されながら、葛藤するストーリーになっていて、とても考えさせられる内容になってます。

 

無形資産という考え方

 

マンガ「ライフシフト」で、こころに残ったのが「有形資産」と「無形資産」という考え方。

 

「有形資産」は、マイホームや現金といったかたちとして見える資産。

 

「無形資産」は、目に見えない資産。具体的には、下記の3つ。

「生産性資産」「活力資産」「変形資産」

 

生産性資産は、稼ぐためのスキルや知識、仕事仲間。備えているだけではダメで、常にアップデートが必要な資産。

 

活力資産は、家族との良好な関係、肉体的・精神的に健康であること。こころとからだってやつです。

 

変形資産は、変化に柔軟に対応し、人生の途中で何度でも新しいステージに行くための意志と能力。自分の将来の可能性を知って、新しいチャレンジをすること。

 

わたしの場合、有形資産もぜんぜん頼りない感じですが、それより無形資産が足らなさすぎ。といった感じです、、、何か特別なスキルがあるか?と聞かれても特になし、、、変化に柔軟に対応しているか?と聞かれても、自信なし、、、活力資産については、家族を第一に考えてて、健康は筋トレをしているので、かろうじてクリアしているかどうか、、、

 

「目に見える資産」ばかり目が行きがちです。とはいえ、これからたいせつなのは、スキルや人間関係、健康、チャレンジ精神などといった「無形資産」。新しいスキルを身につけること。新しいことにチャレンジすること。ホリエモンの言葉をかりると「ゼロにイチを足す」。これを毎日やるしかありません。

 

人生100年時代をどう生きる

 

人生100年時代をどう生きる

 

自分らしく生きるためにどうするべきか?

イメージして行動することだと思います。

 

終身雇用が破壊

 

先月、トヨタの社長が「終身雇用は難しい」と発言し、大きな話題となりました。

 

 

コカコーラやNECといった超大手企業が早期退職の動きをしています。なので、近い将来、トヨタ社長の発言が実現すると思います。

 

そんな激動の波に飲み込まれないためには、どうすればいいか?その波にうまく乗るスキルを身につける。これしかありません。

 

自分の会社を作る・商品を売る

 

いままでは、会社に勤めていれば、会社が自分の将来を保証してくれました。しかし、これからの時代、そうカンタンではありません。

 

わたしが考えるに、「自分株式会社をつくり、自分の商品を売る」ことをしていかなくては、、、と思います。ブロガーで有名なイケハヤさんも、ツイッターでこんなつぶやきをしています。

 

 

わたしの場合、自分の商品は「ブログ」と「不動産投資」の2つ。成功するかどうか分かりません。とはいえ、1ミリでも前に進まないと今の現状から変りません。ひたすら毎日、積み上げるだけです。

 

人生100年時代を楽しもう

 

今回はこれくらいにさせていただきます。

 

人生100年時代。長生きできるからワクワクする。せっかくなら、こんな気持ちで生活したいです。

 

5年後、10年後、世の中はおおきく変わっていると思います。ライフスタイルも大きく変わっているでしょう。そんな変化の波にうまく波乗りするには、その波乗りのスキルを身に付けるしか方法がありません。

 

マンガ「ライフシフト」。マンガとはいえ、これからの人生について、とても考えさせられる本でした。ちなみに、わたしは、このマンガ「ライフシフト」を嫁さんにすすめました。嫁さんは、このマンガを読んで「とても勉強になった。自分を見つめなおす、いい機会を与えてくれた」と言ってました。この記事を読んでいただいた方にも、激推しする本です。興味があれば、読んでみてください。ではでは。