トレーニング好き30代パパのブログ

筋トレで99%の悩みが解決すると思っている30代です

きれいにやせる!低糖質&高タンパク質ダイエットについて

低糖質&高タンパク質ダイエット

 

体重だけを落とそうとした場合、

食べる量(摂取カロリー)を

少なくすれば、

やせることはできます。

 

ただその場合、

体重と一緒に筋肉も落ちてしまうため、

やせ細った体型となり、

きれいにやせることはできません。

 

きれいにやせるためには、

筋肉を維持したまま体重を落とすことが

ひつようです。

 

今回はその方

「低糖質&高タンパク質ダイエット」について

ご紹介させていただきます。

 

糖質オフ(低糖質)でやせるしくみ

 

まずかんたんに糖質について紹介。

 

糖質とは、

炭水化物から食物繊維をひいたもの

 

すうがく的な表現をすると

「炭水化物」=「糖質」+「食物繊維」

 

コカコーラの

からだすこやか茶のCMがいい例ですが、

糖質は角砂糖で表現されることが、

よくあります。

 

しかしながら、

糖質=甘い物というわけではないです。

 

あくまで、

炭水化物から食物繊維ひいたものが

糖質です。

 

 

 

太るしくみ

 

食事でたくさんの糖質(高GI食品)をとる

血糖値が上昇

すい臓からインスリンが分泌

肝臓や筋肉にぶどう糖を取込む

ぶどう糖をエネルギーとして消費

消費しきれなかったぶどう糖が余る

中性脂肪として、

脂肪細胞に溜めこまれる

太る (チーン)

 

 

やせるしくみ

 

糖質の少ない食事

血糖値があまり上らない

インスリンがあまり分泌されない

エネルギー不足

蓄えられている脂肪を分解

脂肪酸がエネルギーとして消費

脂肪が減る

やせる!

 

これは、

ケトジェニック回路とも

言われてます。

 

 

糖質オフ・高タンパク質の食材

 

低糖質&高タンパク質

 

こちらは、

食べる量を気にすることなく

食べてOKな食材

 

肉類 (鶏肉・牛肉・馬肉など)

魚類 (特にマグロなどの赤身が〇)

海藻

きのこ

こんにゃく

大豆加工品(とうふ・納豆)

嗜好飲料 (コーヒー・紅茶・ウイスキーなど)

 

 

糖質たっぷりの食材

 

食べ過ぎると、

消費しきれなかったぶどう糖

中性脂肪として溜めこまれてしまう食材。

 

ごはん、めん類、パスタ、パン

スナック系のお菓子

ギョーザ

お好み焼

野菜ジュース

 

 

意外とNGな食材

 

豚肉

肉加工品(ベーコン・ウインナー)

大豆加工品(厚揚げ・油揚げ)

ナッツ系

 

こちらは、

糖質はそこまで多くないですが、

脂質が高いです。

 

脂質も取り過ぎた分は、

中性脂肪となるため

注意が必要です。

 

その他には、

ドライフルーツ

野菜(かぼちゃ・いも類・根菜類)

カレー

調味料(ソース・ドレッシング・焼肉のたれ・ケチャップ)

 

ドライフルーツや野菜は

ヘルシーなイメージがありますが、

糖質は意外と高いです。

 

調味料の糖質も

小さなことですがチリも積もればなので、

糖質が少ない「しょうゆ、塩、酢、ハーブ」などの

調味料をえらぶことがたいせつ。

 

 

まとめ

 

引き締まったからだにするためには、

筋肉を維持したまま

体重を落とすことがひつようです。

 

やせるしくみは、

糖質をとる量をある程度制限し、

脂肪酸をエネルギーとして

消費させてあげること。

 

筋肉を維持するためには、

高タンパク質の食事をする

心掛けもたいせつです。

 

低糖質&高タンパク質で

きれいにやせるダイエットを目指しましょう!