トレーニング好き30代パパのブログ

筋トレで99%の悩みが解決すると思っている30代です

あまり食べてなくても太るという方へ|じつは睡眠不足が原因です

あまり食べてなくても太るという方へ|じつは睡眠不足が原因です

カロリーを気にしてあまり食べていないのになぜか太るという方、意外と多いのではないでしょうか?

 

まずはじめに解決方法をお伝えします。

 

その悩みは筋トレをすることで解消できます。

 

 

食べる量が少ないのに太る理由

 

体重が増える基本の仕組みはみなさん知っているとおり、摂取カロリー>消費カロリー。

 

ではなぜ、摂取カロリーをおさえているのに太るのかというと、食べた物がうまく消化できていないから。

 

いわゆる「消化不良」です。

 

細胞がうまく機能していなくて代謝が悪くなり、食べ物がからだの中に残ったり脂肪がたまっていくから、結果的にあまり食べていなのに太るという現象が起きてしまいます。

 

消化不良を起こす理由:睡眠不足

 

食べた物がうまく消化できない原因を作り出しているのが、実は睡眠不足。

 

睡眠は、わたしたちが食べたり飲んだりしたものを利用可能なエネルギーに変換するはたらきをするために不可欠なものです。

 

新陳代謝が最適な状態のとき、からだは昼も夜もカロリーを燃やし、太りにくいからだをつくってくれます。

 

睡眠不足は、このプロセスを妨げ新陳代謝が鈍くなり、その結果、体重が増えていくという負の連鎖が起きていきます。

 

睡眠不足、まさにこれが太る原因だったわけです。

 

筋トレによる睡眠改善

 

あまり食べてなくても太るという方へ|じつは睡眠不足が原因です

 

以前の記事でも紹介しましたが、筋トレによってぐっすり寝れることができるいちばんの理由は、気分も安定や睡眠に与えるセロトニンというホルモンが分泌されるため。

 

・からだの中では快適な睡眠を誘ってくれるホルモンが分泌する

・自分の限界まで体力を使う

 

この2つが作用するので、のび太くんみたいにベッドに入った瞬間に瞬殺で寝れるわけです。

 

別の表現をすれば、コナン君が放った睡眠針が首に刺さって、不覚にもすぐ寝てしまう現象を味わうことができます。

 

筋トレによって基礎代謝が上るなどの恩恵もありますが、日本人の5人に1人が睡眠に悩みをかかえている問題が筋トレによって解決できます。

 

筋トレはわたしにはちょっとと思うかもしれないですが、これを見て筋トレをしない理由は見当たらないのではないでしょうか?

 

まとめ

 

みなさんのまわりにも「あまり食べていないのに太る」という方は、多いのではないでしょうか?

 

じつはその原因、以外にも睡眠不足からくる消化不良だったりするかもしれないです。

 

その問題、筋トレがすべて解消させていただきます!

 

筋肉は裏切らない!

 

ではでは