トレーニング好き30代パパのブログ

筋トレで99%の悩みが解決すると思っている30代です

昔の友達と話や価値観が合わなくなる理由|今後の接し方

昔の友達と話や価値観が合わなくなる理由|今後の接し方

 

どーも、こんにんちは。ともです。

 

むかし仲良かった友達と話が合わなくなってきた、、、どうしてだろう?自分が薄情なのかな、、、

 

こんな悩みを抱えている方はいないでしょうか?

 

  • 学生時代、時間を忘れて楽しく遊んでいた友達なのに、最近なぜか話が合わない
  • 盛り上がるのは、昔の思い出話ばかり
  • 何度も同じを話をしている

 

本記事では、上記のように昔の友達と話が合わなくる理由と今後の接し方について、考えていきたいと思います。

 

 

昔の友達と話や価値観が合わなくなる理由

 

昔の友達と話や価値観が合わなくなる理由

 

友達と話が合わなくなる理由について、見ていきましょう。

 

ライフステージが変わると、価値観も変わる

 

人の価値観・考え方が変わるきっかけは、下記といわれています。

 

  • 住む場所
  • 付き合う人
  • 時間配分

 

上記3つになります。

 

学生時代は、社会人に比べると狭いコミュニティーの中で生活をしています。

 

「学生時代」と「社会人」では、ライフステージが大きく変わります。

 

「住む場所」「付き合う人」「時間配分」

 

上記3つがガラッと変わるので、価値観や考え方も自然に変っていくことになります。

 

価値観が変わると、話す話題も変ってくる

 

ライフステージによって服や趣味が変わるのと同じように、話す話題も変ってきます。

 

たとえば、下記です。

 

  • 学生時代の話題 → 恋愛・部活・芸能人ネタ・勉強など
  • 社会人の話題 → 仕事・家族・お金・人間関係など

 

学生時代は、恋愛や芸能人ネタで盛り上がっていた人も多いと思います。

 

とはいえ、社会人になってからは仕事や家族、お金の話題が多くなりますよね。

 

結婚している人とそうでない人、子供がいる人といない人では、話す内容は違ってきます。

 

また、年収500万円の人と年収1,000万円の人では、話す内容は変わってきます。

 

学生時代はお互いが似たような環境なので、共通点が多く話が合います。

 

ですが、社会人になるとお互いの環境が大きく変わるので価値観が変わり、その結果、話す話題も変わっていきます。

 

話が合わなくなるのは、成長の証?

 

友達と話が合うのは、自分と友達が同じステージに立っているからです。

 

見ている景色が同じなので、話す内容も自然と同じになりますよね。

 

話が合わなくなるのは成長の証というのは、ちょっと大げさかもですが、、、

 

社会人になると先ほど触れた3つの変化(住む場所・人・時間)が生まれるので、お互い違うスピードで、そして違う方向に1段2段と階段を登っていきます。

 

階段を登るスピードも違えば、方向もそれぞれ違います。

 

成長するスピード・方向が違うので、お互いが見る景色も当然変わってきます。

 

それは、お互いが成長している証といえると思います。

 

話が合わなくなった友達の今後の接し方

 

友達と話が合わなくなった時の今後の接し方

 

わたしの考えは、下記の3つになります。

 

  • 距離を置くことも必要
  • 自分がどうなりたいかを優先する
  • 友達は作るものではなく、できるもの

 

では、順に見ていきましょう。

 

距離を置くことも必要

 

話が合わないな、、、と自分は思っていても、友達はそうでない場合があります。

 

心から会話を楽しめていない状態で、ただズルズルと友達関係を続けていくのは、相手に失礼ですよね。

 

距離を置いたら、友達を傷つけそうで気が引ける、、、

 

上記に思うかもですが、友達だからこそ自分の本音を伝えることが大切です。

 

本音を伝えた時、最初は友達も戸惑うかもです。

 

とはいえ、本当の友達であれば今の自分の状況を理解してくれ、応援してくれるはずです。

 

今の心の状態でムリに関係を続けていくのは、お互いのためになりません。

 

会いたくなった時に連絡を取り合って会えるのが「本当の友達」だから、無理に連絡を取るのは止めよう。距離を置くのも1つの方法だね

 

自分がどうなりたいかを優先する

 

人生は一度きり。

 

自分の人生は自分のものなので、相手がどう思うかではなく、自分がどうなりたいかを優先するようにしましょう。

 

「友達に嫌われるのがイヤ」という人もいるかもです。

 

とはいえ、「誰のための人生なのか?」ということを考えれば、自然に答えは見えてくると思います。

 

  • モヤモヤしながら話している2時間
  • 自分のやりたいことをやっている2時間

 

上記2つの内、どちらが自分のためになりますか?

 

みなさん、答えは同じですよね。

 

友達に嫌われるのがイヤっていうのはたしかに分かるけど、、、とはいえ、自分の人生だから自分を第一優先に考えることが大切だね!!

 

友達は作るものではなく、できるもの

 

昔の友達と距離を置いたり、誘いを断っていたら友達がいなくなってしまう、、、新しい友達ができる自信もないし、、、

 

上記に思うかもです。

 

とはいえ、『友達は作るものではなく、できるもの』

 

新しいステージで生活していると、同じステージにいる新しい友達と自然に繋がります。

 

大人になると友達が作りずらいと思うかもですが、年齢は関係ありません。

 

大切なのは、価値観が一緒であるということです。

 

友達は数ではなく、同じ価値観や考え方を持っていることの方が大切だよね!!

 

まとめ:昔の友達と話が合わなくなる理由と今後の接し方

 

 まとめると、下記になります。

 

「理由」

  • ライフステージの変化で、価値観が変わるため
  • 価値観が変わると、話す話題が変わる
  • 話が合わなくなるのは、お互い成長の証

 

「今後の接し方」

  • 距離を置くことも大切
  • 自分の人生なので、自分を第一優先に考える
  • 友達は作るものではなく、できるもの

 

上記です。

 

特に用がなくても、会いたくなるのが「友達」です。

 

本当の友達は、時間が空いたり、距離が離れていても繋がっています。

 

お互いの気持ちが繋がったタイミングで、いつでも会うことができます。

 

今後の接し方として、距離を置いたり、自分を第一優先に考える方法をご紹介しました。

 

とはいえ、大切なのは「自分のことを想ってくれている人を大切にする」ことです。

 

中学や高校生時代、お互い時間を忘れて遊んだ友達。

 

今は環境が違うので話が合わない場合もあるかもですが、時間が経過してまた友達に会いたくなる時が必ず来ると思います。

 

その時は、お互い笑顔でまた再開したいですね。

 

ではでは。