トレーニング好き30代パパのブログ

筋トレで99%の悩みが解決すると思っている30代です

プロテインは毎日飲むもの?効果を上げる飲み方について

プロテインは毎日飲むもの?


どーも、こんにちは。ともです。

先日、めざましテレビプロテイン特集が放送されました。

 

 

プロテインは、筋トレしている人が飲むもの」

すこし前は、こんなイメージがあったかもしれません。

でも今は違います。

空前のプロテインブームです。

今回はプロテインについて、掘り下げていきたいと思います。

 

この記事を読んでもらいたい方

プロテインに興味がある方

プロテインの効果について知りたい方

プロテインの飲み方について知りたい方

 

 

プロテインは毎日飲むもの?効果を上げる飲み方について

 

プロテインは毎日飲むもの?

 

まずプロテインが何者か?知りましょう。

 

プロテインたんぱく質

 

プロテイン(Protein)は、日本語に訳すとたんぱく質

時どき、筋肉増強剤と勘違いしている人がいますが、たんぱく質です。

たんぱく質三大栄養素の1つ。

筋肉や臓器などからだを作るうえでたいせつな栄養素です。

 

たんぱく質の摂取量について

 

日本人の1日の平均摂取量がこちら。

 

たんぱく質の1日平均摂取量

*出典 1947~1993年:国民栄養の現状, 1994~2002年:国民栄養調査, 2003年以降:国民健康・栄養調査(厚生省/厚生労働省)(http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kenkou_eiyou_chousa.html)を加工して作成

 

これだけ食が豊かになっているのに、1950年代と同水準はマズいですよね、、、

日本人はたんぱく質不足。

これが今の現状です。

 

たんぱく質の必要量について

 

「カッコいいからだになりたい」

「筋肉をつけたい」

 

こんな方は男女ともに、体重1kgあたり、たんぱく質2gとるひつようがあります。

日本人の平均摂取量が70g程度なので、今より約2倍、たんぱく質をとらないといけないことになります。

 

食事からたんぱく質をとるには限界がある

 

たんぱく質を多く含む食材。

それは、「お肉」「お魚」「たまご」「大豆」などです。

 

ざっくりのはなしですが、今より倍のたんぱく質を取ろうとすると、単純に食べる量を倍にしないといけないことになります。

それではカロリーオーバーだし、そもそも、そんな量食べれない。

ではどうするか?

そこで、プロテインの出番です。

 

プロテインを食事のサポートとして考える

 

プロテインは毎日飲むもの

 

プロテインに頼るのではなく、サポート的な感じで利用しましょう。

 

プロテインを主食にしない

 

プロテインダイエット。

聞いたことありますよね。

食事の一部をプロテインに置きかえるダイエットです。

 

たまにですが、朝の食事をプロテインに置きかえている人がいますが、こちらはおすすめしません。

栄養バランスが悪いし、かんで食べることをしないので満腹感が得られにくいからです。

 

プロテインは、サプリメントです。

サプリメントとは、栄養の補助をしてくれるもの。

ですので、プロテインは主食ではなく、サポート的に使いましょう。

 

プロテインは美容にいい

 

女性がプロテインを飲む理由。

それは「美容」。

こちらは、あるアンケート結果になります。

ダイエットの次に「美容」がきてます。

 

アンケート結果

 

プロテインたんぱく質であり、また、ビタミンやミネラルを添加した加工食品です。

上手に利用できれば、美容や健康に役立ってくれますね。

 

プロテインで筋肉がつくわけではない

 

プロテインは筋肉増強剤」と勘違いされることがあります。

残念ながら、プロテインだけ飲み続けても一ミリも筋肉はつきません。

 

筋肉がつくしくみは、『筋肉に負荷を与えて、傷をつけ、修復する』の繰り返し。

修復するとき、たんぱく質がひつようになってきます。

このため、トレーニング後にプロテインを飲むわけです。

 

レーニングを習慣にしながら、プロテインを飲む。

この繰り返しで、筋肉がついていきます。

 

プロテインはいつ飲む?

 

朝と寝る前、そしてトレーング後です。

 

朝飲む理由ですが、人は寝ている間にたくさんのエネルギーを使います。

朝起きた時、からだはエンプティ―ランプがついている状態です。

はやく栄養補給をしないといけないので、吸収の早いプロテインを飲むことがたいせつです。

 

寝る前も同じ理由ですね。

寝ている間にエネルギーを消費するので、そのサポートとしてプロテインを飲みます。

 

レーニング後については、先ほど書きましたね。

傷ついた筋肉の修復のために、たんぱく質がひつようだからです。

 

プロテインはどれくらい飲む?

 

1回あたり、30~40gです。

プロテインを買うと中にスプーンが入ってますが、1スクープがだいたいそれくらいになってます。

 

それ以上の摂取は危険といわれてます。

肝臓や腎臓に負担を与えるからです。

ある医者のはなしによると、『1回の食事で50~60gが限度』といわれてます。

 1回にたくさんとるのではなく、1日、何回かに分けてとりましょう。

 

プロテインの使い方はいろいろです

 

プロテインは毎日飲むもの

 

プロテインを飲んでみたけど、からだにあわなかった、、、

 

こんな方、けっこう多いと思います。

 

いま、プロテインブームということもあり、水に溶かして飲むだけではなく、アレンジメニューもたくさん出てます。

クックパットで検索すると、約7,600品のレシピがでてきます。

スイーツにプロテインを使ったメニューもあります。

プロテインが苦手な方は、こういった使い方を試してみるのもありかもですね。

こちらは蒸しパンメニューを紹介されている方です。

 

 

 

プロテインをうまく使うことで、健康や美容が手に入ります。

サポート的な役割で、うまく利用しましょう。

プロテインを購入するのであれば、圧倒的にMY PROTEINをおすすめします。

味にもこだわりがあり、50種類以上のプロテイン【Myprotein】

 

今回はこれくらいにさせていただきます。ではでは