トレーニング好き30代パパのブログ

筋トレで99%の悩みが解決すると思っている30代です

腹筋の回数はあまり問題ない?!腹筋を割るためのたいせつなポイント

腹筋の回数はあまり問題ない?!腹筋を割るためのたいせつなポイント

 

どーも、こんにちは。ともです。

 

「腹筋を割るために、毎日、腹筋のトレーニングをしよう」。「回数は多い方が、腹筋に効きそうだから、たくさん腹筋のトレーニングしよう」。こんなイメージないでしょうか?実は、けっこう誤解されていることがあります。そんな誤解を解くため、今回は、腹筋を割るためのたいせつなポイントについて、お届けしてきます。

 

この記事を読んでもらいたい方

・腹筋を割りたい方

・腹筋が割れるしくみを知りたい方

・腹筋を毎日続けていいかどうか知りたい方

 

 

腹筋の回数はあまり問題ない?!腹筋を割るためのたいせつなポイント

 

腹筋の回数はあまり問題ない?!

 

まず、腹筋が割れるしくみを知りましょう。

 

腹筋はもともと割れている

 

実は、みなさんの腹筋、もともと割れています。6つ、または8つです。それは、遺伝によって決まります。

 

では、誰でも割れた腹筋を見ることができないのは、どうしてか?それは、腹筋の上に、脂肪がのっているからです。ということは、その脂肪を取り除いてあげればいい、ということになります。

 

腹筋を割るには、腹筋のトレーニングをしなければ、、、というイメージがありますが、実はちょっと違ってました。たしかに、腹筋のトレーニングをすることで、腹筋の凸凹感をクッキリ出すことができます。とはいえ、基本的には、割れた腹筋を手に入れるには、邪魔な脂肪を取り除くことがいちばんです。

 

脂肪を落とすしくみ

 

まず、体重が減るしくみがこちら。

消費カロリー>摂取カロリー

みなさん、知ってますよね。

 

とはいえ、カロリーをおさえて体重を落とすだけでは、脂肪は落ちません。では、何がひつようか?それは、運動です。脂肪をエネルギーとして消費してあげることで、はじめて脂肪が落ちていきます。

 

脂肪を分解。そして、燃焼。このサイクルです。サントリー特茶」のCMでもやってましたよね。脂肪を分解して、メラメラ燃やす。あんな感じです。

 

脂肪が落ちる順番

 

運動して、脂肪を燃焼すれば、腹筋が割れる。これで解決、、、とはいきません。脂肪は、胸・腕・おなか・脚などからだのあらゆるところについてます。

 

それぞれの脂肪、落ちる順番があります。全部が均等に、落ちていくわけではありません。残念なことに、おなかや腰の脂肪が落ちるのは、最後から2番目。ちなみに、いちばん落ちにくい脂肪は、おしり。

 

腹筋を割るのは、とても遠い道のりです。毎日、積み上げていくしか方法がありません。

 

腹筋を割るには、毎日の積み上げがたいせつ

 

腹筋を割るには、毎日の積み上げがたいせつ

 

腹筋を割るために、毎日、積み上げていきましょう。

 

腹筋の回数をこなしても、割れるわけではない

 

「腹筋を割るために、毎日100回、200回、腹筋のトレーニングする」。じつは、これ、あまり効果的ではありません。繰りかえしになりますが、腹筋を割るには、脂肪を取り除いてあげること。脂肪をまず分解。そして、運動して燃焼する。このサイクルです。

 

腹筋の回数ですが、実は、そこまで重要ではありません。腹筋のトレーニングをたくさんしても、脂肪は分解しないからです。回数をこなすトレーニングは、筋肉をつけるというより、どちらかというと、持久力をつけるトレーニングになります。

 

たいせつなのは、筋肉にいかに負荷をかけれるかどうか?回数より、筋肉に効かせてあげることがたいせつです。

 

腹筋は、毎日やっても大丈夫?

 

超回復という言葉、みなさん知っていますか?これは、レーニングした後は「48~72時間」、時間を空けましょう、ということです。

 

レーニングすると、筋肉に負荷がかかり、筋肉が疲労します。その筋肉の疲労は、たんぱく質や糖質をしっかりとることで、修復、そして回復させることができます。その時間が「48~72時間」ひつようということです。

 

超回復を待たずに、トレーニングすると、オーバーワーク状態になります。筋肉量が減るわけではないですが、からだのケアを考えると、オススメしません。

 

腹筋は2~3日に1回で十分です。「腹筋は、毎日やっても大丈夫」と見かけることもありますが、効果を考えると、2~3日に1回で十分でしょう。

 

毎日腹筋をするなら、週2回のウエイトトレーニン

 

腹筋の超回復のあいだに、週2回、ウエイトトレーニングをする。これが、オススメのトレーニング方法です。

 

からだを鍛えるセオリーは、大きな筋肉から鍛えること。よく、腹筋や腕の筋肉だけ鍛えている方がいますが、あまり効率的とはいえないです。ちなみに、いちばん大きな筋肉はどこか?それは、脚です。全体の70%を占めてます。

 

腹筋のトレーニングを毎日するなら、脚の筋肉を鍛えた方が効果的。脚の筋トレで有名なのは「スクワット」。腹筋のトレーニングは、多くて2ヶ所の筋肉を鍛えることができます。一方、スクワットは、脚・おしり・おなかなどたくさんの筋肉を同時に鍛えることができます。スクワットの方が、圧倒的に効率的なトレーニングです。

 

腹筋を毎日するのではなく、腹筋の超回復のあいだに、脚のトレーニングに加え、背中や胸、肩など全身を週2回、まんべんなく鍛える。これがベストです。こちらのほうが、エネルギーの消費も多いです。

 

腹筋を割るには食事もたいせつ

 

今回は、これくらいにさせていただきます。

 

腹筋のトレーニングもたいせつですが、食事もたいせつです。食事7割、トレーニング3割といわれるくらいです。

 

1ヶ月で腹筋を割るのは厳しいでしょう。最低でも3ヶ月、少なくとも6ヶ月くらい時間がかかります。自分のペースで、毎日、積み上げていきましょう。

 

ではでは。