筋トレの翌日が眠いと悩んでいる人に眠気の理由と4つの対処法

筋トレの翌日が眠いと悩んでいる人に眠気の理由と4つの対処法 筋トレ

どーも、こんにちは。ともです。

 

筋トレの翌日が眠くてつらい、、、眠気の理由や対処法を知りたい

 

本記事は、上記の悩みを抱えている人に向けての記事になります。

 

ぼくも筋トレを始めた頃、筋トレ翌日の眠気に悩まされていました。

 

休日に筋トレして仕事始めの月曜日、眠すぎて仕事にならない、、、といった経験もしています。

 

筋トレ5年目のぼくは下記の4つの対処法を実践することで、筋トレ翌日の眠気の悩みを解決することができました。

 

①筋トレは睡眠3時間前に終える
②筋トレ中も栄養補給する
③筋トレ後も栄養補給が大切
④睡眠時間の確保

 

今回ご紹介する筋トレ5年目のぼくの対処法が、みなさんの筋トレの眠気の悩みの解決に繋がれればいいなと思います。

 

スポンサーリンク

筋トレ翌日の眠気の4つの原因

 

筋トレ翌日の眠気の4つの原因

 

眠気の原因は、下記の4つになります。

 

  • 神経系の問題
  • 血糖値の低下
  • 疲労の蓄積
  • 睡眠不足

 

では、順に見ていきましょう。

 

原因①神経系の問題

 

筋トレをすると、交感神経のスイッチが入ります。

 

ちょっと分かりずらいかもなので、分かりやすくまとめました。

 

  • 交感神経:活動モードの状態(緊張や興奮時もオン)
  • 副交感神経:リラックス状態、寝る前

 

筋トレをすると、交感神経のスイッチが入りカラダが活動モードになります。

 

つまり、脳が活発に活動している状態です。

 

仕事帰りにジムで筋トレして家に帰って寝る場合、脳はまだ活動モードの状態です。

 

カラダは疲れているですぐ寝れるかもですが、副交感神経に切り替わっていない場合があります。

 

自分ではしっかり寝たつもりでも熟睡できていないため、筋トレの翌日に眠気を感じることがあります。

 

原因②血糖値の低下

 

筋トレは、たくさんのエネルギーを使います。

 

このエネルギーは、「グリコーゲン」と呼ばれる物質を分解することで作られますが、筋トレ中は多くの「グリコーゲン」を消費します。

 

グリコーゲンは糖なので、栄養補給しないで消費の状態を続けていると血糖値が低くなります。

 

脳は「糖」をエネルギーとして使って活動しているので、血糖値が低くなるとカラダは次第に「お休みモード」に切り替わっていきます。

 

これが眠気の原因です。

 

原因③疲労の蓄積

 

オーバーワークによる疲労の蓄積が原因で筋トレの翌日も眠いと感じることがあります。

 

ちなみに筋トレの時間ですが、1時間前後が適していると言われています。

 

筋トレを始めたばかりの人で多いのが、トレーニング時間に2時間前後かけていること。

 

カラダを鍛えたくて、たくさんトレーニングをしたい気持ちも分かります。

 

とはいえ、オーバーワークは逆効果になります。

 

疲労の蓄積は眠気の原因になるので、オーバーワークには注意が必要です。

 

原因④睡眠不足

 

眠気の原因ですが、そもそも睡眠時間が足りていない場合があります。

 

しっかり睡眠を取っているつもりでも、今の睡眠時間では足りていないかもです。

 

筋トレの翌日が眠いという人は、もう一度、睡眠時間の見直しが必要になります。

 

スポンサーリンク

筋トレの翌日が眠い人の4つの対処法

 

筋トレの翌日が眠い人の4つの対処法

 

上記でご紹介した「眠気の4つの原因」の対策をすれば、筋トレ翌日の眠気の悩みは解決できます。

 

では、順に見ていきましょう。

 

対処法①筋トレは睡眠の3時間前に終える

 

交感神経のスイッチが入った状態で寝ると、脳がまだ活動していて熟睡できない場合があります。

 

寝る前は、副交感神経(オフモード)に切り替える必要があります。

 

就寝前の3時間ほど前から意識して副交感神経に切り替えていくと、快適な睡眠が手に入ります。

 

なので、筋トレは睡眠の3時間前には終えるようにしましょう。

 

寝るまでの時間について意識していなかったから、これからは脳をオフモードに切り替えて寝るようにしよう!!

 

対処法②筋トレ中も栄養補給する

 

筋トレはエネルギーをたくさん消費するため、筋トレ中も必ずエネルギー補給しましょう。

 

トレーニング中の栄養補給にオススメなのが「マルトデキストリン(粉飴)

 

吸収が早いのが特徴で、多くのアスリートも使用しているサプリメントになります。

 

「マルトデキストリン(粉飴)」について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にして下さい。

 

 

対処法③筋トレ後も栄養補給が大切

 

筋トレなど激しいトレーニングをした後は、カラダがとても疲れている状態です。

 

なので、筋トレ後もしっかりと栄養補給をしましょう。

 

わたし達のカラダは、3大栄養素と呼ばれる糖質・たんぱく質・脂質とそれにビタミン・ミネラルを加えて5大栄養素から作られています。

 

どれも欠かせない栄養素なので、バランスのいい食事を心がけることが大切です。

 

筋トレする人は特に、筋肉を作る働きがある「たんぱく質」をしっかり摂るようにしましょう。

高品質、最高に美味しいプロテイン【Myprotein】

 

筋トレした後にすぐ食事をすることはできないから、溶かしてすぐ飲める「プロテイン」を利用してしっかり栄養補給したいね!!

 

対処法④睡眠時間の確保

 

筋トレしている人の理想の睡眠時間は、下記になります。

 

  • 筋トレした日:8時間
  • 筋トレしない日:6時間以上

 

「睡眠時間が8時間」と聞くと、けっこう多いなと思うかもです。

 

とはいえ、筋トレした日は負荷をかけたことでカラダが疲れ切っている状態なので、しっかり睡眠をとってカラダを休めましょう。

 

ちなみに、ビタミンB12は快適な睡眠をサポートしてくれる栄養素です。

 

お肉や魚に多く含まる栄養素だから、積極的に食べるようにしたいね!!

 

注意点:筋トレ後のお風呂はNG

 

『お風呂に入って体を温める』ことを勧めているサイトがありますが、これはNGです。

 

筋トレ後は、筋肉が炎症を起こし熱を持った状態です。

 

この炎症の熱を早く引かせる必要があるので、筋トレ後のお風呂は逆効果になります。

 

お風呂ではなく、サッとシャワーを浴びる程度にしましょう。

 

筋トレ後にお風呂で体を温めるのはNGなんだね。筋トレ直後は、筋肉を冷やしてあげよう!!

 

スポンサーリンク

まとめ:筋トレすると眠い原因と対処法

 

筋トレの眠気の原因と対処法をまとめると、下記になります。

 

「原因」

  • 神経系の問題
  • 血糖値の低下
  • 疲労の蓄積
  • 睡眠不足

 

「対処法」

  • 筋トレは睡眠の3時間前に終える
  • 筋トレ中も栄養補給する
  • 筋トレ後も栄養補給が大切
  • 睡眠時間の確保

 

 上記になります。

 

筋トレ直後にお風呂で体を温めるのはNGなので、その点も注意してください。

 

本記事が、みなさんの悩みの解決に役立てたらうれしいです。

 

ではでは。

筋トレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
soilwork0106をフォローする
anytime筋トレ life
タイトルとURLをコピーしました