ウェルスナビセミナーでCEOから投資の考えを直接指導してもらった

お金のはなし

どーも、こんにちは。ともです。

 

先日、2回目になりますが、ウェルスナビのセミナーに参加してきました。

 

1回目は「経験者向け」のセミナーに参加。 

 

今回は「初心者向け」のセミナー。

 

前回、経験者向けのセミナーに参加しているので、今回の初心者向けのセミナーは参加しなくてもいい感じですよね。

 

今回のセミナーに参加する理由ですが、『CEO柴山氏による資産運用セミナー』だったからです。  

 

経営者に直接会って話を聞くことなんて、なかなかできないですよね。

 

貴重な経験になると思い、参加することを決心しました。

スポンサーリンク

ウェルスナビセミナーでCEOから投資の考えを直接指導してもらった

 

CEO

 

「学び」が多く、貴重な経験をさせていただきました。

 

CEO柴山氏の経歴

 

ウェルスナビの経営者「柴山氏」についてです。

 

ネット上にはあまり公開されていない情報だと思います。

 

・日英の財務省に約10年勤務 (金融や予算などの部門を担当)

 

・国際結婚をきっかけに、マッキンゼーに転職

 

・マッキンゼーで、機関投資家向けに10兆円規模のリスク管理・資産運用をサポート

 

・2015年4月にウェエルスナビを創業

 

・2018年に書籍「元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いたこれからの投資の思考法」を出版

 

日英の財務省時代、今のNISA制度の立上げに関わっていたみたいです。

 

イギリスには投資運用制度に『ISA』というのがあり、それを日本バージョンにしたのが『NISA』。

 

日本(NIPPON)の頭文字をとって、N+『ISA』=NISA

 

「へぇーー」っていうトリビア的な知識ですが、つまり、柴山氏は資産運用のプロ中のプロということになります。

 

CEO柴山氏がウェルスナビをスタートさせたきっかけ

 

今回のセミナーでとても印象に残ったところです。

 

奥さんがアメリカ人ということですが、奥さんの両親はいわゆる「サラリーマン家庭」

 

柴山氏の両親も「サラリーマン家庭」

 

同じ境遇なのに、持っていた資産がなんと10倍以上も違ったみたいです。

 

どうして、こんなに資産に差があるのか?

 

調べていくと、柴山氏はあることを見つけました。

 

それは、金融資産を「資産運用」しているか、「貯金」しているかの違いでした。

 

この経験、柴山氏にとって衝撃的だったみたいです。

 

それで、日本でも「働く世代が豊かさを実感できる社会を作りたい」という想いから、ウェルスナビを2015年に創業。

 

これを聞いたわたしは、すごく共感するものがありました。

 

たとえば、株を買う時って、お金儲けが一番の目的ですが、自分がその会社に共感できるなと思って、一票入れる感じですよね。

 

投資も同じです。

 

わたしは、ウェルスナビをスタートして約1年になりますが、こういった想いを持った会社に資産運用を任せられているので、安心できました。

 

CEO柴山氏の印象

 

写真で見た感じだと、背が高くてガッシリしているだろうな、、、という印象。

 

ですが、実際は、身長は160cm前半ですごく小柄な方でした。

 

話し方がすごく穏やかで、会場全員一人一人の目を見ながら、誰が聞いても分かりやすい言葉を使って話されていました。

 

「資産運用の大切さ」の想いが強く、「あぁ、この人は投資が大好きなんだなぁ・・・」としみじみ思いながら、セミナーを聞いていました。

 

スポンサーリンク

ウェルスナビの資産運用の考え方

 

資産運用の考え方

 

セミナーで聞いた「ウェルスナビの資産運用の考え方」についてです。

 

ウェルスナビが見本にしている資産運用

 

ノルウェー政府の年金運用を参考にしているとのことです。

 

ノルウェーの運用が下記です。

 

・ノルウェー政府年金基金:約110兆円

・世界最大規模のファンド

・72ヶ国、9,146銘柄に分散

・短期では-23%のリターンもあるが、中長期で見れば年率6%前後のリターン

 

 ノルウェーの年金基金は、「長期・積立・分散」により運用されています。

 

ウェルスナビも、ノルウェーの考え方を真似し「長期・積立・分散」によって資産運用されています。

 

ちなみに、あまり知られていない話ですが、老後2,000万円問題を発表した金融庁も、あるレポートで「長期・積立・分散」の有効性を分析し、公表されています。

 

あるべき資産運用の全体像

 

コア・サテライト運用について

 

みなさん、あまり聞いたことないかもです。

わたしもこのセミナーで初めて知りました。

 

わたしの言葉だけだと伝わる自信がないので、HPより引用

 

コア・サテライト

 

サテライトは、「衛星」です。

 

コア(核となる中心)の周りを、サテライトがグルグル回っているイメージです。

 

コアは、「長期・積立・分散」という資産運用の核の考え方。

 

サテライトは、「外貨預金」や「株」など。

 

CEO柴山氏は、「コア」と「サテライト」のバランスが最も大切だと話していました。

 

比率は、コア:サテライト=7:3

 

「この2つは、決して混ぜて考えてはいけない」と力説されていました。

 

『混ぜるな危険!』と表現していましたね。

 

 コア・サテライトは正反対

 

下記にまとめました。

 

「コア」

・運用期間:長期(10年以上)

・考え方:持ち続ける

・比率:7割以上

 

「サテライト」

・運用期間:短期(1年未満)

・考え方:タイミング重視

・比率:3割以下

 

 CEO柴山氏は、「日本はサテライトに関するノウハウ本がたくさん出版されているが、たいせつなのはコア(長期・積立・分散)なのに、、、」とちょっと嘆いていましたね。

 

資産運用は、いくらから、いつはじめればいいのか?

 

「お金をまず、下記の3つに分けましょう」といっていました。

 

①近いうちに使うお金(生活費+5年以内に使う資金)

 

②予想外に備えるお金(生活防衛資金)

 

③将来のためのお金(余裕資金)

 

①と②は、原則まわさない。

③は、資産運用にまわせる。

 

そして③を、さらに下記の3つに分けます。

 

1.預金

 

2.投資(長期・積立・分散) コアの部分

 

3.その他(外貨預金など) サテライトの部分

 

わたしは、「1」と「2」についてはできてましたが、「3」についてノーマークだったので、この考え方はとても勉強になりました。

 

スポンサーリンク

ウェルスナビセミナーの参加者からの質問

 

質問

 

みなさんが気なる利用者の質問です。

 

リスク許容度の変更について

 

ウェルスナビ前回セミナーでも、同じ質問が出ました。

 

みなさん、一番気になるところなんですね。

 

結論から言うと、「リスク許容度は変更しないほうがいい」です。

 

詳しく知りたい方は、前回の記事を参考にしてください。

 

www.fitness-tomo.com

 

投資は一括?それとも分散?

 

もし、余裕資金が100万円あった時、それをまとめて一括投資したほうがいいのか?それとも、10万円を10回と分散投資したのほうがいいのか?

 

結論から先にお伝えすると、正解はありません。ケースバイケースです。スタート時から、順調に右肩上がりで相場が伸びていれば、一括投資のほうがリターンがよくなります。ですが、投資初心者の多くの方はリスクを下げたいと考えるため、分散投資が合っているでしょう。無理をしない。これが、投資を長く続けるためのコツです。

 

DeTAX機能について

 

こちらはわたしが質問しました。

 

ウェルスナビさんの機能の1つに「DeTAX」があります。「リバランスで生じた利益の受け取りに生じる税負担の一部を、含み損の利益を相殺して税金を繰り越す」という機能みたいですが、イメージがよくわかないので詳しく教えてください

 

今回のセミナーは「初心者向け」のセミナーで、DeTAX機能の話をすると、みなさんかなり混乱されると思うので、セミナー後に直接お答えさせていただきます。実際、「経験者向け」のセミナーでよく質問が出ます。

 

まさかのマンツーマン指導をいただくことになりました。

 

セミナー終了後、すぐにわたしのもとに来ていただき、説明がありました。

 

先ほどはスイマセンでした。DeTAXは、税金を軽減させる役割がありますが、投資初心者の方にこれを説明すると、「節税できるんだ。自分もやろう」と勘違いされる方がいます。ですが、個人でこれをやろうとすると法律に違反する形になります。ですので、先ほどはあのような回答をさせていただきました。

 

ボートフォリオ内に含み損がある銘柄があれば、その銘柄をいったんウェルスナビに売却し、同時に買い戻すことをやっています。これは『クロス売買』といって、証券会社では日常的に行われていることです。ですが、個人でクロス売買をするはNGです。本来利益にかかる税金を、クロス売買によって軽減させ、そして繰越すことで、税金を有効的におさえることを行っております。

 

『クロス売買』っていう方法があるんですね

 

そうです。このDeTAX機能は、ただ税金の繰り越しだけではないので、減税の効果があります。ウェルスナビの利用手数料は1%ですが、このDeTAX機能により年0.4~0.6%程度の負担減になります。

 

そうなんですね!ぶっちゃけ、手数料1%はちょっと高いな、、、と思っていましたが、このDeTAX機能によって軽減されているんですね。

 

わたしは、自動リバランス機能に魅力を感じて、ウェスルナビをスタートさせました。

 

とはいえ、『手数料1%』という高さについては、正直、引っかかっていたんですよね。

 

ですが、今回の説明を聞いて、ウェスルナビの手数料は、ネット証券から投資信託を購入するのとほとんど変わらないということが分かりました。

 

貴重な情報を聞けて良かったです。

 

CEOのマンツーマン指導も貴重な経験でした。

 

 

まとめ

 

ウェルスナビは、これまで無料セミナーを100回以上実施しているみたいです。

 

CEO曰く、「配布した資料は、これまでのセミナーで質問が出た箇所や、もっと詳しく知りたいという声を反映した資料になっています」とのことでした。

 

たしかに、前回のセミナーで配布された資料とは情報が違っていました。

 

今回の資料の方が情報量が多く、とても分かりやすかったです。

 

セミナーの内容は、常にアップデートされているということなので、興味ある方はぜひウェルスナビのセミナーに参加してみてください。

 

CEOに会って、直接投資を学べるのもウェルスナビの魅力だと思います。

今話題のロボアドバイザーで資産運用「WealthNavi」

 

CEO柴山氏が昨年、出版した書籍『これからの投資の思考法』

 

「これから投資を始めたい」「投資をもっと勉強したい」という方にとてもオススメの本なので、ぜひ読んでみてください。

 

 

ではでは

お金のはなしウェルスナビ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
soilwork0106をフォローする
anytime筋トレ life
タイトルとURLをコピーしました