【ためしてガッテン】大豆たんぱく質が筋力アップ&心臓病予防に貢献

未分類

どーも、こんにちは。ともです。

 

6/5(水曜)、NHKためしてガッテンで『心臓病予防&筋力アップ!健康長寿をかなえるスーパーフード!?』が放送されました。

 

わたしたちが普段食べている大豆。大豆に含まれる「大豆たんぱく質」には、筋力アップ&心臓病予防に貢献という、驚くべき効果があることが分かりました。

 

おからパウダーなど、最近、ダイエットでも注目を浴びることが多い「大豆」。今回は、その大豆に秘められたパワーについてお届けしていきます。

スポンサーリンク

【ためしてガッテン】大豆たんぱく質が筋力アップ&心臓病予防に貢献

 

大豆たんぱく質が筋力アップ&心臓病予防に貢献

 

大豆は、驚くべきパワーの持ち主です。

 

大豆たんぱく質で筋力アップ

 

わたしたちの身近な食材である「大豆」。ある研究で、大豆たんぱく質には、筋肉の委縮をおさえる働きがあることが分かりました。

 

ちなみに、今回の番組で紹介された内容がこちら。

 

徳島大学の教授の指導の下、筋萎縮が進む、寝たきりの人たちに「大豆タンパク質8g」を30日間摂取してもらい、その後、筋力を測定。

 

するとなんと、およそ7割の方に、筋力の改善傾向が見られたという結果が出ました。つまり、大豆たんぱく質を毎日8gとれば、筋力アップが期待できるということです。

 

大豆たんぱく質を含む食材

 

たんぱく質といえば、お肉や魚を思い浮かべますよね。これは、動物性たんぱく質です。

 

今回話題となっているのは、大豆たんぱく質。大豆たんぱく質が含まれる食材は、具体的にどんな食材でしょう?

 

・食材:使用する大豆の量(たんぱく質含有量)

・煎り大豆:20g(8.0g)

・煮豆:30g(3.9g)

・納豆:50g(8.3g)

・冷奴:絹ごし豆腐150g(8.0g)

・揚げだし豆腐:木綿豆腐150g(10.5g)

・厚揚げ:75g(8.0g)

・生湯葉:30g(6.5g)

・うの花:おから75g(4.6g)

・きつねうどん:油揚げ30g(7.0g)

・いなりずし:油揚げ30g(7.0g)

・みそ汁:豆みそ約25g(4.2g)

・きなこ餅:きなこ20g(7.3g)

・豆乳:200cc(7.2g)

・高野豆腐:50g(5.4g)

・納豆:可食部50g(6.0g)

・しょうゆ:2cc(0.2g)

 

大豆を使った食材であれば、どれでもよさそうですね。毎日続けることを考えると、「みそ汁」「豆乳」「納豆」がよさそうです。

 

ちなみに、ためしてガッテンでは、煎り大豆20g(粒にして50~60粒)が取り上げられていました。

 

筋力アップのしくみ

 

なぜ、大豆たんぱく質をとることで筋力アップが期待できるのでしょうか?

 

まず、筋肉がつくしくみをカンタンにご説明。

筋トレなどで筋繊維に負荷をかけることで、筋繊維に傷がつきます。それが修復されることで、筋繊維が太くなり、筋肉がつく。といった感じです。

 

次に、筋肉が落ちるしくみについて。

筋肉は運動しないと、筋繊維が壊れて細くなってきます。歳をとるごとに、その速度は加速していきます。年配の方の足が細くなっていくのをイメージすると、分かりやすいかもです。

 

そして、気になる大豆たんぱく質の筋力アップの理由がこちら。

筋繊維が傷つくと、「IRS-1」という物質がはたらいて、その部分を修復をしてくれます。しかし、運動しない場合、「Cbi-b」という物質が、そのはたらきを邪魔します。つまり、修復をブロックするわけです。なので、筋繊維は修復されることなく、筋肉が落ちていく、、、という結果になります。

 

そこで、今回のヒーロー「大豆たんぱく質」の出番です。「大豆たんぱく質」と「IRS-1」は構造が似ています。大豆たんぱく質を含む食材を食べると、修復の邪魔をする「Cbi-b」は、「IRS-1」と構造が似ている「大豆たんぱく質」を捕まえます。「大豆たんぱく質」がつかまえられている隙に、「IRS-1」が筋繊維にたどり着き、無事修復作業をする。こんなイメージです。

 

大豆たんぱく質が、邪魔者をブロックしてくれる、とイメージすれば分かりやすいですね。

 

大豆たんぱく質は、心臓予病予防にも貢献

 

筋力アップとはもう1つ別に、大豆たんぱく質のもつ驚くべきパワーがあります。

 

米国FDAの実験によると、「摂取たんぱく質のうち、25gを大豆たんぱく質に変えると心臓予防になる」といった研究結果が紹介されました。

 

大豆には脂質の吸収を抑える働きがあります。その結果、心疾患や動脈硬化を防ぐと考えられています。

 

筋力アップと心臓病予防の働きをする大豆。控えめにいって、健康長寿をかなえるスーパーフードですね。

 

SNSでの反応

 

放送終了後、Twitterでかなりの反響がありました。

 

 


 

 

放送終了後、みなさん早速、試しているみたいですね。身近な食材なので、すぐに始められるのがいいですよね。

 

バランスがたいせつです

 

大豆たんぱく質の秘められたパワーをみなさん発見したので、今日から大豆ライフをスタートさせていると思います。とはいえ、大豆たんぱく質ばかり摂ってればいいというわけではありません。

 

動物性タンパク質であるお肉や魚。大豆たんぱく質とは栄養素が違います。こちらも、しっかり摂ることがたいせつです。何ごともバランスです。

 

こうやってみると、日本人がずっと食べてきた和食には、健康長寿をかなえる力を持っている食材が豊富にあることが分かります。和食から洋食へと食が変化していますが、やっぱり和食はいいですね。

 

人生100年時代といわれていますが、健康は資産です。本日から、大豆たんぱく質ライフをはじめましょう。ではでは。

 

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
soilwork0106をフォローする
anytime筋トレ life
タイトルとURLをコピーしました