マイプロテインのBCAA|筋トレ時の効果的な飲み方を紹介

マイプロテイン

 

どーも、こんにちは。ともです。

 

筋トレする時のBCAAの効果的な飲み方を知りたいな

 

本記事は、上記の悩みを抱えている人に向けての記事になります。

 

ジムでトレーニングしていると、赤色や緑色のドリンク(BCAA)を飲んでいる人を見かけることがあると思います。

 

BCAAは、筋トレのパフォーマンスを上げてくれるドリンクです。

 

本記事はMYPROTEINのBCAAについて、下記の内容を分かりやすくまとめました。

 

  • 飲む量
  • 飲むタイミング
  • パウダーと錠剤の違い
  • BCAA2:1:1と4:1:1の違い
  • 効果的な飲み方

 

 では、順に見ていきましょう。

 

マイプロテインのBCAA|筋トレ時の効果的な飲み方を紹介

 

マイプロテインのBCAA|筋トレ時の効果的な飲み方を紹介

 

トレーニング時の効果的な飲み方について、ご紹介していきます。

 

飲む量と飲むタイミング

 

筋トレ時の飲む量とタイミングは、下記です。

 

  • 飲む量:1回につき5~10g
  • 飲むタイミング:トレーニング前・トレーニング中・トレーニング後

 

BCAAは、血中のアミノ酸濃度を高める働きがあります。

 

BCAAを飲んでから血中のアミノ酸濃度が高まるまで『30~60分』かかります。

 

なので、トレーニング前にBCAAを飲むタイミングは、筋トレする30~60分前になります。

 

マイプロテインのスプーンのグラム数

 

マイプロテインのBCAAには、銀色の小さなスプーンが付属されています。

 

銀色スプーン摺り切り一杯のグラム数は、下記の写真になります。

 

マイプロテインのスプーン1杯のグラム数

 

マイプロテインのBCAAに付属されているスプーン摺り切り一杯のグラム数は、『4.0g』になります。

 

飲む量は1回につき5~10gなので、銀色の付属スプーン2杯程度でいいかなと思います。

 

パウダーと錠剤の違い

 

マイプロテインのBCAAってパウダーと錠剤があるけど、どっちがいいの?

 

パウダーと錠剤は、それぞれ特徴が違います。

 

その特徴について、詳しく見ていきましょう。

 

パウダーBCAAの特徴

 

パウダーは素材そのものを細かくしたものになり、素材の純度は基本的に100%になります。

 

マイプロテインのBCAAの成分は、下記です。

 

「ノンフレーバー」

L-ロイシン(50%)、L-イソロイシン(25%)、L-バリン(25%)

 

BCAAの必須アミノ酸(ロイシン・イソロイシン・バリン)の3種類となります。

 

つまり、純度は100%。

 

パウダーのもう1つの特徴は、『吸収速度が速い』ということ。

 

パウダーは水に溶けやすく吸収も早いので、血中のアミノ酸濃度を高めるのに有効です。

 

錠剤BCAAの特徴

 

錠剤のBCAAは、パウダーと比べると純度は低くなります。

 

タブレット型にするための結合剤や、体内で錠剤がすぐ溶けるような原料が入っているためです。

 

マイプロテインのタブレット型BCAAの成分は、下記です。

 

L-ロイシン、L-イソロイシン、L-バリン、膨張剤(微結晶セルロース)、固化防止剤(ステアリン酸マグネシウム、ステアリン酸、二酸化ケイ素)、増粘剤(カルボキシメチルセルロースナトリウム)、安定剤(ポリビニルピロリドン)、ビタミン B6(ピリドキシン 塩酸)

 

BCAAの必須アミノ酸(ロイシン・イソロイシン・バリン)以外にも、たくさんの原料が配合されています。

 

タブレット型は飲みやすく、また持ち運びしやすいメリットがあります。

 

しかし一方で、純度が低くなるというデメリットもあります。

 

マイプロテインのBCAAは、バウダー一択でOK

 

ぶっちゃけ、錠剤のBCAAのメリットはほとんどありません。

 

BCAAの純度や吸収の速さを考えると、パウダー一択でOKです。

 

 

BCAA2:1:1と4:1:1の違い

 

MYPROTEINのBCAAって2:1:1と4:1:1の2種類あるんだけど、何が違うの?

 

上記の数字は、ロイシン、イソロイシン、バリンの割合になります。

 

つまりBCAA2:1:1は、『ロイシン:イソロイシン:バリン=2:1:1』

 

割合ということは分かったけど、どっちのBCAAがいいの?

 

ロイシンは多ければ多いほど、筋タンパクの合成が進むことが証明されています。

 

詳しくはこちらの記事を参考にして下さい。

 

なので、すこし値段は高くなりますが、MYPROTEINのBCAAを購入する時はBCAA4:1:1を選びましょう。

 

 

BCAAの効果的な飲み方

 

BCAAの効果的な飲み方

 

効果的な飲み方は、下記になります。

 

  • BCAA+プロテインを飲む
  • BCAA+EAAを飲む
  • トレーニング中はBCAA+マルトデキストリン

 

では順に見ていきましょう。

 

BCAA+プロテインを飲む

 

先にお伝えしますが、BCAAだけを飲むのはオススメしません。

 

BCAAは、筋タンパクの合成のシグナル的な役割をします。

 

しかし筋肉の材料になる物がないと、BCAAは効果を発揮しません。

 

筋肉の材料がない場合、わたし達のカラダは自分の筋肉を分解して材料にします。

 

つまりBCAAだけ飲むのは、BCAAの効果を最大限活かせていないことになります。

 

そんな時に活躍してくれるのが『プロテイン』

 

プロテインは20種類のアミノ酸からできているので、プロテインが筋肉の材料として働いてくれます。

 

BCAAだけ飲んでいてもダメなんだ。BCAAを飲む時は、プロテインとセットで飲むということを覚えておきたいね!!

 

プロテインを飲むタイミングについては、こちらの記事を参考にして下さい。

EAAって効果なし!?BCAAがあればEAAは必要ないの?

 

BCAA+EAAを飲む

 

EAAとセットで飲むことで、BCAAの効果を最大限に発揮することができます。

 

EAAは、BCAAを含む9種類の必須アミノ酸の総称。

 

BCAAとEAAの役割をスポーツに例えると、下記になります。

 

  • BCAA:監督    (指示を出す人)
  • EAA:プレイヤー (現場で動く人)

 

BCAAは、カラダに筋肉を合成をするように「指示を出す」役割をします。

 

とはいえ、指示を出して動いてくれる人がいないと効果半減です。

 

そこでBCAAの指示に従って動いてくれるのが『EAA』

 

EAAは9種類の必須アミノ酸であり、筋肉が作られる時の材料となります。

 

BCAAとEAAをセットで飲むことで、お互いの効果を最大限に発揮することができます。

 

EAAの飲み方についての詳しい内容は、こちらの記事を参考にして下さい。

EAAの飲み方は2パターンあり|あなたの飲み方はどっち?

 

トレーニング中はBCAA+マルトデキストリン

 

マルトデキストリン(粉飴)は、トレーニングで消費するエネルギー(グリコーゲン)をチャージする働きがあります。

 

マルトデキストリン(粉飴)は、「パフォーマンスの向上」と「筋肉の分解を防ぐ」2つの役割があります。

 

BCAAとマルトデキストリンはそれぞれ効果が違うので、セットで飲むことをオススメします。

 

マルトデキストリン(粉飴)について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にして下さい。

筋トレの効果を上げるマルトデキストリン(粉飴)とは?

 

まとめ:マイプロテインのBCAAの飲み方

 

本記事をまとめる、下記です。

 

  • 飲む量:1回につき5~10g
  • 飲むタイミング:トレーニング前・トレーニング中・トレーニング後
  • 錠剤よりパウダーの方が純度が高く、吸収が早い
  • MYPROTEINのBCAAはロイシンの配合が高い4:1:1がオススメ
  • プロテイン、EAA、マルトデキストリン(粉飴)の組合せの飲み方がオススメ

 

筋トレの効果を最大限発揮させるにはBCAAが必要です。

 

今までトレーニング中のドリンクにこだわっていなかった人は、ぜひBCAAを試してみてください。

 

BCAAを飲み始めると、これまでのトレーニングとは全く違った効果を実感できると思います。

 

数あるメーカーの中でも品質が高く、価格も圧倒的に安いMYPROTEIN。

 

常にお値打ちなセールを実施しているので、下記のサイトをのぞくだけでも価値はあると思います。

 

あなたをサポートしてくれるサプリメント【Myprotein】

 

ではでは。

マイプロテイン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
soilwork0106をフォローする
anytime筋トレ life
タイトルとURLをコピーしました