【メルカリの失敗談】写真・説明文とは違う商品が届く。トラブルを防ぐには

未分類

先日、メルカリを利用した際にちょっとしたトラブルがありました。

 

多くの方がメルカリを利用されていると思うので、今回のわたしの失敗談から学んだことが、少しでもみなさんの役に立つ情報になればと思いこの記事を書きました。

スポンサーリンク

わたしがメルカリを利用する理由

 

本を購入する際にメルカリを利用してます。

 

わたしが考えるメルカリのメリットがこちらになります。

 

「定価の半額程度で購入できる」

「一度読んだ本は再度メルカリに出品し、次の本を購入する際の資金にできる」

 

わたしは1週間に2冊以上本を読むため定価で購入するとかなりの金額になりますが、メルカリを利用すれば少ない自己資金でたくさんの本を読むことができてます。

 

現在、不動産投資の勉強中。

 

知識をつけるために100冊読破を目標にしていますが、本を購入する際、このメルカリシステムにはとても助けられています。

 

スポンサーリンク

今回発生した事件

 

わたしが本を購入する際の基準は、「ページの破れがない」「線引きやマーカーがされていない」の2つです。

 

仮にこの状態で出品されていた場合、いくら値段が安くても購入は控えてます。

 

今回購入した本は、商品の状態が「目立った傷や汚れなし」で出品されてました。

 

購入してから自宅に届くまではとてもスムーズでしたが、本が入った封筒を開封した時にすこしひっかかるものを感じました。

 

その理由は本が梱包されていなかったため。

 

わたしは購入者の方に本を送る際、雨など水に濡れる可能性を考えプチプチやビニールでラッピングするようにしてます。

 

これまで、いろいろな方から本を購入してますがみなさんも同じ状態で送ってくれました。

 

時には、メッセージカードを一緒に送ってくれる出品者の方もいて、本だけじゃなくその人の温かみを受け取らせていただく場合もあります。

 

本が梱包されていなかったのは今回が初めてで嫌な感じがしましたが、ざっと本をめっくて確認し汚れなどは確認できなかったため、受け取り評価をして取引を終わらせました。

 

ただその後、本を読んでいくとその嫌な予感が的中。

 

このように線引きされているページが数ページありました。

 

写真・説明文とは違う商品が届く。トラブルを防ぐには

 

このような状態であることが開示されていれば、わたしは購入しませんでした。

 

今回、表紙と裏の2枚の写真、商品の状態が「目立った傷や汚れなし」で出品されていました。

 

小さなことかもしれないですが、本がその状態なら出品者はその状態を開示するひつようがあるというのがわたしの意見です。

 

スポンサーリンク

出品者に接触してみた

 

受け取り評価をしているため、基本的にはキャンセルはできません。

 

購入金額は小さな金額ですが、おとなしく引っ込むのが嫌なわたしは出品者に連絡しました。

 

「お値打ちに商品を譲っていただきとても感謝しますが、本の線引きについて何も触れられていなかったので、そこだけ残念です」というメールを送りました。

 

そうしたら・・・・

 

連絡なし!!無視!!

 

予想してましたが、うーん、ちょっと納得がいかない。

 

スポンサーリンク

商品の状態について

 

メルカリでは、下記のように商品の状態が選択できます。

 

「新品、未使用」

「未使用に近い」

「目立った傷や汚れなし」

「やや傷や汚れあり」

「傷や汚れあり」

「全体的に状態が悪い」

 

「新品、未使用」「全体的に状態が悪い」、この2つに関しては出品者と購入者の2者間で認識の違いがあることはまずないと思います。

 

ただそれ以外の4つについては、認識の個人差があると思います。

 

たとえば賃貸アパートで、ある人は「この程度の汚れであれば全然気にならない」ということが、別の人からすると「この汚れは気になるから許せない」といった感じです。

 

少しでも商品の状態をよく見せたいという気持ちは分かりますが、メルカリはC to Cのビジネス、つまり一般の人同士がつながるビジネスです。

 

もし、開示されていない情報を受け取った後に分かった場合、だれもが嫌な気持ちになると思います。

 

今回はまさにでした。

 

わたしの確認不足という反省点はありますが、マイナスな部分があれば、正直にオープンにして欲しかったです。

 

 

スポンサーリンク

トラブルに巻きこまれないためのポイント

 

過去にも1回、トラブルに遭遇しているわたしが、メルカリでトラブルに巻きこまれないポイントを考えました。

 

・商品を開封する前に写真を撮っておく

・商品の状態を隈なく確認する

・出品された商品の状態と相違がないことを全て確認してから、受け取り評価をする

 

メルカリはいったん受け取り評価をすると、その後のキャンセルは基本的に無効です。

 

受け取り評価後に不具合などが見つかった場合、両者が合意の上であればキャンセルできるようですが、今回のトラブルのように出品者は意図的な場合が多いので、連絡を取ろうとしても取れない可能性が高いです。

 

商品が届いたら無事届いたことをできる限り早く出品者に連絡したいという想いから受け取り評価を早めにしがちですが、すべての状態を確認し相違なければ受け取り評価するということを今回の件であらためて学びました。

 

今回はわたしの確認不足が原因だったので、いい勉強をさせていただきました。

 

ちなみに1回目のトラブルはこちらです。

 

www.fitness-tomo.com

 

スポンサーリンク

まとめ

 

メルカリを利用している多くの方は、相手のことを考え気持ちよく取引をされていると思いますが、なかには少しでも高く売るためにマイナスの情報を意図的に伏せている場合もあります。

 

トラブルに巻きこまれないためには、先ほどご紹介した3つのポイントに注意することがたいせつだと思います。

 

ただ利用されているほとんどの方は、きれいに梱包してくれたり、メッセージカードを一緒に送ってくれるなどその人の温かい気持ちも一緒に送ってくれ、商品以上の価値を受け取ることができます。

 

今回の件ですこし嫌な気持ちになりましたが、自分に落ち度があるのでその点を反省し、今後も引き続きメルカリを利用していきたいと思います。

 

筋肉は裏切らない!

 

ではでは

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
soilwork0106をフォローする
anytime筋トレ life
タイトルとURLをコピーしました