ループ電気でメールアドレス流出|企業対応がお粗末じゃない?

体験談

どーも、こんにちは。ともです。

 

2016年4月から電気自由化がスタート。

 

貯金をすこしでも増やすため、わが家でも固定費の見直しをスタート。

 

「電気料金は、ループ電気に乗り換えると安い」ということが分かり、今年から乗り換え。

 

乗り換え後、前に利用していた会社と比べると料金が下がったので大満足。

 

特にトラブルもなく生活していましたが、6月28日にループ電気から衝撃的なメールが届きました。

 

その内容は

 

「メール誤送信によるメールアドレスの流出についてのお詫び」

 

 はい??

 

よく新聞とかで、「メールアドレスなど顧客情報の流出」という事件が報告されていますよね。

 

最近だと、下記が大きな事件でした。

 

・トヨタ自動車のグループ5社から最大310万件の顧客情報が流出

 

・大容量ファイル送信サービス「宅ファイル便」が不正アクセスを受け、約480万件の顧客情報が流出

 

顧客情報の流出について、自分とは無縁だと思っていましたが、まさかの直撃。

 

起こってしまった事は、真摯に受け止め、改善してもらいと思います。

 

ですが、今回の企業の対応について、個人的にちょっと思うところがあったので記事にさせていただきました。

スポンサーリンク

ループ電気でメールアドレス流出|企業対応がお粗末じゃない?

 

ループ電気トラブル

 

企業の対応について、個人的な感想は「うーん、、、」でした。

 

ループ電気とは

 

本題に入る前に、「ループ電気」の会社について少し触れておきます。

 

・設立:2011年

・資本金:2,251百万円

・事業内容:太陽光発電システムの開発・販売・設置・管理

・本社:東京都

・電気供給エリア:北海道から九州

 

比較的新しい会社で、規模も大きいですね。

 

メールアドレス流出の経緯①メールでの連絡

 

では、本題に入ります。

 

6月28日にあるメールが届きました。

その内容がこちら。

 

お客様各位

平素は、Looopでんきをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

この度、2019年6月28日(金)17:35に、弊社委託先がメール配信システムを使用した際のトラブルにより、
お客様のメールアドレスがメールの宛先の皆様(7,263件)に見えてしまう事象が発生いたしました。
お客様の大切な個人情報を漏洩し、大変申し訳ございません。

つきましては、大変失礼なお願いではございますが、2019年6月28日(金)17:35に弊社より配信されましたメールにつきまして、削除いただきますよう、深くお願い申し上げます。
※17:35のメールが届いていないお客様におかれましては、発生した事象のご説明となります。

取り急ぎ、状況のお知らせとお詫びのメールをお送りさせていただきます。
この度は、多大なるご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。

 

「メールアドレス流出」に衝撃が走りました、、、

 

これって、「7,263人への送信メールの『toの箇所』に、7,263人分のメールアドレスが載っている」ということですよね。

 

うん、これはかなりヤバイ、、、

 

この内容に衝撃を受けていると、追い打ちで新たな衝撃があります。

 

「弊社より配信されましたメールにつきまして、削除いただきますよう、深くお願い申し上げます」

 

 はい??

 

要は、「誤って送ったメールを消してくれ」ということですよね?

 

いやいや、ちょっとこの対応はまずくないですか、、、

 

このメールを見て問合せをしようと思いましたが、仕事で忙しかったこともあり、放置してました。

 

すると、後日、ループ電気から電話がかかってきました。

 

メールアドレス流出の経緯②電話での連絡

 

7月1日、電話がありました。

 

メール流出発覚後から、3日目のことです。

 

土日を挟んでいるので、会社営業日を考えると、多分翌日になりますね。

 

7月1日の夕方、知らない番号から電話。

 

仕事していたので電話には気付かず。

 

その日は、仕事で忙しかったこともあり、折り返しの電話はしなかったです。

 

留守電も入っていましたが、バタバタしていたのでそれも保留。

 

後日、電話のことがちょっと気になったので、Twitterで調べてみました。

 

すると、こんな投稿がありました。

 

 

 会社の対応、まずそうですね、、、

 

メールアドレス流出の経緯③郵便での連絡

 

おそらく、電話対応がまずかったのでしょう。

 

消費者からクレームが殺到したんだと思います。

 

7月6日、事件発覚してから約1週間後にお詫びの文章が届きました。

 

それがこちら。

 

メールアドレス流出のお詫び分

 

6月28日のメール連絡の際に、この内容を流すべきだったと思います。

 

わたしも会社員なので、クレームなど企業の不祥事が起こることは、十分理解します。

 

とはいえ、起こったことに対する対応の速さだったり、内容ついては、お客様に対する企業の考えが顕著に現れる部分だと思います。

 

設立してから新しい会社なので、「消費者クレーム対応マニュアル」的なものは、しっかりしていなかったのかもしれません。

 

「今後の対応について、後日また連絡」とのことなので、しばらく見届けたいと思います。

 

まとめ

 

個人情報の流出は、許されることではないと思います。

 

ですが、その後の企業の対応を消費者は見ていると思います。

 

今回の件は、「クレーム」ではないですが、『クレーム客の9割をファンにする企業(カルビー)』があります。

 

それは、「クレーム処理」ではなく「ご指摘対応」というもの。

 

すこし触れると、「ご指摘対応」という言葉には、「カルビーに期待するお客様の声(=ご指摘)として、1件1件にもれなく丁寧に向き合っていこう(=対応)」という目的意識を強く反映しています、といわれています。

 

「気持ちに寄り添う対応」が、ファンをつくると思います。

 

私は今回の件がありましたが、ループ電気の契約を変更するつもりは今のところありません。

 

今回の件について企業全体で真摯に向き合い、今後、しっかり対策をしてもらいたいです。

 

ではでは。

 

 

体験談
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
soilwork0106をフォローする
anytime筋トレ life
タイトルとURLをコピーしました