読書は最高の自己投資|図書館を利用すれば、お金をかけずに自己投資できます

「幅広い知識を身につけたければ読書は必須」とよくいいますよね。

 

出版されている数々の書籍は、わたしたちが想像する以上に著者が莫大な時間を投資して書き上げられた作品です。

 

わたしたちはその莫大な時間を投資された作品を1,000~2,000円という価格で購入することができます。

 

著者の成功体験や考え方を2,000円も出せば知ることができるので、読書はとてもいい自己投資だとわたしは思います。

 

読者は最高の自己投資といいましたが、さらにお金をかけないで投資することができます。

 

それは図書館を利用すること。

 

わたしは自分が読みたい本以外に、娘の絵本などをかりるのに図書館を頻繁に利用します。

 

最近の図書館はとても便利になってます。

 

みなさんにも図書館を積極的に利用していただきたいと思い、今回このテーマを記事にしました。

スポンサーリンク

図書館で貸し出されている本

 

図書館に貸し出されている本って、発売されてから時間がけっこう経った本という印象はないでしょうか?

 

図書館を利用するまでのわたしがそうでした。

 

実は、本屋で発売された本もすぐ図書館でかりることができるんです。

 

みなさんが気になる本も、探してみると意外と貸し出されていることがおおいと思います。

 

スポンサーリンク

返却期間

 

区・市・町によって異なるかもしれないですが、一般的に2週間とされています。

 

図書館の営業時間に返却できない場合、敷地内に設置された返却ポストがあるので仕事で忙しい方でも安心して返却できます。

 

わたしは過去に一度うっかりしていて返却を忘れてしまい、返却期間をオーバーしたことがありました。

 

図書館のスタッフの方に正直に伝えしたところ「次回から気をつけて下さいね」とやさしく注意を受けただけでした。

 

なかには1ヶ月以上返却しない人もいるようですが、無料で貸し出してもらっているからにはルールは守りたいですね。

 

スポンサーリンク

図書館が提供するサービス

 

わたしが利用している図書館ではかりたい本がその図書館に置いていない場合、他の区の図書館から取り寄せてくれます。

 

カンタンな個人情報を登録すれば、予約した本が図書館に届き次第メールで通知連絡を受けることができます。

 

今ってホント便利なサービスがあります。

 

また携帯やパソコンから、自分がかりたい本が図書館に在庫があるかどうか調べることができます。

 

もしなければ「予約ボタン」をポッチとすれば図書館が取り寄せてくれて、届き次第通知連絡が来る仕組みです。

 

スポンサーリンク

Amazonの本が図書館にあるか調べてくれるChromeの拡張機能

 

amazonで気になる本を探している時、その本が自宅近くの図書館に置いてあるかどうか確認できる便利な機能があります。

 

それが、「その本、図書館にあります」というツール。

 

使い方は、まずは「その本、図書館にあります」をインストールして拡張機能に追加。

 

その本、図書館にあります。 – Chrome ウェブストアにアクセスして、+Chromeに追加をクリックします。

 

住んでいる都道府県を選択し、次に利用する図書館が選択。

 

その後、amazonで検索すると値段の下の枠に自分が設定した図書館に在庫があるかどうか確認できるようになります。

 

非常に便利な機能なのでオススメです。

 

スポンサーリンク

借りた本を紛失した場合ってどうなる?

 

同じ本を購入して現物にて弁済がひつようです。

 

購入する本については、新品でなく中古でもOK。

 

メルカリやブックオフで同じ本を探して、図書館に返せば大丈夫ということになります。

 

スポンサーリンク

本を破いてしまった場合はどうする?

 

セロハンテープなどを使って修理をせず、そのままの状態で図書館に届けます。

 

図書館で専用の糊やテープを使って修理してくれます。

 

修理が不可能な場合は、同じ資料の購入を求められることもあるみたいです。

 

無料で貸してもらった本なので、なにかの拍子に破れてしまっても正直に図書館に伝えることがたいせつですね。

 

スポンサーリンク

衛生面で気になる方へ

 

神経質な方は、他人が読んだ本は触りたくないという人もいると思います。

 

そんな方には、下の写真のような除菌BOXが設置されている図書館もあります。

 

除菌BOX

 

紫外線で除菌してくれる優れもの。

 

わたし個人は明らかな汚れがない場合を除き気にしません。

 

そのことを気にしてたら、わたしたちが使っているお金(紙幣・硬貨)もいろんな人が触っているので触れないことになりますよね。

 

衛生面で気になる方もこの除菌BOXが問題を解決してくれます。

 

スポンサーリンク

時間単価を考え、図書館を利用しないのも一つの方法

 

冒頭で図書館を利用すれば、お金をかけないで自己投資ができるとお話しました。

 

ただ犠牲にしているものもあります。

 

それは時間です。

 

図書館に本をかりに行く時、また返しに行く時に時間がかかります。

 

わたしの場合は近所に図書館があるため時間はほとんどかかりませんが、図書館に行くのに時間がかかる場合、ちょっと考えた方がいいかもしれません。

 

仮に自分の時間単価(1時間働いていくら稼げるか)を2000円としましょう。

 

自宅と図書館を往復するのに1時間かかるのであれば、移動時間が自分の時間単価とおなじなので、図書館を利用するメリットはあまりありません。

 

この場合はネットで本を購入した方がいいかなと思います。

 

時間をあまりかけず図書館を利用できる場合のみ、図書館を利用することが最高の自己投資方法だと思います。

 

今日はこんなところで。

 

ではでは

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
soilwork0106をフォローする
anytime筋トレ life
タイトルとURLをコピーしました